WinPEとは?WinPEを作成する方法

WinPE作成の事前準備とWinPE/ISOファイル作成する方法

1、WinPEとは

Windows PEとは、windows osをパソコンにインストールするときに、最初にパソコンにインストールして、osのインストールを補佐するソフトです。この最初の補佐する部分だけを取り出して、起動しなくなったパソコンからデータを取り出そうというものです。WinPEはWindows XPのときから出てきました。

もともとは企業向けに作成できるもので一般向けには公開されていませんでした。Windows AIKを使うようになってから一般向けにも公開されるようになってきました。一般向けに広まるようになったのが、Windows7が出てきてからです。GUIで作業ができるようになり、徐々に一般向けユーザーにも認知されるようになってきました。

2、WinPE作成の事前準備

今回は32ビット版のWindows OSのWinPEを作成するための手順を説明します。

WinPEを作成するためにはWindows AIKを利用します。

Windows AIKに「属しているPE Toolコマンドプロンプトを起動します。

コマンドプロンプト内で、copype x86 C:\Temp\winPEを実行してイメージファイルの保存領域を確保します。

次にimagex /mountrw C:\Temp\winPE\ISO\sources\boot.wim 1 C:\Temp\winPE\mountを実行して、WIMイメージからWindowsPEのイメージを展開します。

便利で効率的な方法を求める場合、ツールの利用も選択の一つです。例えば、「Recoverit」はシステムがクラッシュして起動しない時でも、なくした・読み込めできないデータを復元できます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

3、WinPEを作成する方法

WinPEを作成するためにオプション機能の追加を行っていきます。

peimg /install=winpe-scripting-package C:\Temp\winPE\mountコマンドを実行することでWindowsPEにパッケージの追加と削除を行っていきます。

オプションにどんな機能があるかを調べるには、peimg /list C:\Temp\winPE\mountを実行します。

ImageXを追加するには、copy /y “C:\Program Files\Windows AIK\Tools\x86\imagex.exe” “C:\Temp\winPE\mount\Windows\System32\imagex.exeを実行します。

パッケージには下記のものが利用できます。

WinPE-HTA-Package―>HTML Application support

WinPE-MDAC-Package―>Microsoft Data Access Component support

WinPE-Scripting-Package―>Windows Script Host support

WinPE-SRT-Package―>Windows Recovery Environment component

WinPE-XML-Package―>Microsoft XML (MSMXL) Parser support

となります。

4、コミットを行いISOファイルを作成する方法

4.1 ISOファイルを作成する

準備が整ったところでWinPE起動ディスクを作成します。

作業内容をコミットするためには、imagex /unmount /commit C:\Temp\winPE\mountコマンドを実行します。

イメージファイルを作成するには、oscdimg -n -bC:\Temp\winPE\etfsboot.com C:\Temp\winPE\ISO C:\Temp\winPE\WindowsPE.isoコマンドを実行するとできます。

実行後にISOイメージファイルが作成されます。

イメージファイルを確認して、正常に作成されているかどうかを確認します。

ISOイメージファイルが作成できます。

ディスクを作成する。

4.2 Windows7の機能でISOファイルをディスクに作成するときの注意点

Windows7の機能でディスクイメージの書き込む機能が備わっています。

ディスクイメージを利用するとより高度な複製ができます。

インストール可能なディスクには特別な設定がされています。

単純インコピーをするだけでは起動しません。

それを可能にしたのがディスクイメージを複製することです。

ディスクイメージを複製すると起動ディスクとして利用できます。

4.3 ディスクイメージファイルの作成

ディスクイメージファイルを作成するには、マウスの右クリックをして「ディスクイメージの書き込み」をクリックします。

ディスクイメージの書き込みツールが起動されます。

書き込み用のディスクを差し込んでいても認識されないこともあります。

その場合は、ディスクをもう一度差し込んでみるとうまく動作することもあります。

ディスクがうまく差し込まれていない時か、ディスクに空き領域が不足しているときにもこの表示は出てきます。

空き領域が不足している場合は、空のディスクを差し込んで「書き込み」を実行するとうまく動作します。

ディスクの書き込みが正常に完了すると、ディスクイメージはディスクに書き込まれましたと表示されます。

これでディスクイメージファイルを正常に作成できたことになります。

エラーコード:0XC0AA0301と表示された場合は書き込みが失敗したことになり、次のことを確認しましょう。

5、「Recoverit」でシステムクラッシュで消えたデータを復元する

ステップ 1. 「クラッシュしたパソコンからデータを復元」機能を選択します。

「クラッシュしたパソコンからデータを復元」機能を選択

ステップ 2. 起動メディアを作成します。

Recoveritはブート可能なメディアを作ってクラッシュしたシステムからデータを抜き取ることができます。Windowsシステムが起動しない場合起動可能なドライブを作ってデータを復元できます。ひとつのモードを選択してブート可能なドライブを作成してください。起動可能なUSBあるいはCD/DVDドライブを選択して、「作成」ボタンをクリックしてスタートします。

起動可能ドライブを選択

起動可能なドライブを作成中、USBフラッシュあるいはCD/DVDを取り出さないでください。完了まですこし時間がかかります。

ステップ 3.起動可能なUSBが作成しました。

USBフラッシュドライブあるいはCD/DVDドライブを作成した後、データ復元に関するガイドが届きます。

起動可能なUSBが作成しました

ファイル復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

  • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

  • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元
人気記事
Home / パソコン起動しない復元 / WinPEとは?WinPEを作成する方法

すべての記事