ホーム / ヘルプセンター / プレビュー & 復元

プレビューを使用するのは、Recoveritの無料バージョンと登録バージョンの両方もできます。Recoveritは、Microsoft OfficeやOpenOfficeで作成されたドキュメント、画像やデジタル写真(RAWファイル、動画、音楽など)など、さまざまなファイル形式をサポートしています。このテクノロジーは、ハードディスクに何も書き込むことなく、画像を表示し、ドキュメントを開き、オーディとビデオクをプレビューできます。

ケース1: スペース不足による保存失敗

使える容量が不足しているため、システムは復元可能なファイルを保存できません。

  • ドライブの空き容量を確認してください。
  • 復元可能なファイルを別のストレージデバイスに保存してみてください。

ケース2:ファイルパスの誤りによる保存失敗

選択された保存パスにエラーがあります。

この場合、Recoveritで単独なファイルを右クリックし、ドライブのルートディレクトリに復元して、そこにあるかどうかを確認してください。

Case3:スキャンエラー

スキャン中にエラーが発生しました。この場合、ドライブを再スキャンし、単独なファイルを保存して、それが開くかどうかを確認しみてください。

ケース4: 間違ったターゲットパス

復元されたファイルの保存に使用したドライブのファイルシステムは、Windowsでサポートされていません。NTFSまたはFAT32パーティションにファイルを保存してみてください。

データ損傷のため、開けなくなりました。この場合、ディープスキャンでもう一度復元してみてください。

  • 改善できなければ、以下のLogデータを持ち、弊社にご連絡ください。
  • Logファイルにはソフトウェアー操作の履歴が記録されています。 問題があった時点での操作も記録されていますので、トラブルシューティング時の情報として活用可能です。

  • Logファイルは以下に保存されています。※初期設定でインストールしている場合
  • Win版の場合

  • C:\Program Files\Wondershare\Data Recovery\log
  • コンピューターを開き>>ローカル ディスクCを開き>>Program Filesを開き>>Wondershareを開き>>Data Recoveryを開き>>log
  • Mac版の場合

  • Appleメニューから「移動」>>「コンピュータ」>>「システムOS(10.8など)」>>「ライブラリ」>>「Logs」>>wsdatarecoverylib.log

お手数ですが、操作ガイドの内容をご参考しながら、「ディープスキャン」にてもう一度復元してみてください。

もし上記のインストラクションが役に立たなかった場合、以下の情報をもって、弊社までお問い合わせください。

  • 1. どのようにしてファイルを無くしたか。(例:削除、フォーマット変更等)
  • 2. ファイルの形式(フォーマット)。
  • 3. ファイルの元々の保存先。
  • 4. 写真が開けない場合、追加テストのため、復元した写真を送ってください。

弊社製品の仕様では、多くのデーターを復元するには、多種類のスキャンモードを通してデーター復元をやります。

そのため、重複したファイルがあります。

ファイルが削除されると、空きデータ領域ができます。失われたデータをスキャンして回復する機会はまだあります。ただし、同じディスクにデータを入力し続けると、システムは新しいデータを任意の空き領域にランダムに格納します。

空き領域が新しいデータで一杯になると、元のデータは完全にカバーされ、完全に消去されます。データ復元ソフトウェアが元のデータをスキャンすることは不可能です。

データが再び失われるのを防ぐために、復元されたすべてのデータを安全なストレージデバイスに保存してください。

復元でき、再生できない場合、弊社の製品ビデオ修復で動画を修復してみてください。

もしそれでも復元できない場合、高度修復で動画を再度試してください。