MacOSはアップデートエラーが出る
時の原因と対策

シンプルな仕様でアップデートが簡単にできるMacOSですが、エラーが起きる場合もあります。この場合、どうすればいいでしょうか。今回はMacOSはアップデートエラーが出る時の原因と対策をご紹介します。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップだけ修復可能

シンプルな仕様でアップデートが簡単にできるMacOSですが、エラーが起きる場合もあります。MacOSのアップデートエラーが起きる原因はさまざまで、いろんな方法で対処しなければいけません。しかし、シンプルな原因ばかりなので対策は簡単にできます。アップデートエラーシステム上で解決できることが多いですが、状況によってはネット環境の確認や見直しもやっておきたいところです。

このページではMacOSのアップデートエラーが出る原因と対策を紹介します。

Part1:MacOSをアップデートする方法

MacOSのアップデートは、以下の方法で行えます。

  1. 画面右上のAppleマークをクリック
  2. 「システム環境設定」をクリック
  3. 表示されるウィンドウで「ソフトウェアアップデート」をクリック
  4. 必要なアップデート情報が表示されたら「今すぐアップグレード」をクリック
  5. インストールウィンドウが表示されたら画面の指示に沿ってインストール

インストールウィンドウが表示されてからの手順は利用しているMacOSの種類ごとで違いますが、画面の指示に従えばスムーズにできます。

Part2:MacOSはアップデートエラーが出る時の原因

MacbookやiMacのOSアップデートでエラーが出るときは、以下4つの原因が考えられます。

何年も同じMacbookやiMacを利用している場合、その機種がアップデート対象ではない可能性があります。ストレージの空き容量不足もアップデートエラーを起こす原因なので注意しなければいけません。MacOSのアップデートでは1GB以上のデータをダウンロードするので、通信速度の遅さが原因の場合もあります。インストーラーやシステムが破損してい可能性も0ではありません。

Part3:MacOSはアップデートエラーが出る時の対策

MacOSのアップデートエラーが出たときは、以下の対策を試してみましょう。

使用機種がアップデート対象機種か確認

古いモデルのMacbookを利用している場合、その機種がアップデートに対応していないかもしれません。公式サイトを確認するかAppleのサポートへ問い合わせて、利用しているMacbookがアップデートの対象かチェックしてみましょう。

ストレージの空き容量を増やす

ストレージ容量に空きがあるかもチェックしてみましょう。MacOSのアップデートでは1GB以上のデータをダウンロードするので、最低でも10GB以上の空き容量が必要です。もしストレージに空き容量がないのであれば、不要なデータの削除やクラウドサーバーへの移行などで対処してください。

ネット回線の状態確認

通信速度の低下が原因で、MacOSのデータがダウンロードできずエラーが起きるパターンもあります。そのため、利用しているネット回線の通信速度もチェックしてください。使用している回線の通信速度はGoogle Speedtestで確認できます。

通信速度が遅い場合、まずWi-FiルーターやONUを再起動させてみましょう。周辺機器の再起動で通信速度が速くなることは多いです。それでも通信速度が遅くなるのであれば、契約プロバイダへ問い合わせてください。

セーフモードでの更新

MacOSのパソコンをセーフモード起動して再度アップデートを行うと、無事にインストールまで行える場合があります。セーフモードでの起動方法は搭載CPUの種類が異なるので注意してください.

CPUがM1チップなどのAppleシリコンの場合、以下の方法でセーフモード起動ができます。

  1. Macパソコンをシャットダウンする
  2. 電源ボタンを押したままMacパソコンを起動して「起動オプション」が表示されるのを待つ
  3. 起動オプションで「起動ディスク」をクリック
  4. 「Shift」キーを押したまま「セーフモードで続ける」をクリック
  5. Macにログイン

CPUがIntelプロセッサの場合、セーフモードで起動する手順は以下の通りになります。

  1. Macパソコンを再起動させた直後に「Shift」キーを押し続ける
  2. ログインウィンドウが表示されたら「Shift」キーを話す
  3. Macにログインする

Part4:豆知識——Macbook で消えたデータの復元

どの方法を試してもアップデートエラーが発生する場合、MacOSのシステムが破損している可能性が高いです。そのため、MacOSの再インストールを検討しなければいけません。MacOSの再インストールをするとデータが消えた恐れがあり、バックアップは必須です。しかし、誤った必要なデータを消してしまう危険があるので注意してください。もし間違ってデータが消えてしまうと、復元は基本的にができません。しかし、Wondershareの業界でも高い復元成功率を誇っている「Recoverit」を使えば、そのリスクも最小限に抑えられます。

Recoveritはプロも利用する復元専門ソフト、500万人以上のユーザーから利用されています。復元できるデータ・ファイルの拡張子は1000種類以上まで対応できます。テキストファイルや画像、動画ファイルまで復元できます。デジタル機器に囲まれた我々は、予期せぬデータ紛失に備えてRecoveritを用意しておくと心強いです。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は、「Recoverit」で誤って削除したMacファイルを復元する手順です。

ステップ1 復元したいファイルの元保存場所を選択します。

Recoveritを起動して、紛失したデータを保存したドライブを選択して「開始」ボタンをクリックしてからスキャンが開始されます。

消えたデータの保存先を選択

ステップ2 誤って削除したファイルを検索します。

削除したデータをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

ファイルを検索

ステップ3 スキャンしたファイルをプレビューして復元します。

スキャン完成した後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

ファイルを復元

Macデスクトップファイル復元ソフト

Recoverit - 強力なMacファイル復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Macデータ復元 > MacOSはアップデートエラーが出る
時の原因と対策