システムが起動しないパソコンのデータ復旧の方法のご紹介

皆さんは、システムが起動しなくなってしまったパソコンをお持ちでしょうか。 パソコンには寿命があり、どうしてもいずれは動かなくなってしまいます。そして動かなくなってしまったパソコンに大切なデータが残っている場合、復旧するのは困難な作業となります。そこでシステム起動しないパソコンから、データを取り出すことの出来るソフトとその手順を紹介します。

システム起動しないパソコンからのデータ復旧が出来るソフトの紹介

はじめに紹介するデータ復旧ソフトは、Wondershare社の 「Recoverit」 というソフトです。「Recoverit」はあらゆる外部メディアの復元に対応しています。メモリーカード、PC、HDD、フラッシュドライブ、リムーバブルメディア、デジタルカメラ、ビデオカメラなどが対象となっています。 そしてデータ復旧のあらゆる場面に対応しています。意外な操作や不適切な操作による削除、フォーマットが原因と思われる削除、その他の原因による削除などが対象です。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

現代では紙で保存することを減らす傾向があり、あらゆるものをデジタル化して保存するようになってきました。それは自宅でも職場でも同じことで、とにかく紙での保存は極力なくす方向でいます。 保管した場所が分からなくなる紙とは違い、電子データの場合だともし分からなくなっても検索すればすぐに出てくるので便利です。

しかし、電子データのデメリットとして、急にデータを見ることができなくなってしまう場合があります。パソコンにデータを保存していたものの、故障してアクセスできなくなったり、ディスクが破損してしまって使用できなくなったりします。また、パーティションが破損したことによるケースもあります。 メールにおいても同様のケースが考えられます。メールボックスのデータが消えるといったトラブルが考えられます。このようにデータは保存に便利な反面、きちんとバックアップをとっておかないとデータが消えてしまった場合に、混乱してしまうので注意する必要があります。
そこで、データをリカバリーするために何らかの施策をしなければいけないのですが、Wondershare「Recoverit」がその一例です。

Wondershare「Recoverit」を使用することで、消えていたデータがリカバリーされるのです。Wondershare 「Recoverit」の使い方はとても簡単で、パソコンが得意でない方でも容易に使える仕様になっています。次に「Recoverit」を用いたデータ復旧の手順を紹介します。

step1. 「削除したファイルの復元」を選択します。

パソコンから「Recoverit」を起動した後は、「削除したファイルの復元」を選択します。

タブを選択

step2. ファイルが格納してあった場所を選択し、画面の右下に表示されている「開始」をクリックします。

復元したいファイルの保存先を選択します。例えば、それがデスクトップにあったのか、ハードディスクにあったのか。これらの情報が全て可視化されているので、予備知識などなくても誰でも使用することができます。

スキャンを始めます

step3. 復旧しようとするファイルのスキャンが開始されます 。

デバイスをスキャン

ここでファイルが見つからなかった場合は「万能復元」をお試してください。しかし、「万能復元」を使って時間もっと長くなります。

万能復元

step4. 復元しようとするファイルを復元します。

スキャン終了後にファイルの一覧が表示されますので、復元しようとするファイルを選択し、画面の右下に表示されている「復元」ボタンをクリックします。そうすると、ファイルの保存場所を選択してからRecoveritによる復旧は完了です。

ファイルを復元

WondershareRecoveritの操作はとても簡単だということが分かると思います。データがどうしても出てこない場合は、「万能復元」というモードを選択すると出てくるかもしれません。 これは細かいところまでスキャンする為に少々時間を要しますが、隅々までスキャンすることでデータ復旧には有効な手段になります。

他のデータ復旧ソフトでワードを復旧する方法の紹介

WondershareRecoveritでもワードの復旧はできるのですが、比較のために別のソフトをご紹介します。 EaseUS Data Recovery Wizard Freeは高機能な無料のOfficeファイル復旧ソフトです。こちらのソフトで復旧手順を紹介しながら、Wondershare「Recoverit」との比較をしていきたいと思います。

・ソフトを実行してWordファイルの保存先を選択し、スキャンボタンをクリックします。

・クイックスキャンが完了した後、ディープスキャンが自動的に行います。Wordファイルを復旧するには、上の欄で紛失ファイルの種類をドキュメントと指定します。

・ソフトがすべての復元可能なファイルを表示した後、復元したいファイルを選んでリカバリーをクリックして復元します。

以上の3つの手順でワードファイルを復旧することが出来ます。 全体的に見て簡単さでは差はほとんどありません。

まとめ

今回はデータ復旧ソフトを2つ紹介しました。2つのソフトを比較すると多機能なWondershare 「Recoverit」がお勧めです。また、この他にもデータ復旧ソフトはたくさんあるので、パソコンシステム復旧を必要としないデータ復旧ソフトを探して比較してみるのもいいかもしれません。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
Home / システム復元 / システムが起動しないパソコンのデータ復旧の方法のご紹介

すべての記事

フリーで なくしたデータを復元しましょう ?