macOS Mojaveの不具合は?MacOS Mojaveへアップデートする方法は?

macOS Mojaveは確かに魅力的な次世代MacのOSですが、やはり新しく開発されるだけに心配になるのは不具合という点になりますので、こちらを詳しく纏めていきます。
関連記事:macOS Mojave対応機種&最新情報

Part1.macOS Mojave予想の不具合をまとめ

macOS Mojaveで心配されている不具合は9件予想されており、macOS Mojaveにアップデートする前にこの不具合を知っておく事が非常に重要です。

1つ目は仮想マシンを作る際にUSBから読み込むようにすると失敗する。
2つ目はOffice 2016 for Macのワードとの互換性が悪い。
3つ目はSafariでwebページを閲覧する際にテキストの一部がなくなっている。
4つ目はMac本体が熱くなりやすくなり、故障の原因になる。
5つ目はSafariを使用していてあるサイトにCookieを保存する事が出来ない。
6つ目はSafariでグローバル設定をするとそもそもwebページが見れなくなる。
7つ目はあるアプリに関してウィンドウのドラッグが上手くいかない。
8つ目はMacの再起動をしたはずなのに、シャットダウンになる。
9つ目は着色レベルのページ要素をはSafariで頻繁にクラッシュする。

この不具合はどれも実際にMacを使用していて、起こってしまうと不便な部分なので、macOS Mojaveにアップデートする際は注意が必要です。

Part2.macOS Mojaveのアップデートする方法

macOS Mojaveへのアップデートですが、Appleの正式ホームページよりダウンロードして、本体にインストールする事で対応できます。

具体的には、ステップ1:Mac App Store を開いて、以下の手順を実行してください。
ステップ2:Mac App Store でmacOS Mojaveを検索するか、macOS Mojaveのページを直接表示します。
ステップ3:macOS Mojaveの「ダウンロード」ボタンをクリックします。ダウンロードが終わると、インストーラが自動的に開きます。
ステップ4:「続ける」をクリックして、アップグレードが正常に終了できます。
インストール中は、Mac が数回再起動します。その後、初期設定のタスクがいくつかバックグラウンドで実行されます。

macOS Mojaveの正式版をリリースする前に、ベター版をインストールできますので、一日早くにmacOS Mojaveの新機能を体験するお方はmacOS Mojaveのベター版を実装してみてください。

Part3.macOS Mojaveの消えたデータを復元

macOS Mojaveへとアップデートする際に更に心配な事として、予期しないデータ削除が行われる事です。
これは1人1人Macの環境が違うので、開発側が予想するのは難しい分、自分で対策を立てておく必要があります。
対策方法としてお勧めなのはWondershareの「Recoverit」Mac版を使用した対応になります。

データリカバリー(Mac版)は復元可能なデバイスや対応しているファイル形式やデータが消えてしまうどんな環境にも対応してくれるという非常に魅力的なソフトとなっています。

そのため強力なmacOS Mojave復元ソフトとして知られており、今回のデータリカバリー(Mac版)による予期しないデータ削除の復元にも対応できるのです。

また、macOS Mojaveデータ復元の操作方法も簡単で誰でも使用できるというのも、Wondershareの「Recoverit」Mac版の魅力となっています。

macOS Mojaveデータ復元-Wondershare recoverit(Mac版)

  • 550以上のファイル形式のデータを高速・安全に復元
  • 数ステップでMacから削除したデータを復元
  • Macデータ復元のほかに、ゴミ箱・HDD(ハードドライブ)・SDメモリカード・デジカメの削除した画像・動画を復元!
  • 認識しないUSBかからデータを復元する前にプレビューが可能!
  • 対応OS: Mac OS X 10.8~10.14(macOS Mojave)/Windows 10/8/7/XP/Vista
無料ダウンロード Mac版 無料ダウンロード Windows版
人気記事
表示する隠す
Home / Macデータ復元 / macOS Mojaveの不具合は?MacOS Mojaveへアップデートする方法は?

すべての記事

フリーで なくしたデータを復元しましょう ?