Macフォルダー復元:Macで削除したフォルダーを復元する方法とは

皆さんはパソコンを使っている時に、間違えて大切な写真や動画を削除してしまったことはありませんか。Macで大切な写真や動画のデータを間違えて削除してしまった場合でも、安心なフォルダーの復元方法を紹介します。

Macで間違えて消してしまったデータを復元する時は「Wondershare」「recoverit(Mac版)」を使用すると良いでしょう。

「recoverit」を使用して削除してしまったフォルダーを復元する手順

Macフォルダー復元ソフト「recoverit(Mac版)」をダウンロードし、インストールを行なった後ソフトを起動します。

無料ダウンロード Mac版 無料ダウンロード Windows版

ステップ1 Wondershare Recoveritの起動と削除されたデータの復元ウインドウを表示

Mac版Wondershare 「Recoverit」をインストールして起動したらメニューウィンドウが表示されます。

メニューウィンドウには「削除したファイルの復元」「ごみ箱復元」「フォーマットデータ復元」「パーティション復元」「外付けデバイスの復元」「ウィルスで消えたデータの復元」「システムクラッシュ後の紛失データの復元」「万能復元」が表示されます。

今回はハードディスク上で間違って削除してしまったデータの復旧を紹介します。 Mac osでもWondershare Recoveritを使う場合、表示されたメニューの「削除したファイルの復元」を選択するとサブウインドウが表示されます。

復元モード

ステップ2 Wondershare Recoveritで表示されたMacの削除されたデータのスキャンします。

hddのサブウインドウが表示されてからhddの復元ウインドウが表示されます。 ウインドウの左側にあるHDDを選択して、ウインドウ右下の「開始」ボタンをクリックします。 hdd内で削除されたデータのスキャンが開始されます。

スキャン中の状態は右上のバーに表示されて、スキャン終了までの時間も表示されます。 スキャンできた復元可能の削除データの一覧がウインドウの右側に表示され、ウインドウの左側にはツリー表示とファイルビューが表示されます。

ウインドウ左下部にはファイルの変更日の条件が表示されていて、デフォルトでは「すべてのデータ」にチェックが入っていて、「今日」「最近一週間」「最近一ケ月」「カスタマイズ」で検索できます。 ここまでの操作は、他のどのデバイスのデータの復旧でもほぼ同じ操作となります。

ファイルパス

スキャンデータの形式の選択も出来るようになっていて、ウインドウ上部にプルダウンメニューで「すべてのファイルタイプ」「グラフィック」「ビデオ」「オーディオ」「ドキュメント」「Eメール」「データベース」「インターネットウェブ」「アーカイブ」が表示されるので、オーディオのフォーマットを選択してスキャンできます。

この中で削除されたファイル形式がわかっている場合は、その形式を選択してスキャンすると削除された形式のデータのみをスキャンして表示します。 表示されたデータは全て削除された形式のデータとなるので、全てのファイルを復旧したければ、すべてにチェックを入れます。

ファイルパス

紛失したファイルを見つけない場合画面左下の「万能復元」を試してください。「万能復元」はハードディスクのデータを徹底的にスキャンしますが、かかる時間も長くなります。

万能復元

ステップ3 「万能復元」でスキャンされたMacの削除されたデータを復元します。

スキャンされたMac os内の削除済みデータの一覧が表示されて、復元したい削除済みデータにチェックを入れて、ウインドウの右下の「復元」をマウスでクリックすると復元を開始します。

万能復元

これだけのマウス操作だけでスキャンされた削除データを復元します。 復元したいosがMacでもwindowsと操作性はほとんど変わりません。

大切な思い出の写真や動画のデータが消えてしまって、もう取り戻せないと諦めてしまう前にWondershare「recoverit(Mac版)」を使用して、データ復元を行なってみてください。大切な思い出のデータを取り戻すことが出来るかもしれません。是非一度、このソフトを使って消えてしまったデータの復元を行なってみてください。

Macで削除したフォルダーを復元するには

① バックアップから復元する

大切な思い出の写真や動画のデータが消えてしまったという時の為に、普段からデータのバックアップを取っておくことはとても大切です。Macには無線LAN接続をして設定を行なえば、自動的にバックアップを取ってくれるとても便利な「Apple AirMac Time Capsule」という無線外付けハードディスクがあります。

「Apple AirMac Time Capsule」を接続すると過去24時間の1時間ごとのバックアップ、過去1ヶ月の1日ごとのバックアップ、過去全ての月の一週間ごとのバックアップが自動的に保存されます。

※タイムカプセルの容量がいっぱいになった場合は一番古いバックアップデータは削除されます。

Mac本体のハードディスクから間違えてデータを削除してしまったり、Mac本体が壊れてしまってデータが消えてしまったりしてもデータ復元することが出来ます。

② 光ディスクを使用してバックアップを取る

光ディスクとはCDやDVD、ブルーレイディスクなどです。

光ディスクは保存期間が数十年の物から百年ほどの物まであるので大切な思い出のデータを長期保存する際はお勧めです。

③ Macパソコンで光ディスクにバックアップを取る方法

Macパソコンには内臓の光ディスクドライブがないため、Macパソコン対応の外付け光ディスクドライブを購入し、パソコンに接続して光ディスクにバックアップデータを保存してください。

Macフォルダー復元の最後に

大切な思い出の写真や動画のデータ間違えて削除してしまったり、フォルダーを上書き保存してしまったりしても、データを取り戻すことが出来ないと諦めてしまうのはまだ早いです。上記で紹介したWondershare「recoverit(Mac版)」を使用して、データの復元を試してみてください。

また、大切なデータ消えてしまったという時の為に光ディスクや外付けのハードディスク、USBメモリーなどの記憶媒体にデータのバックアップを取っておくことをお勧めします。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / Macデータ復元 / Macフォルダー復元:Macで削除したフォルダーを復元する方法とは

すべての記事

フリーで なくしたデータを復元しましょう ?