ワード/wordの読み取り専用を設定・解除する方法

ワードファイルが読み取り専用状態となった?!編集できない?!ご安心、本文ではその解除方法を詳しくご紹介!その上、消えたワードファイルの簡単な復元方法もご紹介します。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップだけ復元可能

はじめに

Wordの読み取り専用ってどんなものかご存知ですか?本記事では読み取り専用についての説明と、設定と解除の仕方について述べていきます。理解が深まる一助となれれば幸いです。

Part1:ワードの読み取り専用の必要性と設定する方法

Wordでファイルを開いたら読み取り専用モードになっていたなんてことはありませんか?この読み取り専用モードというのはWordやExcel、パワーポイントなどで見られ、ファイルが勝手に編集されないようにして保護することができるというものです。

複数人で共有しているファイルなどがあれば、読み取り専用モードをつけることで編集できる人と読むだけの人に分けることができます。読み取り専用モードでしたら閲覧していても編集人の邪魔にはならないので便利な機能です。

それでは設定方法を二つ説明させていただきます。

★読み取り専用を推奨する

  1. 対象となるWordファイルを「名前を付けて保存」する画面を開く
  2. ツール → 全般オプションの順に選択
  3. 「読み取り専用を推奨する」にチェックをつけ、「OK」をクリック
  4. そのまま「保存」を選択

以上で設定が可能です。こちらはファイルを開くときにダイアログが表示され、読み取り専用モードにするか編集をするか選べるようになるものです。誰にも編集されたくない、という場合でしたらもう一つの設定方法を試してください。

★読み取り専用に設定

  1. 対象となるWordファイルを「名前を付けて保存」する画面を開く
  2. ツール → 全般オプションの順に選択
  3. 「書き込みパスワード」の右側のボックスにパスワードを入力、「OK」をクリック
  4. そのまま「保存」を選択

以上で設定が終わります。この設定はファイルを開くときにパスワードを要求され、パスワードを知らない方は勝手に内容を書き換えることができなくなります。

Part2:ワードの読み取り専用を解除する方法

それでは今度は解除する方法を述べていきます。

★読み取り専用を推奨するを解除する

  1. 対象となるWordファイルを「名前を付けて保存」する画面を開きます。
  2. ツール → 全般オプションの順に選択
  3. 「読み取り専用を推奨する」にチェックをはずし、「OK」をクリック
  4. そのまま「保存」を選択

以上で設定が可能です。

★読み取り専用を解除

  1. 編集したいファイルを右クリック、 プロパティ を選択。
  2. 全般タブ内の 「属性」 にある 「読み取り専用」 に入っているチェックを外し、[OK] を選択

以上で設定は終わりです。こちらですと一つずつのファイルしかできませんので、複数まとめて解除する方法を説明します。

★全てのファイルの読み取り専用を一括解除

  1. 編集したいファイルを右クリック、 プロパティ を選択。
  2. 全般タブ内の 「属性」 にある 「読み取り専用」 に入っているチェックを外し、[OK] を選択
  3. 「属性変更の確認」 が表示されたなら、[変更をこのフォルダ、サブフォルダおよびファイルに適用する] を選択、[OK] をクリック

この方法なら全てのファイルの読み取り専用が解除されます。

一通り解除方法を述べてまいりましたが、実はこれだけでは解除できないこともあります。例えば自分では設定していないはずなのに、ファイルを開いたら読み取り専用モードになっていた、なんてことはありませんか?このような場合に主な原因として考えられるものは下記となります。

深刻な論理障害などではなく、これらのようなささやかなことが原因で起こることが多い問題です。原因は多岐にわたりますが特定できれば直すことは簡単ですので、思い当たるものがありましたら確認していきましょう。

豆知識:万が一ワードファイルが消えたらーデータ復元ソフトRecoveritで復元する

せっかく作ったWordファイルが消えてしまった場合、1から新しく作り直すのは大変ですよね。こちらではデータ復元ソフト「Recoverit」 でWordファイルを復元することをおすすめします。「Recoverit」は2003年に発売されてからアップデートを繰り返し続けられてきた高い評価を得ているデータ復元ソフトです。

数ステップでの操作で復元を可能としており、無料版もありますのでお手軽にご利用になれます。デバイスや復元させるファイルの形式はほぼ全てのものに対応していますので、安心してお使いください。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は、「Recoverit」でパソコンから消えたワードファイルを復元する手順です。

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、消えてしまったデータの元保存場所を選択します。

パソコンで「Recoverit」を起動してから、消えたファイルの元場所を選択します。ここでは、「HDD」タブでハードディスクを選択するか、[場所]タブでデスクトップを選択してください。「開始」をクリックして、選択した場所をスキャンし始めます。

消えたワードファイルの保存先を選択

ステップ2 パソコンの消えたデータをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、パソコンから消えたデータをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

復元されたいデータをスキャン

ステップ3 パソコンの消えたデータをプレビューして復元します。

パソコンのデータをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいパソコンのファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

ワードファイルを復元

以上簡単な操作でパソコンから消えてしまった大事なデータが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、パソコンの復元だけではなく、外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試してください。

ワードファイル復元ソフト

Recoverit - 強力なパソコン復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > ファイル復元 > ワード/wordの読み取り専用を設定・解除する方法