Lenovo onekey recoveryの使い方と起動しない場合の修復方法

LenovoのPCが論理障害などで削除したデータをもとに戻せるなら、どうすればいいですか?今回は簡単に利用できる復元・復旧・復活ソフトRecoveritで復元する方法を紹介します。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ復元可能

はじめに

Lenovo onekey recoveryというものをご存知ですか?こちらはLenovoのPCに搭載されているバックアップやリカバリーをするためのツールです。本記事ではこのLenovo onekey recoveryについて書いていきたいと思います。

Part1:Lenovo onekey recoveryとは?

 Lenovo onekey recoveryというのはLenovo社のPCに標準搭載されているバックアップツールで、いわゆる回復パーティションのことです。どのようなPCにもクラッシュやフリーズなどに対応するためこのようなプログラムは用意されており、バックアップや復旧が行えるようになっています。この製品は、場合にもよりますが予めバックアップを取っておけば10分ほどでリカバリーできるなど簡単に復旧作業が行えることでしょう。

Part2:Lenovo One Key Recoveryを使用してバックアップする方法

このような機能があるにも関わらず、その存在を知らずに過ごしているユーザーは意外と多いです。せっかくあるのに存在を知らねければ使いようがありませんので、機能が十全に使われているとは言い難いかもしれません。こちらではまずバックアップの仕方について解説していきたいと思います。

それではさっそくバックアップのとり方を説明させていただきます。

  1. Windows のスタートから Lenovo OneKey Recovery を起動、 もしくは「Novo」ボタン(PCの側面にある小さなボタン)を押す。
  2. 「システムバックアップ」を選択し、 既定の設定のままバックアップを行う。

以上になります 。簡単な作業ですが、ファイルのサイズやHDDによっては時間がかかることもありますので他の作業は控えたほうがいいかもしれません。このプロセスにかかる時間はバックアップするファイルのサイズとハードディスクドライブの速度により異なります。バックアップ作業中のコンピューターで他の作業をすることはおすすめしません。

そして、このバックアップの復旧には二通りのやり方があります。

・システムドライブをバックアップし、これを復旧する。

こちらはシステムドライブだけが対象になり、ユーザーデータやファイルなどは削除されず残ります。主にこちらがよく利用されると思います。

・初期状態に戻す

全てやり直して初期状態に戻します。 こちらはドライブのファイルも含めて全てのファイルが消去されてしまうため、よほど深刻な事態に陥った場合に使われる復旧方法です。

Part3:Lenovo One Key Recoveryが起動しない原因

バックアップまでとって準備万端、備えはバッチリと思われるかもですが、実のところここまでしてもまだうまく復旧できない場合もあります。PCに何らかの問題が発生したときに復元させることができるLenovo One Key Recoveryですが、ソフトが思惑通りに動作しないことがままあるのです。

よく見かける原因は以下のようなものがあります。

このような状況ですと、Lenovo OneKey Recoveryが動かずバックアップやシステムの復旧を行うことができないおそれがあるため、この問題をなんとか解決する必要が出てきます。

Part4:Lenovo One Key Recoveryが起動しない問題を修復する方法

では、Lenovo One Key Recoveryが起動しない問題はどう解決すればいいのでしょうか?

・ハードディスクに異常があるか確認

ハードディスクに異常があるとリカバリーソフトが起動できない場合があります。ハードディスクのエラーチェックをして再度初期化に挑戦してみましょう。

  1. Windowsシステムツールをクリック選択→PCの項目をクリック
  2. メインのシステムドライブを右クリック→プロパディを選択
  3. ツールタブを選択→エラーチェックの「チェック」を選択
  4. ドライブのスキャンを選択

後はWindowsの指示に従ってください。

・Diskpartを使用する

この方法ではDiskpartを利用します。Windowsで使用できるコマンドで、パーティションを初期化、作成、削除ができたり、すべてのデータを完全消去することができます。

ではDiskpartを使って何をするのが目的かといいますと、回復パーティションを隠すことです。リカバリーが起動できない要因の一つに本来隠されているべきパーティションが何らかの原因で隠れていない、もしくは破損によって属性の変更が引き起こされた可能性があります。そのため再びパーティションを隠すという手法を取ります。それではやり方を説明していきますが、この作業は誤るとPCに意図せぬ変更を与えてしまう場合がありますのでできるだけ慎重に行ってください。

  1. 「Windows + R」キーを同時に押して、「diskpart」と入力する
  2. 次のコマンドを一つずつ入力します。各コマンドの後にEnterキーを押してください

以上でLenovo OneKey Recoveryは隠されましたので正常に動作するようになるか確認してください。一度回復パーティションを消して新しく作るという手段もあるようですが、流石にそれは思い切りがよすぎですので本記事では紹介は控えさせていただきます。

・修理店に持っていく

一番確実で楽な方法です。PCの不具合はまず直りますし、データも破損する恐れが低いでしょう。詳しい方はコマンドプロンプトでうまく復旧できるかもしれませんが、知識の無いものが複雑な処理を扱うとむしろ不具合の元となりかねません。お金はかかりますが、よほど重要なデータがPC内に存在する場合はこちらを選択するのが無難だと思います。

Part5:Lenovoパソコンでのデータが消えた後の復元方法

LenovoのPCで論理障害やうっかり間違えでデータが消えてしまった場合でも、もしかしたらもとに戻せるかもしれません。

「Recoverit」 というデータ復元ソフトをご利用になられたらいかがでしょうか?こちらのソフトはWondershare社が開発したもので、簡潔な操作と高い復元率が強化を受けている製品です。無料体験版もあり殆どのファイル形式に対応しているので安心してご利用になれます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は、「Recoverit」で論理障害やうっかり間違えで削除したデータを復元する手順です。

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、削除してしまったデータの元保存場所を選択します。

パソコンで「Recoverit」 を起動してから、削除したファイルの元場所を選択します。ここでは、「HDD」タブでハードディスクを選択するか、[場所]タブでデスクトップを選択してください。「開始」をクリックして、選択した場所をスキャンし始めます。

消えたデータの保存先を選択

ステップ2 パソコンの消えたデータをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、パソコンから消えたデータをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

復元されたいデータをスキャン

ステップ3 パソコンの消えたデータをプレビューして復元します。

パソコンのデータをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいパソコンのファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

消えたデータを復元

以上簡単な操作でパソコンから削除してしまった大事なデータが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、パソコンの復元だけではなく、外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試してください。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なパソコン復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > Lenovo onekey recoveryの使い方と起動しない場合の修復方法