Windows・Mac・LinuxでFAT32からexFATに変換する方法

本記事は、FAT32とexFATの違いとWindows・Mac・LinuxでFAT32からexFATに変換する方法、およびシステム変換で消えたデータの復元方法をご紹介させていただきます。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップだけ復元可能

皆さんも何度かFAT32からexFATに変換することが出来なくて悩んだことがあるのではないでしょうか。

本記事は、FAT32とexFATの違いとWindowsやMacなどでFAT32からexFATに変換する方法をご紹介させていただきます。

まず、FAT32とexFATの違いについて詳しくご紹介させていただきます。

Part1:FAT32とexFATの違い

FAT32とexFATの違いを説明する前にFAT32とexFATの特徴についてご説明させていただきます。

1)FAT32のメリットはMac OSでもWindows OSでもどちらでも読み取りだけでなく書き込みもできるという点です。

デメリットは1ファイルで4ギガまでしか、扱うことができないという点です。

2)exFATのメリットは、256TBまで容量がある大容量であること。もし突然デバイスが取り外しされても従来のFATよりも問題が起きにくいという点があります。

デメリットとしては、従来のFATとexFATでは、互換性がないという点があります。FATでしか使えない機器でしたらexFATはつかえません。

これらの特徴を踏まえてFAT32とexFATの違いをご紹介します。FAT32はMac OSでもWindows OSでもどちらでも読み取りだけでなく書き込みもできるというところが利点だが、ストレージ容量が少ないというところが欠点です。それに代わってexFATは、FAT32と正反対の特徴を持っています。

Part2:WindowsでFAT32からexFATに変換する方法

WindowsでFAT32からexFATに変換する方法について3つご紹介させていただきます。

1)ファイルエクスプローラーで変換するやり方です。

2)コマンドプロンプトで変換するやり方です。コマンドプロンプトの画面に、list disk、select disk n(nはUSBの番号)を順番に入力していけば変換出来ます。

3)AOMEI Partition Assistant Standardというソフトを使って変換するやり方です。

AOMEI Partition  Assistant Standardは、日本語対応しているので英語ができなくても安心して使うことができます。

Part3:Mac・LinuxでFAT32からexFATに変換する方法

1)MacでFAT32からexFATに変換

Macのディスクユーティリティを起動します。

ディスクユーティリティが起動したら、左の「アイコン一覧」から、これからフォーマットしようとしてるUSBのアイコンをクリックします。

画面の上にあるパーティションのタブをクリックします。

パーティションレイアウトの部分を1パーティションに設定します。

フォーマットの部分をExFATにします。

フォーマットの確認画面が出ますが、パーティションをクリックして実行します。

この操作をすることでMacでFAT32からexFATに変換できるとおもいます。

2)LinuxでFAT32からexFATに変換

LinuxでFAT32からexFATに変換する方法はいくつかありますがコマンドプロンプトで変換するやり方をご紹介します。コマンドプロンプトの画面に、list disk、select disk n(nはUSBの番号)を順番に入力していけば変換出来ます。

今回ご紹介した方法でFAT32からexFATに変換した時うまくいかなくてデータが消えたなんてことや何かよくわからない原因でパソコンの中のデータが消えるようなことになったら大変ですよね?この際、役に立てるのは「Recoverit」です。

Part4:データ復元ソフトWondershare Recoverit

パソコンの消えたデータを復元する方法としてRecoveritというソフトをご紹介させて頂きます。

各種類のWindowsまたはMacデバイス、およびHDD、SSD、外付けハードディスク、フロッピーディスク、USBフラッシュドライブ、メモリカード、デジタルカメラなどのストレージデバイスから失われたデータを復元します。

Recoverit無料版は、サブスクリプションなしで無料で100 MBのファイルを復元可能です。復元したいデータ量が多い方は、一度無料版でその技術力を試して、もし無事に復元出来たら、Recoverit Proなど製品版の購入を検討したほうがいいと思います。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

Recoveritで消えたデータを復元する手順

ステップ1 消えたファイルの元の保存場所を選択します。

Recoveritを起動します。起動できた後、下記の製品画面で、消えたファイルの元の保存場所を選択して、右下にある「開始」をクリックします。

場所を選択

ステップ2 消えたファイルのデータをスキャンします。

そうするとRecoveritは自動的にデータのスキャンをスタートします。

ファイルをスキャン

ステップ3 スキャンしたファイルをプレビューして復元します。

スキャンが終わった後、見つけたファイルは形式ごとにリストされます。「復元」ボタンをクリックするとデータを復元します(一部のデータはプレビューできます)。

ファイルを復元

消えたファイルをプレビューで確認して復元すれば完了となり、非常に簡単な操作となっています。
また、このソフトを使うことで、パソコンから消えたデータの復元だけではなく、SDカード外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試してください。

SDカード復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Macデータ復元 > Windows・Mac・LinuxでFAT32からexFATに変換する方法