Windows10が起動しない?対処方法は?データ復元するには?

Windows10が起動しない場合の対処方法

現在は多くのパソコンは基本ソフトとしてWindows10を使用しています。Windows10は以前のバージョンと比べてシステムが安定していますが、ある日突然起動しなくなってしまうというトラブルが生じることがあります。USBメモリや光学ドライブを挿入した状態だと内蔵ディスクのシステムファイルがロードされないので、メディアを外してから再起動を試みることができます。

外部メディアを取り外して再起動を試みてもWindows10が起動しない場合はトラブルの原因を調べてからシステムを回復させる必要があります。OSが起動しない原因がハードディスクや電源装置などのハードウェアの不調であれば修理を依頼してパーツを交換するかパソコン本体を買い替えなければなりません。

ハードウェアが正常であるにもかかわらずシステムの起動に失敗する場合はソフトウェアの問題なので、修復が可能な場合があります。マイクロソフト社によって配布されて自動的にインストールされる更新プログラムやセキュリティ対策ソフトなどのアプリケーションソフトに問題があるケースやWindows10のシステムファイルの一部が破損している場合には、トラブルが発生する以前の状態に復元させることで問題を解決することができます。

起動しないWindows10のシステムを復元させる方法の紹介

ソフトウェアに何らかの問題がある場合には、正常に起動していた以前の状態に戻す作業を行います。USBメモリなどを使用して作成した起動ドライブを利用する方法と、セーフモードでシステムを起動して修復する方法があります。

●起動ドライブを利用して再起動する方法:作成しておいた起動ドライブ(メディア)を挿入して電源ボタンを押すと、メディアのシステムファイルを読み込んでOSが起動します。

●セーフモードでシステムを起動させる方法:セーフモードで起動させて修復作業を始める方法もあります。Windows10では連続して2回起動に失敗すると自動的に3回目にセーフモードに切り替わるようになっています。電源を入れて起動に失敗したら電源ボタンを長押しして強制的にシャットダウンさせて再起動させるという操作を2回繰り返してセーフモードに切り替えさせます。

起動ドライブまたはセーフモードでシステムが起動したらスタートアップ設定画面に進んでメニューを開きましょう。スタートアップ設定の画面ではいくつかのオプションが表示され、リカバリメディアまたはハードディスク内のデータを利用して初期状態に戻す・システムの復元・スタートアップ修復のいずれかの方法を選択することができます。

セキュリティソフトなどユーザーがインストールしたソフトが原因であれば「スタートアップ修復」を選択して、問題を起こしたと思われるプログラムをアンインストールします。セキュリティ更新プログラムに問題がある場合には「システムの復元」に進んで復元ポイントの作成日時を選択すると更新前の状態に復元させることができます。

システムファイルが破損している場合には「初期状態に戻す」を選択して修復を試みます。初期状態に戻す際にユーザーが作成したデータを消去しないでシステムファイルだけを初期の状態に回復させるか、ディスク全体を初期化(フォーマット)して工場出荷時の状態に戻すかを選択できます。システムファイルの破損が軽微であればシステム領域だけを復元させることができます。
もしもシステムファイルが大きく破損していた場合はディスク全体をフォーマットしなければならないため、ユーザーが保存したデータが全て失われてしまいます。

Windows10が起動しない

ディスクをフォーマットしなければならない場合の対処方法

システムファイルが大きく破損してしまった場合にはディスク全体をフォーマットして購入時の状態に戻さなければなりません。フォーマットをすると保存されていたファイルが全て失われてしまうので、作業の前に大切なデータを別のメディアに避難させておく必要があります。

Windowsが起動できなくなった場合に備えてファイルを別のメディアにコピーさせための「再起動用ドライブ」が作成できる市販のソフトがあるので、システム全体を初期化しなければならなくなった時に活用することができます。

起動しないWindows10からデータを復元

Wondershare「Recoverit」を利用すると、起動用ディスクを作成しておけば、起動しないWindows10からデータを簡単に復元することができます。

詳しい操作方法をご覧ください。

ステップ1.システムクラッシュで消えたデータの復元」モードを選択します。

「Wondershare Recoverit」を起動したらメニューウィンドウが表示されます。

Wondershare 「Recoverit」ソフトには、windows osが起動しなくなった時でも見られなくなったデータを復元するための機能があります。

Windows osの起動ディスクを作成するもので、これさえあればwindows osに問題があったときでも作成したデータの復元は可能となります。

メニューには「削除したファイルの復元」「ごみ箱復元」「フォーマットデータ復元」「パーティション復元」「外付けデバイスの復元」「ウィルスで消えたデータの復元」「システムクラッシュ後の紛失データの復元」「万能復元」が表示されるので、今回は「システムクラッシュ後の紛失データの復元」モードを選択します。

復元モード

ステップ2.windowsが起動しない場合の修復ディスクを作成します。

システムクラッシュ後の紛失データの復元の画面を表示して、修復用のデバイスの選択表示がされます。修復ディスクを事前に作成しておくことで、パソコンが起動しなくなったときに対処できます。

ディスク修復

表示されてデバイスにはDVD・CD・USBなどを選択できます。 指定できるデバイスに、今回はCD/DVDを選択してから修復ディスクの作成を行います。 空のCD/DVDディスクを挿入して作成します。

ディスク作成

修復ディスクの作成デバイスを選択して「作成」ボタンをクリックすると、修復ディスクの作成を開始します。 修復ディスクの作成は全て自動で作成してくれて、表示された作成手順は上から順番に「ファームウェアをダウンロードする」・「USB/CD/DVDをフォーマットする」・「起動可能なドライブを作成」の順番で作業を行います。

作業開始

デバイスはどれにするかを指定して、作業が完了するまで数分程度待ちます。 全ての作業が終わると、完了となり、DVD/CDの場合はトレイが開いて完了となります。 あとは、DVD/CDを抜き取れば完成です。 終了ウインドウには、「起動可能なCD/DVDが作成できました」表示されます。

作業完了

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / Windows復元 / Windows10が起動しない?対処方法は?データ復元するには?

すべての記事

フリーで なくしたデータを復元しましょう ?