「Non System Disk or Disk Error」が出た時の
3つの修復方法

Windowsのパソコンを起動して起きる「Non System Disk or Disk Error」というエラーが出た。この場合、どうすればいいですか。本ページでは、「Non System Disk or Disk Error」というエラーが出る原因と対処法を紹介します。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ復元可能
内野 博

• カテゴリ: HDD復元・復旧

Windowsのパソコンを起動して起きる「Non System Disk or Disk Error」というエラー。このエラーが発生したときは、ストレージとの接触やシステム詳細設定、ブート構成ファイルが原因です。考えられる原因は少ないので、試すべき対処法はそれほど多くはありません。本ページでは、「Non System Disk or Disk Error」が発生する原因と修復方法を紹介します。


「Non System Disk or Disk Error」エラーが出る原因

「Non System Disk or Disk Error」は「システムディスクがない、またはディスクにエラーが発生している」ということを意味する言葉です。そのため、このエラーが発生したときは以下の原因が考えられます。

ありがちな原因は内蔵HDD、SSDの接触不良です。「Non System Disk or Disk Error」というエラーは、主にOSがインストールされているハードディスクが認識されないときに起きるからです。
Windowsの起動に関わるBIOS設定の起動順序に誤りがあったり、ブート構成ファイルが破損しているといったパターンもあります。

「Non System Disk or Disk Error」エラーを修復する3つの方法

先ほど挙げた原因を踏まえると、「Non System Disk or Disk Error」が発生したときは以下の方法で対処する必要があります。

  1. HDD、SSDの接続状態をチェック
  2. BIOSの起動順序の変更
  3. ブート構成ファイルの修復

それぞれの対処法を詳しく解説します。

1)HDD、SSDの接続状態をチェック

「Non System Disk or Disk Error」というエラーが発生したときは、まず内蔵HDD・SSDの接続状態をチェックしましょう。

内蔵HDD・SSDとマザーボードを繋ぐSATAケーブルの差し込みが甘かったり、ケーブルが故障しているといった問題が起きているかもしれません。そのため、SATAケーブルの差し直し、交換といった方法が有効です。

自分でチェックを行う自信がない場合はパソコンのメーカーサポートや専門業者に頼んで、知識のある人にやってもらいましょう。

2)BIOSの起動順序の変更

BIOS設定が原因だとすると、起動順序に間違いがあると考えられるので変更しなければいけません。

パソコンを起動する場合、Windowsがインストールされているハードドライブを最初に起動しなければいけません。ハードドライブ以外のデバイスが上位にあると、エラーが発生する原因になります。

BIOSでの起動順序の設定は以下の手順で可能です。

  1. BIOS画面を起動する
  2. 「Boot」を選択
  3. Hard Driveを一番上にする
  4. F10キーを押す

BIOS画面はパソコンを起動した際、メーカーロゴが表示されたときに指定のファンクションキーを押すと表示されます。
指定のファンクションキーはメーカーごとに違うので、取扱説明書やメーカー公式サイトのヘルプページで確認してください。

3)ブート構成ファイルの修復

Windows回復環境を利用して、ブート構成ファイルの修復を行うのも1つの方法です。

「Non System Disk or Disk Error」が発生する状況では、Windows10の起動に複数回続けて失敗するとWindows回復環境が起動します(回復メディアを使って起動することも可能です)。

Windows回復環境が起動したら、以下の手順でブート構成ファイルの修復を行ってください。

  1. 「トラブルシューティング」左クリック
  2. 「詳細オプション」を左クリック
  3. 「コマンドプロンプト」を左クリック
  4. 画面末尾に「bootrec /FixMbr」と入力して、Enterキーを押す
  5. 画面末尾に「bootrec /fixboot」と入力して、Enterキーを押す
  6. 画面末尾に「bootrec /RebuildBcd」と入力して、Enterキーを押す

エラーの修復で消えてしまったデータを復元

Windows10のパソコンで「Non System Disk or Disk Error」というエラーが起きると、対処して改善できても保存データが消える可能性が生じます。最悪の場合、Windows10のシステム修復ディスクを使って、パソコンをリカバリして対処しなければいけません。この方法で対処すると、すべてのデータを失います。そのため、「Non System Disk or Disk Error」というエラーが発生したら、データを復元する準備をしておきましょう。

データ復元をするなら「Recoverit(リカバリット)」を活用をおすすめします。Recoveritは15年以上データ復元技術を研究するWondershareが手がけたデータ復元ソフトです。500万人以上のユーザーから利用されるほど評価が高く、データ復元成功率が95%であることが人気の理由です。復元手順が3ステップと簡単で初心者でも使いやすい点も、愛用されるポイントといえます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は、「Recoverit」 で故障したHDDから消えてしまったファイルを復元する手順です。

ステップ1 復元場所を選択します。

パソコンで「Recoverit」を起動すると、左側のサイドバーに「HDDやデバイスから復元」が表示されます。ここでは、「HDD」タブから復元したいHDDを選択してクリックします。

復元したいHDDを選択

ステップ2 HDDから消えたファイルをスキャンします。

スキャンしたいHDDをクリックすれば、スキャンが始まります。
スキャンは数分かかりますが、サイズの大きいファイルが多数存在する場合、数時間かかる場合もあります。

復元されたいHDDのファイルをスキャン

ステップ3 HDDから消えたファイルをプレビューして復元します。

パソコンのデータをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいファイルにチェックを入れて、「復元する」をクリックすれば完了です!

復元したいファイルをプレビューして保存

以上簡単な操作でHDDから消えた大事なファイルが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、HDDの復元だけではなく、SDカードの復元USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試しください。

HDD復元ソフト

Recoverit - 強力なHDD復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > HDD復元・復旧 > 「Non System Disk or Disk Error」が出た時の
3つの修復方法