Macで未保存/削除/消えたのエクセルファイルを復元する方法

Excelは仕事場でよく使い、特に重要なファイルです。未保存・削除しまった場合どうすればいいでしょうか。本文でエクセルの復元する方法と、復元ソフトRecoveritを詳しくご紹介!

Excelは、個人利用においてもビジネスの場においても、多くの人が使っているソフトです。様々な場面で活用される便利なソフトだからこそ、Excelで作成したファイルを失ってしまったときの損失は大きいと言えます。そこでこの記事では、Macを使用したExcelファイルの作成時に、ファイルを失ってしまったときの対処法を、データ復元ソフトのRecoveritの紹介と併せて解説します。

パート1. エクセルファイルの4つの復元方法

#復元方法1:Recoveritを使用してMacでExcelファイルを復元する

エクセル/Excelは、様々な計算式に対応する表計算ソフトとして、ビジネスなどを含め多くの人に活用されています。使われる頻度の高いソフトだからこそ、データを失ってしまったときの対処法を知っておくと安心です。エクセルのデータを失ってしまう理由として多く挙げられるのは、作成したファイルを保存せずに終了してしまうことです。
また、保存しようとしたときにエラーが発生し、ファイルが未保存のまま、やむを得ず強制終了しなくてはならない場合も想定できます。さらに、作成したファイルを新たなファイルとして保存しなくてはならないところ、誤って違うファイルに上書き保存してしまうことで、元のファイルを失ってしまうこともあり得ます。

こうした様々な原因で、作成したエクセルのファイルを失ってしまう可能性があるのです。しかし、そうした場合でも、Wondershare社が提供するRecoveritというデータ復元ソフトを使用することで、失ったエクセルのデータが取り戻せることがあります。Recoveritには、Mac用のソフトもあるため、Macの操作やデータ復元になれていない人でも比較的簡単にデータの復元が行えます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

#復元方法2:Macのゴミ箱を確認する

保存していたエクセルのファイルを誤って削除してしまった場合なら、Recoveritを使用しなくてもデータを復元できる可能性が高いです。削除したファイルはエクセルからは消えてしまいますが、その段階ではまだ「ゴミ箱」という場所に残っています。そのため、ゴミ箱から削除してしまったファイルを選択すれば、それほど難しい作業を行わずにファイルを復元できます。
ただ、この方法は一度保存していたファイルを何らかの理由で削除してしまったときに有効な方法であるため、未保存のファイルを復元することはできません。

#復元方法3:エクセルの「最近」で未保存のExcelファイルを復元する

作成したエクセルのファイルを保存しないままソフトを終了してしまった場合は、そのファイルをゴミ箱から復元することはできません。ただ、そうした場合でも、エクセルの「最近使用したファイル」という項目からファイルを復元できることもあります。エクセルのメニューから「ファイル」という項目を選択し、さらにそのなかから「最近使用したファイル」という項目を選びます。

そうすると、保存済みや未保存に関係なく、最近使用したファイルが一覧として表示されるのです。そのなかに、未保存のまま終了してしまったファイルが見つけられれば、そこからファイルを選択し、復元することができます。

#復元方法4:一時フォルダーからExcelドキュメントを復元する

Tempフォルダーとも呼ばれる一時フォルダーから、ファイルを復元する方法もあります。一時フォルダーは、パソコンで作業しているとき、その内容を一時的に保存する作業用のフォルダーです。そのため、そのデータに関連した作業が終了した段階で、一時フォルダーに保存されていたファイルは削除されてしまうことが多いと言えます。

一方、何らかの理由で、作業を終えた後でもデータが一時フォルダーに残っていることがあります。したがって、他の方法を試みてもエクセルのファイルが復元できない場合には、一時フォルダーにデータが残されていないか確認するのも一つの方法です。
もしも、データが一時フォルダーに残っていたら、そこでファイルを選択し、復元することが可能です。


パート2. まとめ:エクセルのファイル復元にはRecoveritが効果的

エクセルで作成したファイルを誤って削除してしまった場合や、未保存のままエクセルを終了してしまった場合でも、Recoveritというデータ復元ソフトを活用することで、失ったエクセルのファイルを復元できる場合があります。RecoveritにはMacに対応するソフトが用意されているため、Mac使用者でもRecoveritを用いたエクセルファイルの復元が可能です。また、Recoveritを使用しなくても、ゴミ箱やエクセル内の該当項目からファイルを復元できる場合があります。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、削除してしまったデータの元保存場所を選択します。

「Recoverit」を起動してから、消えたファイルの元場所を選択します。「開始」をクリックします。

Macで消えたエクセルの保存先を選択

ステップ2 消えたファイルをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、消えたファイルをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

Macで消えたエクセルをスキャン

ステップ3 消えたファイルをプレビューして復元します。

消えたファイルをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

Macで消えたエクセルを復元

以上簡単な操作で消えたファイルが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試してください。

大事なデータを失くした場合、失ったデータの形式にかかわらず、Recoveritで復元してみましょう。

強力的なデータ復元ソフト

Recoverit - 強力なMacからデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Macデータ復元 > Macで未保存/削除/消えたのエクセルファイルを復元する方法

すべての記事