Macでアプリを削除・アンインストールする方法

Macで便利なアプリが揃っており、つい過剰にインストールする人もいるのではないでしょうか。今回はMacで不要なアプリを削除、アンインストールする方法を紹介。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ復元可能
内野 博

Apr 10, 2023 • カテゴリ: Macデータ復元

MacはシンプルなUI(ユーザーインターフェース)で人気です。わかりやすい操作画面で、アプリの使いやすさにも定評があります。便利なアプリが揃っており、つい過剰にインストールする人もいるのではないでしょうか。

今回はMacで不要なアプリを削除、アンインストールする方法を紹介します。間違って必要なアプリまで削除、アンインストールしてしまった場合は、データ復元ソフト「Recoverit」で簡単に復元できます。


Part1:Macで不要なアプリを削除・アンインストールする方法

Macで不要なアプリを削除、アンインストールする方法は3つ。Macの標準機能を使った方法と無料のアンインストールアプリで削除する方法です。当初インストールした方法によって削除方法が異なる場合があります。しかし、よほど特殊なアプリでない限り削除、アンインストールが可能です。

普段の作業でいっぱいになったアプリの整理や、危険性が疑われるアプリの削除に役立ちます。操作手順も簡単なので、ぜひ参考にしてください。

方法①:Launchpadでアプリを削除・アンインストールする方法

Macの標準機能「Launchpad(ランチパッド)」から削除、アンインストールできます。Macの標準アプリストア「App Store」でアプリをダウンロードした場合に有効です。非常にシンプルな方法で、簡単に削除できます。誰でも迷うことなくアンインストールできるため、アプリを素早く整理したい人にオススメです。

Launchpadでアプリを削除・アンインストールする方法は、以下の手順です。

※削除対象アプリが「LINE」の場合

手順1.デスクトップ画面のDockから「Launchpad」を選択する

Launchpadでアプリを削除

手順2.「LINE」アプリにカーソルをあわせ、マウスの左ボタンを長押しする

Launchpadでアプリを削除

手順3.アイコンが震えだし左上に「×(バツマーク)」されるため、選択すると削除される

Launchpadでアプリを削除

方法②:Finderでアプリを削除・アンインストールする方法

Launchpadにアプリが表示されない場合は、もともとのインストール元がインターネットだったことが考えられます。App Storeを介さずにインストールしたときに起こる現象です。Launchpadに表示しないときは、ファイルマネージャーの「Finder(ファインダ)」からアプリを削除、アンインストールします。

Finderでアプリを削除、アンインストールする場合は、アプリの保存場所を把握しておきましょう。標準は「アプリケーション」にすべてのアプリが保存されています。それでも「アプリの保存場所がわからない」という人は、検索機能を使って探してみましょう。検索方法さえ知っていれば、誰でも簡単にアプリを発見できます。

Finderでアプリを削除・アンインストールする方法は、以下の手順です。

※削除対象アプリが「LINE」の場合

手順1.デスクトップ画面のDockから「Finder」を選択する

Finderでアプリを削除

手順2.Finder画面右上の検索ボックスに「LINE」、または「アプリケーション」と入力する

Finderでアプリを削除

手順3.「LINE」を右クリックし、「ゴミ箱に入れる」を選択すると削除される

Finderでアプリを削除

方法③:無料アプリでアプリを削除・アンインストールする方法

「もっと簡単で操作手順の少ない方法で削除したい」という人には、無料アプリ「App Cleaner」が便利です。App Cleanerはインターネットからインストールするアプリです。App Storeで配布されていないため、「App Cleanerダウンロードページ」からダウンロードしましょう。

「アプリを削除するためのアプリ」と聞くと少々ややこしいですが、性能は非常に優秀。App Cleanerがあるだけで、面倒な操作はほとんどありません。アプリ内に「アプリ一覧」と「関連ファイル」が表示されるので、容易に検索できます。

App Storeからダウンロードしたアプリはセキュリティがかかっています。そのためインターネットからダウンロードしたアプリに有効です。App Storeでダウンロードしたアプリは、前述で紹介した「方法①:Appで削除・アンインストールする方法」から削除しましょう。またApp Cleanerが不要になった場合は、前述で紹介した「方法②:Finderで削除・アンインストールする方法」から削除が可能です。

無料アプリ「App Cleaner」でアプリを削除・アンインストールする方法は、以下の手順です。

※削除対象アプリが「Adobe Lightroom」の場合

手順1.「App Cleaner」を起動し、右上の一覧表示(リストマーク)を選択する

無料アプリ「App Cleaner」でアプリを削除

手順2.「Adobe Lightroom」を探し「Remove」を選択すると、関連ファイルごと削除される

無料アプリ「App Cleaner」でアプリを削除

Part2:Macで誤って削除・アンインストールされたアプリを復元する方法

アプリを削除、アンインストールするにあたって、誤って削除したアプリの復元方法を紹介します。削除したアプリを元に戻したいときは、データ復元ソフト「Recoverit」があると便利です。アプリの削除やアンインストールは簡単なだけあり、間違いが起こりやすい傾向にあります。選択するアプリを間違えたり対象のアプリと一緒に削除してしまったりすると、便利な機能が当然使えなくなり不便でしょう。

Recoveritであれば、短時間で簡単にアプリを復元できます。ソフト内の操作画面はシンプルなので、パソコン初心者でも安心です。音楽や動画、写真といったデータにも対応しています。一つあると非常に便利なソフトなので、ぜひ活用しましょう。

無料ダウンロード Mac版 無料ダウンロード Windows版

「Recoverit」 でMacから削除されたデータを復元する手順

ステップ1 復元場所を選択します。

Macで「Recoverit」 を起動すると、左側のサイドバーに「HDDやデバイスから復元」が表示されます。ここでは、「場所」タブから特定のファイル・フォルダを選択できます。スキャンしたいフォルダをクリックすると、選択した場所をスキャンし始めます。

復元したいフォルダを選択

ステップ2 お使いのMac消えたデータをスキャンします。

スキャンしたいハードディスクをクリックすれば、スキャンが始まります。
スキャンは数分かかりますが、サイズの大きいファイルが多数存在する場合、数時間かかる場合もあります。

復元されたいフォルダをスキャン

ステップ3 Macから消えたデータをプレビューして復元します。

パソコンのデータをスキャンした後、失われたファイル・フォルダがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいパソコンのファイルにチェックを入れて、「復元する」をクリックすれば完了です!

復元したいフォルダ・ファイルをプレビュー

以上簡単な操作でMacから削除してしまった大事なデータが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、Macの復元だけではなく、外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試しください。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なMac復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Macデータ復元 > Macでアプリを削除・アンインストールする方法