【PC】Windows10 PC/Macでスクリーンショットを撮る方法

皆さんは、Windows10 PC/Macでスクリーンショットを撮る方法が知っていますか?撮影方法には種類があるので、使いやすいと思ったツールを活用するといいでしょう。この記事は、Windows10 PC/Macでスクリーンショットを撮る手順を紹介します。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ復元可能

PCでの作業中に記録を残すためにスクリーンショットを撮りたいときがあると思います。Windows10とMacどちらのPCも、簡単にスクリーンショットの撮影が可能です。撮影方法には種類があるので、使いやすいと思ったツールを活用するといいでしょう。本ページでは、Windows10やMacでスクリーンショットを撮る方法を紹介します。


Windows10 PCでスクリーンショットを撮る

Windows10のPCでは、以下のやり方でスクリーンショットの撮影が可能です。

1.ショートカットキーで撮る
2.Windowsアプリで撮る

それぞれの方法を詳しく紹介します。

★方法①:ショートカットキーで撮る

Windows10では、ショートカットキーでスクリーンショットの撮影が可能です。
利用できるショートカットキーは以下の3種類で、それぞれで撮影できる範囲が違います。

ショートカットキー

特徴

「PrintScreen」キーを押す

デスクトップ全体を撮影

「Windows」キーと「PrintScreen」キーを押す

「ピクチャ」のフォルダへ自動保存される

「Alt」キーと「PrintScreen」キーを押す

最前面にあるウィンドウのみ撮影

画面全体を撮影したい場合は①や②を、1つのウィンドウだけ取りたいときは③を使うといいでしょう。スクリーンショット画像の保存先はやり方によって異なります。

①と③ではデータがクリップボードへ一時的に残されるため、フォルダへ保存しないとデータは記録されません。②では自動で「ピクチャ」のフォルダ内にある「スクリーンショット」のフォルダへ保存されます。

★方法②:Windowsアプリで撮る

Windows10では、標準搭載されている「Snipping Tool」を使ってスクリーンショットを撮ることもできます。
Snipping Toolは以下の手順で起動できます。

  1. スタートボタンを左クリック
  2. 「Windowsアクセサリ」を左クリック
  3. 「Snipping Tool」を左クリック

Snipping Toolが起動したら「新規作成」を左クリックして、以下の4つからスクリーンショットの撮影方法を選択します。

撮影・切り取り編集をしたスクリーンショットは、以下の手順で保存できます。

  1. ウィンドウ上部にある保存ボタンを左クリック
  2. 「名前を付けてファイルを保存」を左クリック
  3. 表示されるダイアログボックスで保存先を選択
  4. 「ファイル名」の項目で任意の名前を入力
  5. 「ファイルの種類」の項目で拡張子を選択
  6. 「保存」を左クリック

まとめ:方法①と方法②の違い

ショートカットキーは押すだけでスクリーンショットが撮影でき手軽です。しかし、用途別に入力するキーが違うので、それぞれのショートカットキーを覚える必要があります。ショートカットキーを覚えるのが面倒であれば、Snipping Toolのほうが使いやすいです。

しかし、Snipping Toolは一度アプリを起動する手間があります。手軽さを重視するか、ショートカットキーを覚える手間が気にならないかがスクリーンショットのやり方選びのポイントといえるでしょう。

Macでスクリーンショットを撮る

Macでも以下2つの方法でスクリーショットを撮影できます。

1.ショートカットキーで撮る
2.Macアプリで撮る

それぞれのやり方を詳しく解説します。

★方法①:ショートカットキーで撮る

Macでもショートカットキーを使うことで、スクリーンショットの撮影が可能です。
利用できるショートカットキーは以下の3種類で、それぞれで用途が異なります。

ショートカットキー

特徴

①shift+command+3

画面全体を撮影

②shift+command+4

指定した範囲を撮影

③「shift+command+4」を押してからSpace

任意で指定したウィンドウを撮影

画面全体を撮影したい場合は①を、特定の範囲だけ撮影したい場合は②や③を使いましょう。
どの方法も撮影したスクリーンショットは自動でデスクトップに保存されます。

★方法②:Macアプリで撮る

Macにはスクリーンショット撮影アプリが標準搭載されています。
「Shift」キーと「Command」キー、「5」キーを同時に押すとアプリが起動して、画面下部の中央にツールバーが出てきます。
ツールバーでは、以下5つの用途でスクリーンショットの撮影が可能です。

  1. 画面全体を撮影する
  2. ウィンドウを撮影する
  3. 画面の一部を撮影する
  4. 画面全体を収録する
  5. 画面の一部を収録する

「オプション」をクリックすると、タイマー設定をした撮影が行えます。
また「オプション」からはスクリーンショットの保存先指定も可能です。

まとめ:方法①と方法②の違い

Macでスクリーンショットを撮影する場合も、ショートカットキーが手軽な方法といえます。しかし、ショートカットキーでは保存先の指定ができず、デスクトップから移動する手間が生じます。撮影アプリではあらかじめ保存先の指定ができます。保存先の設定をしたいかでやり方を選ぶといいでしょう。

削除したスクリーンショットを復元する

Windows10とMacどちらのPCも、予想していないエラーが発生してスクリーンショットが削除される場合があります。エラーによって削除されたスクリーンショットはごみ箱に残ることがなく、取り戻すにはデータ復元ソフトが必要です。

スクリーンショットを復元したいときは「Recoverit」が活躍します。Recoveritは3ステップだけで復元作業ができ、難しい操作は必要ありません。対応のファイル形式は1000種類以上なので、ほぼすべての拡張子で保存したスクリーンショットを復元できます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は、「Recoverit」で削除したスクリーンショットを復元する手順です。

ステップ1 復元場所を選択

パソコンでRecoverit を起動すると、左側のサイドバーに「HDDやデバイスから復元」が表示されます。ここでは、「場所」タブから特定のファイル・フォルダを選択できます。

スキャンしたいハードディスク/フォルダをクリックすると、選択した場所をスキャンし始めます。

復元したいフォルダを選択

ステップ2 パソコンの消えたデータをスキャンします。

スキャンしたいハードディスクをクリックすれば、スキャンが始まります。
スキャンは数分かかりますが、サイズの大きいファイルが多数存在する場合、数時間かかる場合もあります。

復元されたいフォルダをスキャン

ステップ3 パソコンの消えたデータをプレビューして復元します。

パソコンのデータをスキャンした後、失われたファイル・フォルダがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいパソコンのファイルにチェックを入れて、「復元する」をクリックすれば完了です!

復元したいフォルダ・ファイルをプレビュー

以上簡単な操作でパソコンから削除してしまったスクリーンショットが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、パソコンの復元だけではなく、外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試しください。

HDD復元ソフト

Recoverit - 強力なファイル復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > ファイル復元・修復 > 【PC】Windows10 PC/Macでスクリーンショットを撮る方法