Macで空にしたゴミ箱を元に戻してデータを復元する方法

Macのゴミ箱を空きにする方法と、空きにした後データを取り戻せたい場合の対処方法をご存じ?さて、本文ではゴミ箱を空きにする方法と、空き後のデータ復元方法を詳しくご紹介!復元ソフトRecoveritをおすすめ!

Macのゴミ箱が、なんらかの理由で空きにならないということもあります。どうすれば、ゴミ箱を空きにすることができるのでしょう。また、そのときには、どんなところに注意すればいいのかわからなくては、かなり手間取ることになるかもしれません。また、ゴミ箱を空きにした後で、データを復元することは可能なのでしょうか。ここでは、Macのゴミ箱を完全に空きにする方法や注意点、そして、データの復元方法について解説します。

パート1. Macでゴミ箱を安全に空きにする前の注意点

Macの容量が一杯になったときには、不要なファイルを削除して、ゴミ箱を空きにすることが必要です。ファイルを削除するには様々な方法がありますが、そのなかには、ゴミ箱に入れるという方法もあります。ですが、このときにはいくつかの注意点があるので、あらかじめ知っておくことが大切です。ここでは、Macでゴミ箱を安全に空きにするための注意点について解説します。

#バックアップをとっておきましょう

ファイルをゴミ箱に入れるときには、必ずバックアップをとっておくようにしましょう。その理由は、不要なファイルだと勘違いして、間違って重要なファイルをゴミ箱に入れてしまうかもしれません。そうなってしまっては、2度とデータ復元することはできないのです。ですが、バックアップをとっておくことで、いつでもゴミ箱に入れたファイルを復元することが可能になります。

#重要なファイルを確認

Macでファイルをゴミ箱に入れるときには、ファイルの中身を必ず確認しておくことが大切です。ヒューマンエラーという言葉を知っているでしょうか。人為的な過誤やミスのことです。不要なファイルと勘違いして、重要なファイルをゴミ箱に入れないために、事前に確認しておきましょう。

#ゴミ箱を空きにできない

インターネットで「Macゴミ箱」で検索したときには、ゴミ箱を空きにできないと書いてある項目を見たことがある人もいるでしょう。見た人は、ゴミ箱を空きにできないのかと混乱するかもしれませんが、このときには落ち着いてMacの状態を確認することが大切です。
まず、ファイルにロックがかかっている可能性があります。ゴミ箱に残っているファイルの情報を見て、ロックがかかっているか確認してみましょう。

パート2. Macでゴミ箱を空きにした後、データを復元する方法

間違えて重要なファイルをゴミ箱に入れてしまった。もしくは、ゴミ箱に入れた後で必要になったということがあるでしょう。そんなときには焦ることはありません。たとえ、ゴミ箱に入れてしまっても、データ復元は可能です。ここでは、ゴミ箱に入れたファイルを復元する方法について解説します。

#Time Machineを活用

Macゴミ箱と検索したときに、TimeMachineという文字を見たことはありませんか。Macに内蔵されているこの機能は、あらゆるファイルを自動でバックアップしておけるのです。ゴミ箱を空きにすると、データ復元はできないと思うかもしれませんが、Time Machineなら可能なのです。
ただし、黙っていてもTime Machineは使えません。Time Machineを活用したいときには、この機能を使うには、外付けのハードディスクをパソコンに接続することが必要です。

#専門家に相談する

パソコンの修理が可能な会社なら、ゴミ箱に入れたファイルを復元することが可能かもしれません。パソコンのデータは、とても緻密で複雑にできています。万が一失敗してしまった場合には、二度とデータを復元することはできない可能性もあるのです。パソコンの修理をおこなう会社は、ゴミ箱を空きにできないなど、あらゆるトラブルに精通しているため、データ復元もできるかもしれません。

#「Recoverit」を活用する

Recoveritという、データ復旧ソフトを知っているでしょうか。Recoveritは、誤ってゴミ箱に入れてしまったファイルなどを復元できる便利なツールです。パソコンなど機器の扱いに自信がないとき、またパソコンを修理できる会社が身近になく、すぐにはデータ復旧できる状態にないときには、Recoveritを活用してデータ復元することも可能です。

パート3. Macのゴミ箱を空きにしたいとき

Macのゴミ箱は、空きにする作業をしなければ、ファイルが溜まっていくばかりです。不要なファイルをゴミ箱に入れるときには、事前にファイルのバックアップをとるなど対策を立てることが必要です。また、誤ってゴミ箱に入れたときのために、データ復元をするための準備もしておくといいでしょう。まずは、落ち着いて状況を確認することが大切です。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、Macで空きにしたゴミ箱を選択します。

「Recoverit」を起動してから、空きにしたゴミ箱を選択します。「開始」をクリックします。

空きにしたゴミ箱を選択

ステップ2 空きにしたゴミ箱のファイルをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、消えたファイルをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

空きにしたゴミ箱のファイルをスキャン

ステップ3 空きにしたゴミ箱のファイルをプレビューして復元します。

消えたファイルをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

空きにしたゴミ箱のファイルを復元

以上簡単な操作で消えたファイルが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試してください。

大事なデータを失くした場合、失ったデータの形式にかかわらず、「Recoverit」で復元してみましょう。

強力的なデータ復元ソフト

Recoverit - 強力なMacからデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Macデータ復元 > Macで空にしたゴミ箱を元に戻してデータを復元する方法

すべての記事