Mac のゴミ箱を空にできない場合の対処

例えば内容を確認したメモ帳や飲み終えた紙コップなどは、その後ゴミ箱に捨てる事になります。 この事は、物だけに限らずPCのファイルにおいても同様です。写真や動画、Eメール、Excel、Wordファイル等は「もう必要なくなった」と判断してゴミ箱に移します。 そして一定期間が経過した後に、ファイルを削除してゴミ箱を空にします。

現在PCのOSは、WindowsとMacが広く普及しています。この内Macにおいて、ファイルやシステム等が影響してゴミ箱を空にできない事があります。 今回は、macのゴミ箱を空にできない場合の対処法を紹介します。 そして、wondershare「Recoverit」Mac版による空にしたMacのゴミ箱からファイルを復元する方法を紹介します。

Macのゴミ箱を空に出来ない場合の対処法

Macにてゴミ箱に移動したファイルを削除できない場合は、これから紹介する解決方法を試してみて下さい。 まずMacから「ファイルを使用中です」とのメッセージが表示される場合は、該当のファイルを使っているアプリを全て閉じてからゴミ箱を空にして下さい。 上記の操作を行っても空に出来ない場合は、アプリのバックグランドプロセスがファイルを使用している可能性があります。 この場合は、Macを再起動してから「ゴミ箱を空にする」を実行して下さい。

それでも空にできない場合は、起動項目かログイン項目がファイルを使用している事が原因かもしれません。 「Shift」キーを押しながら実行するセーフモードでMacを起動してから、ゴミ箱を空にした後で通常通りに再起動します。 上記に挙げた対処法を実行しても解決できない時は、他の要因でゴミ箱のファイルを削除できない事が考えられるので、macOS復元から起動します。

具体的な方法は、「command+R」キーを押しながらMacを起動します。 「macOSユーティリティ」のウィンドウが開いたら、「ディスクユーティリティ」を選択して、「続ける」をクリックします。次にディスクユーティリティで、削除したいファイルが存在しているディスクを選択します。 そして、ディスクユーティリティのFirst Aid機能によってディスクを修復します。その後に、ディスクユーティリティのウィンドウを閉じて、Macを再起動した後でゴミ箱を空にして下さい。 Macのゴミ箱を空にできない時は、今回紹介した手順を実行してみて下さい。

続いては、Macのゴミ箱から削除されたファイルを、データ復元ソフト「Recoverit」Mac版で復元する方法を紹介します。

無料ダウンロード Mac版 無料ダウンロード Windows版

データリカバリー(Mac版)で空になったゴミ箱を復元する方法

Macのゴミ箱からファイルが削除された時は、Wondershare社製「データリカバリー(Mac版)」にて復元しましょう。 「データリカバリー(Mac版)」は、最新のOSに対応して数ステップの簡単な操作と簡潔な画面表示なので多くの方が利用しています。 ゴミ箱のデータ復元に対応して、写真、動画、音楽など550種類のファイル形式を復元します。 それでは、復元方法を手順に沿って紹介します。

ステップ1:復元モードを選択します。

Wonderahare 「Recoverit」Mac版を起動とメールデータの復元ウインドウを表示

メニューには「削除したファイルの復元」「ごみ箱復元」「フォーマットデータ復元」「パーティション復元」「外付けデバイスの復元」「ウィルスで消えたデータの復元」「システムクラッシュ後の紛失データの復元」「万能復元」が表示されるので、その中の「ごみ箱の復元」をマウスで選択してサブウインドウを表示します。

ファイルパス

ステップ2:表示されたウィンドウでごみ箱から削除されたデータをスキャンします。

ゴミ箱復元のサブウインドウが表示されると、ごみ箱の削除されたデータのスキャンが自動で開始されます。

ファイルパス

スキャン中の状態を右上のバーに表示されて、スキャン終了までの時間も表示されます。

復元可能の削除データの一覧がウインドウの右側に表示され左側にはツリー表示とファイルビューが表示されます。ウインドウ左下部にはファイルの変更日の条件が表示されていて、デフォルトでは「すべてのデータ」にチェックが入っていて、「今日」「最近一週間」「最近一ケ月」「カスタマイズ」で検索できます。

スキャンデータの形式の選択も出来るようになっていて、ウインドウ上部にプルダウンメニューで「すべてのファイルタイプ」「グラフィック」「ビデオ」「オーディオ」「ドキュメント」「Eメール」「データベース」「インターネットウェブ」「アーカイブ」が表示されるので、希望のフォーマットを選択してスキャンできます。

ステップ3:スキャンされたデータの復元したいデータを復元します。

スキャンされたごみ箱の削除データの一覧が表示されて、復元したいデータにチェックを入れて、ウインドウの右下の「復元」をマウスでクリックすると復元を開始します。

ファイルパス

これだけのマウス操作だけでスキャンされたMacパソコンのごみ箱から削除したデータを復元できWonderahare 「Recoverit」Mac版を入れておいてください。

Macのゴミ箱を空に出来ない時は、今回紹介した対処法をお試し下さい。 そして、意図せずMacのゴミ箱が空になった時に備えて「Recoverit」Mac版をインストールする事をお薦めします。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なMacデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / Macデータ復元 / Mac のゴミ箱を空にできない場合の対処

すべての記事

フリーで なくしたデータを復元しましょう ?