「iPhoto」のデータを「写真」に移行する方法

iPhotoでは写真の閲覧の他に、壁紙設定などもできますが、販売とアップデートも行なっていませんので、「iPhoto」のデータを「写真」に移行する必要もあるでしょう。ここで、本稿では、「iPhoto」のデータを「写真」へ移行する方法を紹介します。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ復元可能

現在のMacでは、「写真」のアプリで画像を見ることが主流です。「写真」では「iPhoto」で利用していたライブラリデータの移行が行えます。方法自体は難しくないので、これから「写真」をメインの画像閲覧アプリにするなら移行しておきましょう。本ページでは、iPhotoのデータを「写真」へ移行する方法を紹介します。Macで画像を管理している人は参考にしてください。


iPhotoとは

iPhotoとはMac用の写真閲覧アプリです。以前はMacのパソコンにiPhotoが標準で搭載されていました。iPhotoでは保存した写真の閲覧の他に、インターネット上へのアップロード、壁紙設定が行えます。また簡易的な画像補正やフォトアルバムの作成も可能です。

現在のAppleはiPhotoの開発をやめており、販売とアップデートのどちらも行なっていません。その代わり、「写真(Photos)」を展開しています。「写真」はiPhoneやiPadと同じ感覚で画像を閲覧でき、Appleのモバイル端末を利用している人なら使いやすいでしょう。

「iPhoto」のデータを「写真」に移行する方法

iPhotoで利用しているライブラリのデータは、「写真」のライブラリへの移行が可能です。自動ではライブラリが引き継がれないため、自分で作業をする必要があります。しかし、方法は難しくありません。

基本的な手順

今までiPhotoを使っていた状態ではじめて「写真」を利用する場合、起動するときにライブラリの引き継ぎ画面が表示されます。そして以下の手順を行えば、ライブラリデータが移行されます。

  1. 表示された画面で「はじめよう」をクリック
  2. 「ライブラリを選択」が表示されたら「iPhoto Library」を選択
  3. 「ライブラリ」を選択をクリック
  4. 次に表示される「iCloudフォトライブラリ」の画面では、iCloudフォトライブラリを利用する場合は「iCloudフォトライブラリを使用」をクリック、使わない場合は「今はしない」をクリック

以上の手順を行うと、ライブラリの移行が開始されます。
ライブラリデータの移行は画像の容量が大きいほど時間がかかります。そのため、時間に余裕があるときに行うのがおすすめです。

後から行う場合

稀にはじめて「写真」を起動するときに、iPhotoからライブラリを移行できない場合があります。「写真」の初回起動時にデータ移行ができない場合、あとからでも行えるので安心してください。 
まず以下の手順を行い、「写真」でiPhotoのライブラリを閲覧できるようにします。

  1. 「option」キーを押したまま「写真」を起動
  2. 表示される「ライブラリを選択」の画面で「iPhoto Library」を選択
  3. 「ライブラリを選択」をクリック

iPhotoライブラリアップグレーダを使う

iPhoto7以前のバージョンを利用している場合、事前にAppleが提供する「iPhotoライブラリアップグレーダ」を使ってライブラリをアップグレードしなければいけません。iPhotoライブラリアップグレーダはAppleの公式サイトからダウンロードできます。
iPhotoライブラリアップグレーダをダウンロードしたら、起動して以下の手順を行ってください。

  1. 表示画面にiPhotoのライブラリ名が記載されているのを確認
  2. 「続ける」をクリック
  3. 表示されるメッセージ画面で「Launch iPhoto」をクリック
  4. 次に表示されるメッセージで「アップグレード」をクリック

以上の手順をしておくと、先程の「基本的な手順」や「後から行う場合」の項目で説明した手順での移行が可能になります。

iPhotoライブラリから削除した写真を復元する方法

iPhotoから「写真」へのライブラリデータ移行はあまり行わない作業なので、誤ってライブラリを削除してしまう恐れがあります。もし間違えてライブラリを削除してしまった場合、データ復元ソフトを使って復旧しましょう。

ライブラリを復旧するなら、Recoveritがおすすめです。Recoveritならたったの3ステップを行うだけで、簡単にライブラリを復元できます。データ復元成功率は95%と高レベルで、安心して利用できるでしょう。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は、Recoverit で間違って消してしまった写真を復元する手順です。

ステップ1 復元場所を選択します。

MacでRecoverit を起動すると、左側のサイドバーに「HDDやデバイスから復元」が表示されます。ここでは、「場所」タブから特定のファイル・フォルダを選択することができます。

復元したいフォルダを選択

ステップ2 Macから消えたデータをスキャンします。

スキャンしたいハードディスクをクリックすれば、スキャンが始まります。

スキャンは数分かかりますが、サイズの大きいファイルが多数存在する場合、数時間かかる場合もあります。

復元されたいフォルダをスキャン

ステップ3 Macから消えたデータをプレビューして復元します。

Macのデータをスキャンした後、失われた写真があるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいパソコンのファイルにチェックを入れて、「復元する」をクリックすれば完了です!

復元したいフォルダ・ファイルをプレビュー

以上簡単な操作でMacから間違って消してしまった大事な写真が復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、Macの写真の復元だけではなく、外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試しください。

HDD復元ソフト

Recoverit - 強力な写真復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復

 

人気記事
Home > Resources > ビデオ・写真復元/修復 > 「iPhoto」のデータを「写真」に移行する方法