Windows起動しない:起動しないWindowsからデータを復元する方法の紹介

起動しないWindowsからデータを復元する方法

windowsが起動しないときが出てきた場合、どのような対処方法があるのでしょうか? Windowsが起動しない場合、電源を入れてから最初にBIOS画面を表示します。

BIOS画面を表示するのにはパソコンメーカーごとに入力するキーは違いますが、「F2」や「DEL」キーを入力することでBIOS画面が表示されます。 BIOS画面を終了後に「F8」キーを連打すると「コンピューターの修復」・「セーフモード」「セーフモードとコマンドプロンプト」などのメニュー画面が表示されます。

修復ディスクを作成しておいて、修復モードを起動すると、修復ディスクでwindowsの修復を行ってくれます。 最悪のケースでは、起動ディスクより起動させて、初期インストールをしてwindowsを再インストールすることができます。

Wondershare「 Recoverit」を使って起動しないWindowsからデータを復元する手順

Windowsが起動しなくなったときは、あきらめて新しくosをインストールしなおそうと考えます。 その場合に、修復ディスクを作成しておくと、消したくないデータをそのまま残してから

windowsを再度起動させることができます。 windowsの修復ディスクを作成する手順を詳しく紹介します。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1.Wondershare 「Recoverit」の起動とシステムクラッシュ後の紛失データの復元ウインドウを表示

Wondershare 「 Recoverit」を起動したらメニューウィンドウが表示されます。 Wondershare 「 Recoverit」ソフトには、windows osが起動しなくなった時でも見られなくなったデータを復元するための機能があります。Windows osの起動ディスクを作成するもので、これさえあればwindows osに問題があったときでも作成したデータの復元は可能となります。

メニューには「削除したファイルの復元」「ごみ箱復元」「フォーマットデータ復元」「パーティション復元」「外付けデバイスの復元」「ウィルスで消えたデータの復元」「システムクラッシュ後の紛失データの復元」「万能復元」が表示されるので、今回はハードディスク上で間違って削除してしまった画像データの復旧で紹介します。

表示されたメニューの「システムクラッシュ後の紛失データの復元」を選択するとサブウインドウが表示されます。

復元モード

ステップ2.windowsが起動しない場合の修復のための修復ディスクの作成

システムクラッシュ後の紛失データの復元の画面を表示して、修復用のデバイスの選択表示がされます。 表示されてデバイスにはDVD・CD・USBなどを選択できます指定できるデバイスに、今回はCD/DVDを選択してから修復ディスクの作成を行います。 空のCD/DVDディスクを挿入して作成をするようにします。 修復ディスクの作成デバイスを選択して「作成」ボタンをクリックすると、修復ディスクの作成を開始します。 。

ディスク作成

修復ディスクの作成は全て自動で作成してくれて、上から順番に「ファームウェアをダウンロードする」・「USB/CD/DVDをフォーマットする」・「起動可能なドライブを作成」の順番で作業を行います。

作業開始

デバイスはどれにするかを指定することができます。 作業が完了するまでには数分程度で行われます。 作業完了まで、数分間で完了するので、終わるまで待てばよいだけです。 作業が開始されると後は待つだけです。 全ての作業が終わると、完了となり、DVD/CDの場合はトレイが開いて完了となります。 あとは、DVD/CDを抜き取れば完成です。

作業完了

終了ウインドウには、起動可能なCD/DVDが作成できましたと表示されます。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / データ復元 / Windows起動しない:起動しないWindowsからデータを復元する方法の紹介

すべての記事

フリーで なくしたデータを復元しましょう ?