Macの「ゴミ箱を空にする」と、空きにしたゴミ箱からデータを復元するには?

パソコンのゴミ箱はMacやWindowsに必ずあるアイコンで、その基本的機能はどちらのパソコンも変らず便利な機能の一つです。 簡単に不要になったデータやファイルをパソコンの画面から消すことができます。 Macパソコンの場合はデスクトップのDockの右端に配列されています。ゴミ箱と言っても本来は、不要になったと思われるデータやファイルを作業しやすくする為に整理し、一時的に保存して置くフォルダです。 完全に必要なくなった時には、このアイコン上で右クリックし「ゴミ箱を空にする」を選択すれば、簡単にデータやファイルがゴミ箱から消えて無くなります。 この様に簡単な操作なので、ついパソコンのデスクトップやファイルを綺麗にしておきたいと思い、気軽に「ゴミ箱を空にする」をクリックしてしまいます。

しかし、macパソコンのゴミ箱を簡単に空にする事は出来ても、そこからデータを取り出して復元する事は簡単に出来ません。 Macパソコンの場合は「Time Machine」の機能を使い、させてバックアップを取っていればデータの修復も簡単に出来ます。常にバックアップを取る事を考えると、外部メディアが必要になります。 外部メディアにハードディスクの用意をする事になると、費用が掛ることや面倒で取られていない方も多いかと思います。

上記の様にバックアップを取らないままでいると、誤って「ゴミ箱を空にする」をクリックしてしまった時に、中のデータやファイルが消えてしまうので大変です。 ゴミ箱がいっぱいになるまでデータを貯め込み、それを削除する場合大事なデータが入っていないか、貯め込んでしまった分確認するのは面倒です。 ゴミ箱は簡単に空にする事が出来るのでパソコン操作に不馴れな人だけでなく、慣れている方でもフォルダを確認せず、空にしてしまう事はあると思います。

そこで、必要な情報というのがmacの空にしたゴミ箱からデータを復元する為の方法ではないでしょうか。 ゴミ箱を空にしたからといってデータが消えてなくなった訳ではありません。パソコンの画面からインデックスの部分を消し、Macパソコンの画面上にデータファイルを見えなくしているだけの事です。 ハードディスクにはデータとして残っています。簡単に話しましたが、パソコンについての専門的知識がなければ、macの空にしたゴミ箱からデータを復元するのは難しいです。

そこをあえて御自分で乗り越える場合には、 wondershare「Recoverit」Mac版と言うソフトを利用した方法が簡単なので、これからご紹介したいと思います。 データの復元をしたいMacパソコンに「Wondershare データリカバリー」(Mac版)をダウンロードします。 ロードされたデータリカバリーをダブルクリックで開きます。ウィザード形式になっているので画面に従い進めていきます。

無料ダウンロード Mac版 無料ダウンロード Windows版

「recoverit」(Mac版)を使ってファイルを復元する方法

ステップ1:復元モードを選択します。

Wonderahare 「Recoverit」Mac版を起動とメールデータの復元ウインドウを表示

メニューには「削除したファイルの復元」「ごみ箱復元」「フォーマットデータ復元」「パーティション復元」「外付けデバイスの復元」「ウィルスで消えたデータの復元」「システムクラッシュ後の紛失データの復元」「万能復元」が表示されるので、その中の「ごみ箱の復元」をマウスで選択してサブウインドウを表示します。

ファイルパス

ステップ2:表示されたウィンドウでごみ箱から削除されたデータをスキャンします。

ゴミ箱復元のサブウインドウが表示されると、ごみ箱の削除されたデータのスキャンが自動で開始されます。

ファイルパス

スキャン中の状態を右上のバーに表示されて、スキャン終了までの時間も表示されます。

復元可能の削除データの一覧がウインドウの右側に表示され左側にはツリー表示とファイルビューが表示されます。ウインドウ左下部にはファイルの変更日の条件が表示されていて、デフォルトでは「すべてのデータ」にチェックが入っていて、「今日」「最近一週間」「最近一ケ月」「カスタマイズ」で検索できます。

スキャンデータの形式の選択も出来るようになっていて、ウインドウ上部にプルダウンメニューで「すべてのファイルタイプ」「グラフィック」「ビデオ」「オーディオ」「ドキュメント」「Eメール」「データベース」「インターネットウェブ」「アーカイブ」が表示されるので、希望のフォーマットを選択してスキャンできます。

ステップ3:スキャンされたデータの復元したいデータを復元します。

スキャンされたごみ箱の削除データの一覧が表示されて、復元したいデータにチェックを入れて、ウインドウの右下の「復元」をマウスでクリックすると復元を開始します。

ファイルパス

これだけのマウス操作だけでスキャンされたMacパソコンのごみ箱から削除したデータを復元できWonderahare 「Recoverit」Mac版を入れておいてください。

いかがでしたでしょうか?紹介した方法を利用すれば、ゴミ箱を空きにしても、削除したデータを復元する事ができます。wondershare「Recoverit」Mac版を利用して、空きにしたゴミ箱からデータを復元してみてはいかがでしょうか。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なMacデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / Macデータ復元 / Macの「ゴミ箱を空にする」と、空きにしたゴミ箱からデータを復元するには?

すべての記事

404 Not Found

404 Not Found

The requested URL was not found on this server. Sorry for the inconvenience.
Please report this message and include the following information to us.
Thank you very much!

URL: https://recoverit.wondershare.jp/mac/mac-trash-recovery.html
Server: web01
Date: 2018/10/15 19:16:59

Powered by Tengine/unknown