Windowsのデータを復元・復旧させる方法とは

Windowsはマイクロソフト社が開発・販売しているパソコン用OSです。それを使っている人が多いと思われます。お使いのWindowsからデータを損失したケースがしょっちゅう発生します。実は、Windowsデータ損失にはいくつか考えられます。

データの紛失には、システム的な原因やハードウエアの不具合による原因、そしてウイルスなどの外的な原因でデータの喪失やシステムの損失などがあります。システムのアップグレードを原因でドライバーなどが標準に戻ってしまって、システムの動作がおかしくなることがあります。その影響でファイルが無くなったり、フォルダ事消えたりと折角作成したりして置いたデータを損失してしまうことがあります。

この場合は、システム上に問題があるので、ドライバーなど最新版に更新をしてからデータの復旧を行わなければいけません。

Windowsシステムデータ復元する一般方法の紹介

まずは、Windowsシステムを使ってデータ復元する方法を紹介します。windowsの標準機能で紛失したシステムデータを復元するには、事前にシステムのバックアップを取っておいてから、復元処理を行う必要があります。

復元ポイントを作る方法があります。現時点のパソコンの状態をバックアップする方法で、スタートボタンをクリックして[コントロール パネル]―>[システムとメンテナンス]―>[システム]の順番で選択していきます。すると、「システムの保護」があるので選択して「作成」をクリックします。 現時点でのパソコンの状態をバックアップしてくれます。

パソコンの異常が発生して正常動作に戻したい場合は、システムの保護で作成しておいたバックアップデータを復元することで、バックアップした時点に戻ります。 スタートボタンをクリックして、[コントロール パネル]―>[システムとメンテナンス]―>[バックアップと復元]をクリックします。

自分だけのファイルを復元するには「ファイルの復元」を選択して、すべてのユーザーのデータを復元するには「すべてのユーザーのファイルを復元」を選びます。 Windowsが正常に動作している時だとできますが、うまく動作していない場合は別の方法を考えなければいけません。

Wonderahare Recoveritを使ってWindowsのデータを復元・復旧する方法

しかし、ハードウエアの異常によりデータを紛失してしまった場合は、osの復元機能だけではうまく復旧できないことがあるので、別途データ復元ソフトを使って復旧する必要があります。ここではWonderahare社のデータ復元専用ソフト「Recoverit」を紹介させていただきます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

Wonderahare Recoveritを使ってWindowsのデータを復元する手順

ステップ1.データ復元モードを選択します。

Wonderahare 「Recoverit」を起動したらメニューウィンドウが表示されます。メニューには「削除したファイルの復元」「ごみ箱復元」「フォーマットデータ復元」「パーティション復元」「外付けデバイスの復元」「ウイルスで消えたデータの復元」「システムクラッシュ後の紛失データの復元」「万能復元」が表示されるので、今回はハードディスクで紹介します。

表示されたメニューの「システムクラッシュで消えたデータの復元」を選択してサブウインドウを表示します。

復元モード

ステップ2.windowsが起動しない場合の修復ディスクを作成します。

システムクラッシュ後の紛失データの復元の画面を表示して、修復用のデバイスの選択表示がされます。修復ディスクを事前に作成しておくことで、パソコンが起動しなくなったときに対処できます。

ディスク修復

作成可能デバイスにはDVD・CD・USBなどを選択できます。指定できるデバイスに、今回はCD/DVDを選択してから修復ディスクの作成を行います。 空のCD/DVDディスクを挿入して作成をするようにします。

ディスク作成

修復ディスクの作成デバイスを選択して「作成」ボタンをクリックすると修復ディスクの作成を開始します。修復ディスクの作成は全て自動で作成してくれて、上から順番に「ファームウェアをダウンロードする」・「USB/CD/DVDをフォーマットする」・「起動可能なドライブを作成」の順番で作業を行います。

作業開始

デバイスはどれにするかを指定して、作業が完了するまで数分程度待ちます。全ての作業が終わると、DVD/CDの場合はトレイが開いて完了となります。 あとは、DVD/CDを抜き取れば完成です。終了ウインドウには、「起動可能なCD/DVDが作成できました」表示されます。

作業完了

ステップ3.修復ディスクでなくしたデータを復元します。

修復ディスクを使うと起動しないwindows os上データを復元できます。修復ディスクはwindows osが起動しなくなる前に作っておかなければ、うまく作成することもできません。

まとめ

windowsが正常に起動しているときに、修復ディスクを作成することが前提となります。Wonderahare 「Recoverit」を使ってWindowsが起動する前に「システムクラッシュ後の紛失データの復元」の作成作業を行う必要があります。

これさえ行っておけば、windowsが起動しなくなった時でもシステムデータの復元は可能で、データを消失してしまう必要もありません。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / Windows復元 / Windowsのデータを復元・復旧させる方法とは

すべての記事

フリーで なくしたデータを復元しましょう ?