Windows10重い原因と対策とは

Windows10パソコンを利用する場合、購入した時はサクサク動いていたのに時間の経過とともに動作が重くなる場合があります。Windows10が重くなるのは複数の要因が関係しているので、改善をするためにはまず最初に原因を突き止めることが大切です。ここでは、Windows10重い原因と対策についてをご紹介します。

Windowsの動作が遅くなる原因とは

Windowsが重い原因として、余計なプログラムを起動していてパソコンの処理能力が圧迫されていることが考えられます。自動的に立ち上がる機能やアプリが原因で、起動に時間がかかる場合があります。別の原因として、メインメモリが不足しているケースも考えられます。常駐アプリケーションが多いと多くのメモリを消費してしまうので、ブラウザやゲームソフトを起動するためのメモリが不足して動作が遅くなってしまいます。不要なプログラムを自動的に起動させないようにしたり、常駐プログラムを外すことで改善します。

スタート時に起動する機能・アプリを減らす

起動に長い時間がかかる場合は、多くのプログラムや自動的に起動するアプリの数が多すぎることが考えられます。使用しない機能やアプリを解除すれば、起動時間が短縮できます。 自動的に起動するWindows機能は、「設定」「個人設定」「スタートメニュー」で設定をすることができます。使用しないものは、スイッチのアイコンをオフに設定しておくとよいでしょう。 アプリの中には、インストールをすると自動的にスタートアップに登録する場合があります。スタートアップ一覧を開いて、不要なアプリが含まれていたら削除しておきましょう。スタートアップの一覧から削除をしても、手動で起動をすることが可能です。

不要な常駐アプリケーションを停止する

一部のアプリは、素早く起動をするために自動的に起動してメモリに常駐させる仕組みになっています。常駐アプリケーションが増えるとメインメモリを圧迫して動作が遅くなってしまうので、不要なものはスタートアップから解除しておきましょう。常駐アプリケーションを確認する方法ですが、タスクマネージャーを起動してスタートアップの一覧を開きます。ソフトを起動していないのにリストに表示されたアプリがあれば、常駐アプリケーションです。「サービス」タブに切り替えて該当するソフトのチェックを外すと、常駐を解除することができます。

バックグラウンド処理のチェック

パソコンはユーザーが起動したアプリケーションソフトの他にも、バックグラウンドで起動しているプログラムがたくさんあります。不要なバックグラウンド処理はCPUの能力を圧迫することで、動作が遅くなる原因です。 バックグラウンドアプリを確認する方法ですが、「設定」画面を開いて「プライバシー」を選択します。次に左メニューを下の方にスクロールして「バックグラウンド・アプリ」を選択すると、起動中の機能の一覧が表示されます。不要な機能を停止したい場合には、右側のスイッチマークをオフに切り替えれば停止します。

キャッシュが溜まった場合の対策方法

Windowsが重くなる別の原因として、キャッシュファイルが溜まるケースが考えられます。ディスクのクリーンアップを実行して不要なキャッシュを削除すると、動作が速くなる場合があります。キャッシュを削除する手順ですが、デスクトップ画面の下の方にある「エクスプローラー」を起動して左下のPCをクリックします。画面下側に「ローカルディスク」と表示されるので、これを右クリックして「プロパティ」に進みましょう。「ディスクのクリーンアップ」を選択してスキャンを開始し、不要なファイルを削除すれば完了です。

Windowsが重くなる原因として、不要な機能・不要アプリ・キャッシュが考えられます。いずれも簡単に対処することができるので、動作が遅いと感じた場合にはチェックしてみると良いでしょう。不要なキャッシュデータが溜まるとアップデートが失敗する場合があるので、定期的にクリーンアップを実行するようにしましょう。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / Windows復元 / Windows10重い原因と対策とは

すべての記事