Windowsリカバリーディスクを作成する方法と
PCのデータ回復

Windowsコンピュータに原因不明の問題がある場合は、リカバリディスクは役立ちます。この記事では、リカバリーディスクを作成する方法とPCのデータ回復をご紹介します!

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ復元可能

リカバリーディスクは、お使いのパソコンを「初期化(工場出荷時の状態)」する際に必要なディスクのことを示します。リカバリーディスクによって、パソコンに原因不明の問題が発生したときに、解決できる場合もあります。

リカバリーディスクという名称は、ディスク型の記録媒体を使用したことに由来しますが、他にもリカバリーCDリカバリーDVDとも呼ばれていて、通常パソコン購入時に付属品としてパッケージされています。

Part1: リカバリーディスクを作成する必要性と作成方法

Windows 10では、似たような機能として「システム修復ディスク」というのがありますが、システム修復ディスク単体では初期化はできません。システム修復ディスクは異常が起きる前のパソコンの状態に戻すもので、リカバリーディスクより軽い異常のときに使います。システム修復ディスクができることは、リカバリーディスクでも可能となっている点でも、リカバリーディスクの準備はしておいた方が良いでしょう。

また、パソコンを初期化する他の方法として、「ハードディスクのリカバリー領域を使う方法」もあります。光学ドライブが搭載されていない薄型ノートパソコンでは、HDD(ハードディスク)やSSDの中にリカバリーディスクに該当するリカバリー領域を用意したものもあります。「ハードディスクのリカバリー領域を使う方法」は、光学ドライブが搭載されてないパソコンのハードディスク内に、予め用意されているリカバリー領域で行います。

リカバリーディスクを用いるのと同様にリカバリー可能ですが、「ハードディスクのリカバリー領域を使う方法」では、HDD/SSD自体が故障している場合にはリカバリー領域を読み込めない恐れがあるので、リカバリーが成功しないケースもあります。
パソコンのハードディスク内にリカバリー領域がある場合にもリカバリーディスクを持っておくと安心です。

・リカバリーディスクの作成方法

《 用意するもの 》

リカバリーディスクとして使用する媒体は「USBメモリ」「CD-R」「DVD-R」「BD-R(Blu-ray)」などがあげられます。OSがWindows 10の場合、USBメモリで回復ドライブを作成することも可能なので、光学ドライブが搭載されていないパソコンでも簡単に作成できて便利です。

従来作成する際に必要とされていたCD-R、DVD-R、BD-Rはパソコンが光学ドライブに対応している必要があり、またシステムの容量によっては複数枚必要の場合もあります。CD-RやDVD-Rの場合には容量不足になる可能性もあり、複数枚必要なのであれば必ず同じ種類の記憶媒体を使うようにしましょう。

《 作成の手順 》

  1. パソコンの一番左下「スタート」ボタン(Windowsのロゴ)をクリック
  2. アルファベット一覧「W」から「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」を選択
  3. コントロールパネルが開いたら、右上の検索窓に「回復」と入力→表示される「回復ドライブの作成」をクリック
  4. 「回復ドライブ」のウインドウが表示されるので、「システムファイルを回復ドライブにバックアップします」という項目にチェックが入っていることを確認してから「次へ」のボタンをクリック
  5. 用意したUSBメモリなどの媒体をパソコンに接続して、「使用可能なドライブ」として認識されていることを確認したら、「次へ」をクリック
  6. 回復ドライブを作成中」の画面に切り替わり、処理が終わると「回復ドライブの準備ができました」と表示される→「完了」ボタンをクリック

 以上の工程ですれば回復ドライブの作成作業は終了します。

《 注意事項 》

回復ドライブを作成する際のUSBメモリは、リカバリーメディア専用となるので、リカバリーディスクデータを削除するまで同じUSBメモリは再利用はできません。媒体として使用するUSBメモリ内に、必要なデータがあるのでしたら、他のUSBメモリや外付けHDDなどにデータを移行することが必要です。

また、ノートパソコンでリカバリーディスクを作成する際は、ACアダプターなどの電源を接続しておいて、途中で電源が落ちないよう注意してください。リカバリーディスクを正常に作成するために、セキュリティソフトやブラウザなどのアプリはすべて終了させ、インターネット接続やスクリーンセーバー、スリープ機能もオフに設定しましょう。

Part2:バックアップを慣れようーーバックアップツールWondershare Ubackitを利用する

データをバックアップする便利な方法としては、バックアップソフトUbackit(ユーバキット)の利用です。UbackitはWondershare社より開発、手動でも自動的でもバックアップできます。ドキュメント、写真、動画、音楽、プログラムなど多様なファイル形式をバックアップできるし、フィルター機能も付きます。操作も2クリックだけでとても簡単です。

1ヵ月間無料でお試し Windows版

具体的な操作手順もご紹介します。

#ステップ1:ファイル/フォルダーを選択します。

パソコンでUBackitソフトを起動して、サイドバーから【バックアップ & 復元】オプションを選択して、【ディスクバックアップ】や【ファイルバックアップ】を選択します。バックアップしたいものをクリックして、右下にある「選択」を押します。

バックアップ先を選択する

#ステップ2:バックアップ先を選択します。

次に、バックアップファイルの保存場所を選択します。バックアップファイルを保存する任意の内部ドライブまたは接続された外部記憶装置を選択します。

バックアップデータを保存する

#ステップ3:バックアップ進捗を表示、完了を待ちます。

バックアップファイルの保存場所を選択した後、ソフトはデータをバックアップして、完了するまで待つだけでいいです。

バックアップ進捗

Part3: Windowsでのデータが消えてしまった後の復元方法

パソコンを初期化する際に、大切なデータを誤って削除したらどうすればいいでしょうか。紛失したデータを簡単に復元できるソフトをご紹介します。

「データ復元ソフトRecoverit(リカバリット)」

【Wondershare Recoverit】データ復元ソフトは、Windowsパソコンから失われたファイルや、削除されたファイルを3ステップと数分で復元可能です。1000種類以上のデータ形式を対応できます。パソコン、ごみ箱、内蔵ハードドライブ、 外付けストレージメディア、さらにはクラッシュしたパソコンからデータを復元することができます。

無料版のリカバリットは、復元したい対象のデータ容量が100MBまで利用することができます。無料版でお試しになってみて、便利な機能を数台のパソコンでも利用してみたい、復元するデータやファイル等の容量を無制限にしたいと思われたらご購入されてはいかがでしょうか? 

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

Recoveritで消えたデータを復元する手順

ステップ1 消えたデータの元保存場所を選択します。

Recoveritを起動します。起動できた後、下記の製品画面で、消えたデータの元保存場所を選択して、右下にある「開始」をクリックします。

場所を選択

ステップ2 消えたデータをスキャンします。

そうするとRecoveritは自動的にデータのスキャンをスタートします。

ファイルをスキャン

ステップ3 スキャンしたファイルをプレビューして復元します。

スキャンが終わった後、見つけたファイルは形式ごとにリストされます。「復元」ボタンをクリックするとデータを復元します(一部のデータはプレビューできます)。

ファイルを復元

消えたファイルをプレビューで確認して復元すれば完了となり、非常に簡単な操作となっています。
また、このソフトを使うことで、データの復元だけではなくSDカード外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試してください。

SDカード復元ソフト

Recoverit - 強力なファイル復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > データをバックアップ > Windowsリカバリーディスクを作成する方法と
PCのデータ回復