ゴミ箱の表示と非表示を切り替える方法やゴミ箱復元ソフトの紹介

デスクトップからゴミ箱の表示が消えてしまった、ゴミ箱が邪魔だから非表示にしたいなど、様々な理由でゴミ箱を表示・非表示に切り替えたい場合があると思います。しかし、そのゴミ箱を表示させたり、非表示にしたり切り替えるにはどうしたら良いのでしょうか?

今回は、windows10のゴミ箱の表示と非表示を切り替える方法を紹介します。

ゴミ箱の表示と非表示を切り替える方法

・スタートからゴミ箱の表示・非表示を切り替える

ゴミ箱を表示する方法

  1. 「スタート」をクリックし、「設定(ギアマーク)」を選択します。
  2. 設定の一覧から「個人用設定」をクリックします。
  3. 画面の左側から「テーマ」を選択し、「デスクトップアイコンの設定」をクリックします。
  4. 「デスクトップアイコン」の欄から「ゴミ箱」にチェックを入れ、「OK」又は、「適用」をクリックします。

ゴミ箱を非表示にする方法

  1. 表示する方法と同様に、「スタート」から「設定(ギアマーク)」を選択し、設定の一覧から「個人用設定」をクリックします。
  2. こちらも、表示する方法と同様に、画面の左側の「テーマ」から「デスクトップアイコンの設定」をクリックします。
  3. 表示させる方法とは反対に、「デスクトップアイコン」の欄から「ゴミ箱」のチェックを外し、「OK」又は、「適用」をクリックします。

・右クリックからゴミ箱の表示・非表示を切り替える

ゴミ箱を表示する方法

  1. デスクトップ上の何もない場所で右クリックします。
  2. 表示された一覧から「個人用設定」をクリックします。
  3. 画面の左側から「テーマ」を選択し、「デスクトップアイコンの設定」をクリックします。
  4. 「デスクトップアイコン」から「ゴミ箱」のチェックを入れ、「OK」又は、「適用」をクリックします。

ゴミ箱を非表示にする方法

  1. 表示させる方法と同様に、デスクトップ上の何もない場所で右クリックし、表示された一覧から「個人用設定」を選択します。
  2. こちらも同じく、画面の左側から「テーマ」を選択し、「デスクトップアイコン」をクリックします。
  3. 非表示にするには表示する方法とは反対に、「デスクトップアイコン」から「ゴミ箱」のチェックを外し、「OK」又は、「適用」をクリックします。

以上でゴミ箱の表示と非表示を切り替える操作は完了です。

ゴミ箱から完全に削除したファイルを復元するソフト「recoverit」の紹介

ゴミ箱から完全にファイルを削除してしまうと、二度とファイルを復元することはできません。しかし、Wondershaer「Recoverit」を利用することで、Windowsのゴミ箱から完全に削除したファイルを復元することが可能です。

ダウンロード Windows版 ダウンロード Mac版



この「Recoverit」というソフトは、ゴミ箱のファイルを復元する以外に、HDDやSDカード、USBドライブなどから削除された写真、音楽、動画、ドキュメントなど、様々な種類のファイルを完璧に復元することができます。また、このソフトはファイルを失ったあらゆる原因に対応しています。

  • 誤って削除したファイル
  • フォーマットで消えたファイル
  • OSの再インストールで消えたファイル
  • 予期しない原電オフで失ったファイル
  • パーティションのエラーで消えたファイル
  • ウイルス感染で消えたファイル

など、様々な原因で失った削除したファイルを復元することが可能です。

ゴミ箱から削除したファイルを復元する方法

ステップ1:復元モードを選択します。

Wonderahare 「Recoverit」を起動とメールデータの復元ウインドウを表示

メニューには「削除したファイルの復元」「ごみ箱復元」「フォーマットデータ復元」「パーティション復元」「外付けデバイスの復元」「ウィルスで消えたデータの復元」「システムクラッシュ後の紛失データの復元」「万能復元」が表示されるので、その中の「ごみ箱の復元」をマウスで選択してサブウインドウを表示します。

ファイルパス

ステップ2:表示されたウィンドウでごみ箱から削除されたデータをスキャンします。

ゴミ箱復元のサブウインドウが表示されると、ごみ箱の削除されたデータのスキャンが自動で開始されます。

ファイルパス

スキャン中の状態を右上のバーに表示されて、スキャン終了までの時間も表示されます。

復元可能の削除データの一覧がウインドウの右側に表示され左側にはツリー表示とファイルビューが表示されます。ウインドウ左下部にはファイルの変更日の条件が表示されていて、デフォルトでは「すべてのデータ」にチェックが入っていて、「今日」「最近一週間」「最近一ケ月」「カスタマイズ」で検索できます。

スキャンデータの形式の選択も出来るようになっていて、ウインドウ上部にプルダウンメニューで「すべてのファイルタイプ」「グラフィック」「ビデオ」「オーディオ」「ドキュメント」「Eメール」「データベース」「インターネットウェブ」「アーカイブ」が表示されるので、希望のフォーマットを選択してスキャンできます。

ステップ3:スキャンされたデータの復元したいデータを復元します。

スキャンされたごみ箱の削除データの一覧が表示されて、復元したいデータにチェックを入れて、ウインドウの右下の「復元」をマウスでクリックすると復元を開始します。

ファイルパス

これだけのマウス操作だけでスキャンされたMacパソコンのごみ箱から削除したデータを復元できWonderahare 「Recoverit」を入れておいてください。

いかがでしょうか?

Windows10のゴミ箱を表示・非表示に切り替えるのはとても簡単で、特殊な操作も必要ありません。 また、Wondeshare「Recoverit」を利用することで、ゴミ箱から完全に失ったファイルを復元することが可能です。もし、誤って削除して困っているのなら、是非このソフトを利用してみてはいかがでしょうか。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なゴミ箱データ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / ゴミ箱復元 / ゴミ箱の表示と非表示を切り替える方法やゴミ箱復元ソフトの紹介

すべての記事

404 Not Found

404 Not Found

The requested URL was not found on this server. Sorry for the inconvenience.
Please report this message and include the following information to us.
Thank you very much!

URL: https://recoverit.wondershare.jp/trash/trash-display-recovery.html
Server: web01
Date: 2018/10/15 19:17:47

Powered by Tengine/unknown