Macゴミ箱復元:不可能だと思っていたMacゴミ箱の復元-「Recoverit』が可能にしました!

もう不要だと思ってゴミ箱に入れてしまったデータ。しばらくして、そのデータが必要だと気付いた時には、もうゴミ箱を空にした後だった!
なんていうMacユーザーはたくさんいるのではないでしょうか。

ゴミ箱を空にしてしまったら、永久に取り出せない、と思っていませんか?
『ワンダーシェア社』のMacゴミ箱復元ソフト「Recoverit」Mac版があれば大丈夫です!

このMacゴミ箱復元ソフトの使い方もとても簡単です。専門的知識もいりません。
簡単に空にしてしまったゴミ箱を復元できます!このMacゴミ箱復元ソフトは無料でゴミ箱からデータを検出することができます。まずは、無料でお試しましょう。

Macゴミ箱の復元-Wondershare recoverit(Mac版)

データ復元
  • 550以上のファイル形式のデータを高速・安全に復元
  • 数ステップでMacゴミ箱から削除したデータを復元
  • ゴミ箱・HDD(ハードドライブ)・スマホのSDカード復元・SDメモリカード・USBフラッシュドライブ・デジカメの削除したデータを復元!
  • Macゴミ箱の復元する前にプレビューが可能!
  • 対応OS: Mac OS X 10.6~10.14(macOS Mojave)/Windows 10/8/7/XP/Vista

①Macゴミ箱復元ソフトの使い方

Macはwindowsに比べるとウィルスの感染はとても低いです。ですが、ゼロというわけではありません。ウィルスの感染によってデータが破壊されたりする事もあります。
また、自分で間違ってファイルをゴミ箱に入れて空にしてしまう事もあるでしょう。
そのデータが大事なものだったら大変です。
この「Recoverit」Mac版はMacの空にしてしまったゴミ箱から大事なファイルを復元してくれるソフトです。

②Macゴミ箱復元ソフトの使い方

○復元の方法を選べます。4つのオプションから好きな方法で復元できます。
○復元中でも途中で停止したり、再開したり、自由に使えます。
○復元前にプレビューで確認できます。復元するファイルを間違えたりしないので、煩わしい手間が省けます。 
○10.14(macOS Mojave)、10.13(macOS High Sierra)、Mac OS  X 10.12、Mac OS  X 10.11(OS X El Capitan)、10.0(Yosemite)、10.9(Mavericks)、10.8( Mountain Lion)10.7、10.6

このOSに対応しています。

Macゴミ箱からデータを復元手順を紹介

ステップ1.Wondershare「Recoverit」Mac版の起動とパソコンのデータの復元ウインドウを表示

Mac osへWonderahare Recoveriソフトをインストールします。 windows osでもインストールして利用できます。

メニューには「削除したファイルの復元」「ごみ箱復元」「フォーマットデータ復元」「パーティション復元」「外付けデバイスの復元」「ウィルスで消えたデータの復元」「システムクラッシュ後の紛失データの復元」「万能復元」が表示されます。色々なデータの消失に対応できるようになっています。

その中で一般的なハードディスクのデータを復元するには、「削除したファイルの復元」を選択してサブウインドウを表示します。 「万能復元」でもhddの削除したデータを復元できます。

タブを選択

ステップ2.表示されたhddから削除されたデータをスキャン

hddの復元ウインドウが表示されるので、データが削除されたHDDの場所を選択します。

ウインドウの左側にあるHDDを選択して、ウインドウ右下の「開始」ボタンをクリックします。

どこのデータを削除したのかがわからない場合は、「万能復元」でHDD・外付けデバイスなどを全てスキャンして削除されたデータを確認できます。

データのスキャンが開始されます。

タブを選択

スキャン中の状態を右上のバーに表示されて、スキャン終了までの時間も表示されます。

ウインドウの右側に復元可能の削除データの一覧が表示され、左側にはツリー表示とファイルビューが表示されます。ウインドウ左下部にはファイルの変更日の条件が表示されていて、デフォルトでは「すべてのデータ」にチェックが入っていて、「今日」「最近一週間」「最近一ケ月」「カスタマイズ」で検索できます。

削除してしまった日付がわかるときは日付検索を行うと余分なスキャンをしなくて済みスキャン速度が速くなります。

タブを選択

スキャンデータの形式の選択も出来るようになっていて、ウインドウ上部に「すべてのファイルタイプ」「グラフィック」「ビデオ」「オーディオ」「ドキュメント」「Eメール」「データベース」「インターネットウェブ」「アーカイブ」プルダウンメニューが表示されるので、希望のフォーマットを選択してスキャンできます。

ステップ3.スキャンされたデータの復元したいデータを復元

スキャン後に一覧表示されたデータファイル名の中に復元したいデータファイルがあれば、復元したいデータにチェックを入れて、ウインドウの右下の「復元」をマウスでクリックすると復元を開始します。

これだけのマウス操作だけでスキャンされたhddの削除データを復元できます。

④ゴミ箱復元の他にもこんな復元ができる

「Recoverit」Mac版は、ゴミ箱の復元だけでなく、あらゆるMacのデータを復元します。
HDDやデジカメ、iPodや記録メディアなど、いろいろなデータの復元が可能です。

間違って削除してしまったデータ、フォーマットされたデータ、いつの間にかなくなってしまったデータ、など様々なシーンで失くしてしまったデータを復元させる事ができます。

ファイル形式も多種多様に対応していて、音楽、動画やドキュメント、Eメールやアーカイブなども復元します。

さらに扱いの難しい「パーティションの復元」や「Rawファイルの復元」も簡単にできます。

⑤Macゴミ箱復元のポイント

◎専門的知識はいりません。初心者の方でも簡単に復元ができます。
◎わかりやすく、操作も簡単なので迷う事なく復元作業ができます。
◎スキャンなどの動作も速いので、サクサク進みます。

※但し、Time Machineを使用していない場合は、専門的な知識が必要な場合があります。

Macのゴミ箱復元ソフト「Recoverit」Mac版があれば、間違ってゴミ箱を空にしてしまっても慌てる事はありません。
ゴミ箱に限らず、あらゆるデータを復元します。
大事なデータを消してしまっても、諦める事はありません。この「recoverit(Mac版)」を入れておけば、いつでも復元できます。
Macのゴミ箱からデータ復元することはもちろん、MacのHDDからデータ復元することもできます。 いざという時のために、みなさんのMacにも入れておいてはいかがでしょうか。

無料ダウンロード Mac版 無料ダウンロード Windows版
人気記事
表示する隠す
Home / Macデータ復元 / Macゴミ箱復元:不可能だと思っていたMacゴミ箱の復元-「Recoverit』が可能にしました!

すべての記事

フリーで なくしたデータを復元しましょう ?