【Windows10】「システムで予約済みのパーティションを更新できませんでした」エラーの対策

Windows10で「システムで予約済みのパーティションを更新できませんでした」エラーが発生する時に、どうすればいいのか。ご心配なく、この記事ではご対処法を紹介します。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ復元可能

Windows10で発生する「システムで予約済みのパーティションを更新できませんでした」は、ハードドライブにあるシステム予約済みパーティションによる問題で発生します。システム予約済みパーティションの管理を行うことでエラーを解消できる可能性が高いです。

本ページでは、Windows10で「システムで予約済みのパーティションを更新できませんでした」のエラーが発生する原因と対処法を紹介します。

Part1:「システムで予約済みのパーティションを更新できませんでした」エラーが出る原因

Win10の更新で「システムで予約済みのパーティションを更新できませんでした」のエラーが出たときは、「システム予約済みパーティション」の空き容量不足が原因の可能性が高いです。

Windows10では、以下の役割をしてもらうために自動でシステム予約済みパーティションが作成されます。

Windows10のアップデートではシステム予約済みパーティションにデータが保存されます。アップデート中にシステム予約済みパーティションへのデータ保存ができないため、「システムで予約済みのパーティションを更新できませんでした」のエラーが出るわけです。

Part2: 「システムで予約済みのパーティションを更新できませんでした」エラーが出る場合の対処法

Windows10で「システムで予約済みのパーティションを更新できませんでした」のエラーが出たときは、以下の方法を試してみましょう。

Windows10がプリインストールされているパソコンでは、システム予約済みパーティションの空き容量を確保するのがおすすめです。

Windows10がプリインストールされているパソコンではない場合は、システム予約済みパーティションを削除してみましょう。

★システム予約済みパーティションの書き込みデータを削除

セキュリティソフトによるデータの書き込みで、システム予約済みパーティションの容量がなくなっている可能性があります。そのため、システム予約済みパーティションの書き込みデータを削除して空き容量を作ってみましょう。

システム予約済みパーティションの空き容量は以下の手順で確保できます。

  1. スタートボタンを左クリック
  2. 「Windowsシステムツール」を左クリック
  3. 「コマンドプロンプト」を左クリック
  4. コマンドプロンプトの画面末尾で「mountvol y: /s」と入力してEnterキーを押す
  5. コマンドプロンプトの画面末尾で「cd /D Y:\EFI\Microsoft\Boot\Fonts」と入力してEnterキーを押す
  6. コマンドプロンプトの画面末尾で「del *.* 」と入力してEnterキーを押す
  7. 「よろしいですか(Y/N)?」とされたら、画面末尾で「y」と入力してEnterキーを押す
  8. コマンドプロンプトを閉じてPCを再起動

システム予約済みパーティションの削除

システム予約済みパーティションの空き容量は、販売時点でWindows10がインストールされているパソコンでしか行えません。パソコンの購入後にWindows10をインストールしている場合、システム予約済みパーティションを削除する必要があります。システム予約済みパーティションを削除する場合、サードパーティー製のディスク管理ソフトが必要です。

システム予約済みパーティションは無料のディスク管理ソフトでも可能なので、一度ネットで探してみるといいでしょう。

豆知識:パーティションの更新で消えたデータを復元

Windows10で「システムで予約済みのパーティションを更新できませんでした」のエラーが発生すると、保存しているデータが消える可能性が出てきます。エラーを解消したあとにデータが消えていることに気づいても、Windows10の基本機能では復元することができません。

しかし、Wondershareの「Recoverit」を使うと、エラーによって消えたデータを復元できます。RecoveritはOfficeファイルや写真、動画やオーディオといった1000種類以上のファイル形式に対応しており、あらゆるデータを復元できます。データ復元ができる他にもWindows10の起動ディスクの作成が可能で、システムがクラッシュしたパソコンからでもデータを復元することができます。

また無料版も提供しているので、データが消えたときは試しに使ってみるといいでしょう。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は、「Recoverit」 で「システムで予約済みのパーティションを更新できませんでした」エラーで削除したWinファイルを復元する手順です。

ステップ1 復元場所を選択

パソコンで「Recoverit」 を起動すると、左側のサイドバーに「HDDやデバイスから復元」が表示されます。ここでは、ファイルの保存先を選択してください。

スキャンしたいハードディスクをクリックすると、選択した場所をスキャンし始めます。

復元場所を選択

ステップ2 パソコンの消えたデータをスキャンします。

スキャンしたいハードディスクをクリックすれば、スキャンが始まります。

スキャンは数分かかりますが、サイズの大きいファイルが多数存在する場合、数時間かかる場合もあります。

復元されたいデータをスキャン

ステップ3 パソコンの消えたデータをプレビューして復元します。

パソコンのデータをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいパソコンのファイルにチェックを入れて、「復元する」をクリックすれば完了です!

復元したいファイルをプレビュー

以上簡単な操作でパソコンから削除してしまった大事なデータが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、パソコンの復元だけではなく、外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試しください。

パソコン復元ソフト

Recoverit - 強力なパソコン復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > 【Windows10】「システムで予約済みのパーティションを更新できませんでした」エラーの対策