Windows10で「ディスクのエラーを確認しています」が終わらない

Windows10のPCでは、起動する際に「ディスクのエラーを確認しています」の表示が終わらない場合があります。この問題が起きるときは、Windows10のシステムか内蔵ストレージに原因があると考えられます。今回は、Windows10で「ディスクのエラーを確認しています」が終わらない原因と対処法を紹介します。

データ復元100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし データ復元 3ステップだけ復元可能
内野 博

• カテゴリ: HDD復元・復旧

Windows10のPCでは、起動する際に「ディスクのエラーを確認しています」の表示が終わらない場合があります。この問題が起きるときは、Windows10のシステムか内蔵ストレージに原因があると考えられます。

本ページでは、Windows10で「ディスクのエラーを確認しています」が終わらない原因と対処法を紹介します。


パート1: 「ディスクのエラーを確認しています」が終わらない原因

Windows10のPCで画面に「ディスクのエラーを確認しています」と表示が終わらないときは、以下の原因が考えられます。

1. 自動修復プログラムのエラー
2. Windows10のシステムファイルの破損
3. 内蔵ストレージの不具合

どれもよくある原因ですが、PCが古い場合は③が原因の可能性が高いです。そのため、最悪の場合は修理しなければいけません。①や②が原因であれば、自力で解決できる可能性があります。

パート2: 「ディスクのエラーを確認しています」が終わらない時の対処法

Windows10で「ディスクのエラーを確認しています」の表示が終わらないときは、以下の対処法が有効です。
1. Windows10の再インストール
2. システム修復ディスクからディスクチェックを行う
3. 内蔵ストレージの交換

どの方法も「ディスクのエラーを確認しています」の状態を強制的に中断させるため、PCが故障するリスクがあります。そのため、自己責任で行なってください。不安な人は、PCメーカーへ問い合わせるのが賢明です。

それぞれの対処法を詳しく解説します。

1)Windows10の再インストール

この問題が発生したときは、Windows10のシステムファイルが破損している可能性があります。そのため、Windows10を再インストールする対処法が選択肢に入ります。

しかし、Windows10を再インストールするには、あらかじめインストールディスクを作成しておかないと不可能です。インストールディスクがない場合、他の方法で対処するしかありません。

★ インストールディスクがある場合、以下の手順で再インストールが行えます。
1. PCの電源を切って動作を中断させる
2. パソコンにインストールメディアを接続
3. PCの電源を入れて、すぐメーカーが指定するキーを押す
4. BIOSの設定画面で起動デバイスにインストールディスクが入った機器を指定
5. 画面の指示に従って再インストールを行う

③から④の流れはPCによって異なるので、説明書やメーカーの公式サイトを参照してください。

2)システム修復ディスクからディスクチェックを行う

内蔵ストレージに不良セクタが発生している可能性があるので、ディスクチェックも方法の1つです。またWindows10を再インストールせずに問題を解決したい場合も、ディスクチェックは選択肢になります。

しかし、この状態でディスクチェックを行うには、システム起動ディスクが必要です。システム起動ディスクはあらかじめ作成しないと利用できません。システム修復ディスクを作成していない場合、他の方法で対処しなければいけません。

★ システム修復ディスクがあれば、以下の方法でディスクチェックが行えます。
1. PCの電源を切って動作を中断させる
2. パソコンにインストールメディアを接続
3. PCを起動するときに「F8」キーを押す
4. 表示される画面で「コマンドプロンプト」を選択
5. 表示される画面の末尾で「chkdsk」と入力
6. 「Enter」キーを押す

3)内蔵ストレージの交換

PCがあまりにも古い場合、内蔵ストレージが故障している可能性があります。そのため、内蔵ストレージを交換のうえWindows10を再インストールするのも選択肢です。

知識があれば自力で内蔵ストレージは交換できますが、自信がなければメーカーのサポートや専門業者に頼るのが無難です。

パート3: Windowsパソコンデータ復元ソフトをご紹介

Windows10のPCでは、突然エラーが発生したことで保存ファイルが消えることがあります。エラーが原因でファイルが消えるとごみ箱には残らないので、対策をしていないと復元できません。エラーはいつ起きるかわからないので、備えはやっておきたいところです。突然のファイル消去に備えるなら、「Recoverit」を用意する方法がおすすめです。

Recoveritは500万人以上のユーザーが利用するデータ復元ソフトで、たったの3ステップ操作でファイルを元通りにできます。データ復元の成功率は95%と高く、性能は申し分ありません。下記のダウンロードボタンからダウンロードして使ってみましょう。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は、「Recoverit」でWindowsパソコンから間違って消してしまったデータを復元する手順です。

ステップ1 復元場所を選択します。

パソコンでRecoverit を起動すると、左側のサイドバーに「HDDやデバイスから復元」が表示されます。ここでは、「場所」タブから特定のファイル・フォルダを選択できます。スキャンしたいフォルダをクリックすると、選択した場所をスキャンし始めます。

復元したいフォルダを選択

ステップ2 パソコンの消えたデータをスキャンします。

スキャンしたいハードディスクをクリックすれば、スキャンが始まります。
スキャンは数分かかりますが、サイズの大きいファイルが多数存在する場合、数時間かかる場合もあります。

復元されたいフォルダをスキャン

ステップ3 パソコンの消えたデータをプレビューして復元します。

パソコンのデータをスキャンした後、失われたファイル・フォルダがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいパソコンのファイルにチェックを入れて、「復元する」をクリックすれば完了です!

復元したいフォルダ・ファイルをプレビュー

以上簡単な操作でパソコンから削除してしまった大事なデータが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、パソコンの復元だけではなく、外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試しください。

HDD復元ソフト

Recoverit - 強力なパソコン復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > HDD復元・復旧 > Windows10で「ディスクのエラーを確認しています」が終わらない