Mac重複ファイルを削除するソフトのおすすめ

重複ファイルはMacの基本機能で削除はできますが、とても手間がかかるのが難点です。本ページでは、Macで重複ファイルを削除できるソフトのおすすめを紹介します。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ復元可能

Macを使い続けていると、知らない間にファイルが重複してストレージ容量を圧迫している場合があります。 重複ファイルはMacの基本機能で削除はできますが、とても手間がかかるのが難点です。しかし、重複ファイルを削除するソフトを使うと、手間を大きく削減できます。

本ページでは、Macで重複ファイルを削除できるソフトのおすすめを紹介します。


Macの重複ファイルを削除するソフトおすすめ

効率良くMacの重複ファイルを削除したい場合、以下の5つがおすすめソフトとして挙げられます。

それぞれの製品の機能を紹介のうえ、メリットとデメリットを解説します。

ソフト1)Czkawka

Czkawkaはパソコン内で以下のファイルを検索できる無料ソフトです。

似ている写真や重複した音楽データの検索も可能で、重複ファイルを効率良く削除できるでしょう。
しかし、検索機能が豊富であるため、操作に慣れるまでは経験が必要です。操作に慣れてしまえば、ピンポイントで不要なファイルを削除できる優れものになります。
メリットとデメリットは以下の通りです。

メリット

・重複したファイル名やサイズで検索が可能
・削除したいファイルの種類を指定して検索できる
・似ている写真や動画の検知に対応

デメリット

・機能が多い反面、把握まで時間がかかる

ソフト2)CCleaner

CCleanerは定番と言われているシステムクリーナーソフトです。一時ファイルを削除するのがメインのソフトですが、重複ファイルの削除にも対応しています。

重複ファイルファインダ機能があるので、必要ない重複ファイルをすぐ見つけて削除できるのがメリットです。しかし、ソフト上でファイルのプレビューができないため、ファイル内容の確認は手間となるでしょう。

メリットとデメリットをまとめると以下の通りです。

メリット

・初心者でも使いやすい操作性
・重複ファイルファインダ機能により検知が簡単

デメリット

・ファイルのプレビューはできない

ソフト3)Duplicate File Finder

Duplicate File Finderは重複ファイルの検知率が高く、Macに接続している外付けデバイスからもデータを削除できます。またMac向けに開発されており、写真はもちろんiTunes関連の重複ファイルもなんなく発見が可能です。

メリットとデメリットをまとめると以下の通りで、Macでしか利用できない点には注意してください。

メリット

・わかりやすい設計で初心者でも使いやすい
・ワンクリックで重複ファイルを検索できる
・外付けHDDのスキャンも可能

デメリット

・Macでしか利用できない

ソフト4)AdwCleaner

AdwCleanerはスパイウェアや必要ないレジストリを削除する用途がメインのソフトです。重複ファイルの検知や削除する機能はありませんが、使われていないファイルを削除することで空き容量を確保できます。

しかし、あくまで使われていないファイルを検知するので、重複ファイルが新しい場合は検知されません。重複ファイルを1つ残らず削除したい場合、重複ファイルを検知できるソフトを使うのが望ましいです。

メリットとデメリットをまとめると以下の通りです。

メリット

・処理による負荷が軽め
・マルウェアやスパイウェアも検出する

デメリット

・重複ファイルが生成されて間もないと削除されない場合がある

ソフト5)MacKeeper

MacKeeperは操作が簡単で初心者向きのソフトといえます。操作はとてもシンプルなので、PC操作に自信がない人は検討する価値があります。しかし、フォルダの検索や削除しかできず、他のソフトと比べると検索速度が遅いのが難点です。

メリットとデメリットをまとめると以下の通りです。

メリット

・ストレージシステムをクリーニングするためのツールボックスがある
・削除した重複ファイルのセキュリティを確保できる
・ウイルスの攻撃からの保護機能もある

デメリット

・高度な機能はサブスクリプションを取得しないと利用できない
・検索や削除できるのはフォルダ単位のみ
・検索速度は遅め

Macの重複ファイルを削除する利点

Macの重複ファイルを定期的に削除するメリットは、ストレージの空き容量を確保できる点です。
Macでは知らない間に重複ファイルが生成され続け、気が付いたらストレージの空き容量が少なくなっている場合があるからです。

重複ファイルが生成される要因は以下の4つです。

  1. 写真や動画編集ソフトで利用した際の自動生成
  2. メールやメッセージでのファイル添付
  3. 間違って同一のファイルをダウンロード
  4. 間違って他の端末から同一の画像を取り込む

③と④は注意すれば防げるかもしれませんが、①と②はソフトの仕様によるものなので避けられません。そのため、定期的に重複ファイルを削除しないとストレージの空き容量がなくなるわけです。

ストレージの空き容量が少なくなると、Macの動作が重くなります。いつまでも快適にMacを使うために、重複ファイルの定期的な削除が必要なわけです。

誤って削除したファイルを復元する方法

Macで重複ファイルを削除していると、間違って必要なファイルまで消してしまう場合があります。ソフトを使ってファイルを削除するとごみ箱には残らないため、元通りにするにはデータ復元ソフトが必要です。このようなシーンでは「Recoverit」 が役に立ちます。

RecoveritはMacでも利用でき1000種類以上のファイル形式に対応しているので、あらゆる写真や動画、書類ファイルを復元できます。操作手順は3ステップだけと簡単なので、初心者の人でも戸惑うことはありません。

以下は、「Recoverit」 で間違って消してしまったファイルやフォルダを復元する手順です。

まずはRecoveritをダウンロードしてインストールします。

無料ダウンロード Mac版 無料ダウンロード Windows版

ステップ1 復元場所を選択します。

パソコンで「Recoverit」 を起動すると、左側のサイドバーに「HDDやデバイスから復元」が表示されます。ここでは、「場所」タブから特定のファイル・フォルダを選択してください。スキャンしたいフォルダをクリックすると、選択した場所をスキャンし始めます。

復元したいフォルダを選択

ステップ2 パソコンの消えたデータをスキャンします。

スキャンしたいハードディスクをクリックすれば、スキャンが始まります。
スキャンは数分かかりますが、サイズの大きいファイルが多数存在する場合、数時間かかる場合もあります。

復元されたいフォルダをスキャン

ステップ3 パソコンの消えたデータをプレビューして復元します。

パソコンのデータをスキャンした後、失われたファイル・フォルダがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいパソコンのファイルにチェックを入れて、「復元する」をクリックすれば完了です!

復元したいフォルダ・ファイルをプレビュー

以上簡単な操作でパソコンから削除してしまった大事なデータが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、パソコンの復元だけではなく、外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試しください。

HDD復元ソフト

Recoverit - 強力なMac復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > ファイル復元・修復 > Mac重複ファイルを削除するソフトのおすすめ