MacでHDDがマウントされない時の解決策

Macで外付けHDDを利用する時にHDDをマウントしなければデータの保存ができません。その上、保存データが消去することもあります。もしHDDがマウントされなくなったらどうすればいいでしょうか。本ページでは、MacでHDDがマウントされない時の解決策を紹介します。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ復元可能
内野 博

• カテゴリ: HDD復元・復旧

Macで外付けHDDを利用するときに発生するマウントされないトラブル。HDDがマウントできないときは、物理的な問題かシステム的な問題が原因です。おすすめの対処法はデータ復元ソフトの利用ですが、Macで使える基本機能の活用も試す価値があります。物理的な問題でないかの確認もしておきましょう。本ページでは、MacでHDDがマウントされない問題の解決方法を紹介します。


HDDがマウントされないとは?

Macを使用するうえで「HDDをマウントする」という言葉は、「Macで操作してHDDにファイルを保存できる状態にする」という意味です。Macで外付けHDDを利用する場合、そのHDDをマウントしなければデータの保存ができません(ちなみに外付けHDDにデータ保存できない状態を”アンマウント”と呼びます)。Macでは何かしらの原因によって、外付けHDDをマウントできない問題が起きることがあります。考えられる原因としては、以下の3つが有力です。

もっとも可能性が高いのは、外付けHDDに発生したエラーです。例えば、外付けHDDを利用したデータの読み書き中にUSBケーブルを抜くと、HDDにエラーが発生します。Macのシステムエラーの影響で、外付けHDDでエラーが発生することもあります。またMacとHDDの接続不良が起きているパターンは珍しくありません。またMac側のシステムエラーでHDDがマウントされないこともあります。

HDDがマウントされないMacからデータを復元

Macで外付けHDDをマウントできない問題では、HDDのシステムファイルにエラーが発生している可能性が高いです。そのため、もっともおすすめの対処法はデータ復元ソフトを使ったHDDの修復になります。HDDがマウントできない場合におすすめのデータ復元ソフトはRecoveritです。

Recoveritはシステムファイルにエラーが発生したHDDの修復が行えます。復元率成功率は95%と高いので、HDDの修復で活躍するでしょう。HDDがマウントできない問題が発生すると、保存データが消去されるリスクも伴います。Recoveritを使えば、マウントされない問題によって失われたデータの復元も可能です。復元操作はたったの3ステップなので、パソコン操作に慣れていない初心者の人でも安心して利用できます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

MacでHDDがマウントされない問題を修復

Mac本体だけでHDDがマウントされない問題を修復する場合、以下の方法が有効です。

まず確認したいのは、Mac本体と外付けHDDの接続状態です。USBケーブルの差し込みが甘い、USBケーブルの故障によってマウントされない問題が起きるパターンも珍しくありません。またMacのシステムエラーが原因の可能性もあるので、本体の再起動も試すといいでしょう。Macのシステムエラーは再起動で解消できることが多いです。接続状態の確認や再起動を試しても問題が解決できない場合、Macの基本機能を使ってエラーを修復してください。

Macの基本機能を行う場合、まず以下の2ステップを行います。

  1. HDDが認識されているか確認
  2. First Aidの活用

この2ステップを行っても問題が解決しない場合、アクティビティモニタを使った対処が必要になります。

1)HDDが認識されているか確認

まず以下の手順で、Macがマウントされない外付けHDDを認識しているかチェックします。

  1. Finderのアイコンをクリック
  2. 表示されるウィンドウの左側で「アプリケーション」をクリック
  3. 「ユーティリティ」をクリック
  4. 「ディスクユーティリティ」をクリック

この手順を行ってウィンドウに外付けHDDが表示されていれば、認識はされています。認識されていない場合、HDDのメーカー公式サポートに問い合わせるのが賢明です。

2)First Aidの活用

Macが外付けHDDを認識しているのなら、以下の手順でHDDの修復をしていみましょう。

  1. ディスクユーティリティのウィンドウ上部で「First Aid」をクリック
  2. 表示されるメッセージ画面で「実行」をクリック

これでHDDを修復できればOKですが、失敗した場合は次のステップに進んでください。

3)アクティビティモニタでfsck_exfatのプロセス終了

First Aidを使ってHDDの修復ができなかった場合、以下の手順でアクティビティモニタを使った対処を行いましょう。

  1. Finderのアイコンをクリック
  2. 表示されるウィンドウの左側で「アプリケーション」をクリック
  3. 「ユーティリティ」をクリック
  4. 「アクティビティモニタ」をクリック

アクティビティモニタのウィンドウが表示されたら、右上の検索ボックスで「fsck_exfat」と入力します。この手順を行って表示された項目が、外付けHDDがマウントされない原因となるプロセスなので、以下の通りに終了させてください。

  1. 表示されているプロセスをクリックして選択
  2. ウィンドウ左上にある「×」をクリック
  3. 表示されたメッセージ画面で「終了」をクリック
  4. 次に表示されるメッセージ画面で「OK」を左クリック

これで高い確率でマウントされない問題は解決できますが、外付けHDDが読み取り専用となってしまいます。そのため、外付けHDDへのデータ保存を可能にするために、再度First Aidを使って修復を行ってください。

以下は、Recoverit で外付けHDDから間違って消してしまったデータを復元する手順です。

ステップ1 復元場所を選択します。

外付けHDDをMacに接続します。MacでRecoverit を起動すると、左側のサイドバーに「HDDやデバイスから復元」が表示されます。ここでは、「外付けデバイス」タブから復元したいHDDを選択してクリックします。

復元したいフォルダを選択

ステップ2 外付けHDDから消えたデータをスキャンします。

スキャンしたいハードディスクをクリックすれば、スキャンが始まります。
スキャンは数分かかりますが、サイズの大きいファイルが多数存在する場合、数時間かかる場合もあります。

復元されたいフォルダをスキャン

ステップ3 外付けHDDから消えたデータをプレビューして復元します。

外付けHDDのデータをスキャンした後、失われたファイル・フォルダがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいパソコンのファイルにチェックを入れて、「復元する」をクリックすれば完了です!

復元したいフォルダ・ファイルをプレビュー

以上簡単な操作で外付けHDDから消えてしまった大事なデータが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、HDDの復元だけではなく、SDカードの復元USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試しください。

HDD復元ソフト

Recoverit - 強力なHDD復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > HDD復元・復旧 > MacでHDDがマウントされない時の解決策