「stop 0x0000007e」ブルースクリーンエラーへの対処方法

「stop 0x0000007e」エラーが発生してしまったら、どのような対応しますか。本記事では0x0000007eの原因と対処方法とエラーで消えたデータの復元方法をご紹介!

ブルースクリーンエラーが発生するとエラーの内容に応じた対応をしなければなりません。「stop 0x0000007e」のストップエラーが発生してしまったときにはどのような対処方法があるのでしょうか。この記事では0x0000007eの原因と対処方法について解説します。このようなトラブルが起こったときに役に立つデータ復元ソフトも紹介するので参考にして下さい。

パート1:「stop 0x0000007e」エラーの発生原因

コード0x0000007eのストップエラーは「SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED」と呼ばれるもので、OSの動作についてエラーハンドラーによって捕捉できなかった致命的なものがあったときに発生します。特にシステムの動作に関わるデバイスのドライバが認識できなかったときやシステムファイルにアクセスできなかったとき、GPUの過剰な使用によって不具合が生じたときに起こりやすいのが特徴です。

0x7eと略されることも多く、OSをアップグレードしたときにもよく起こることが知られています。OS自体には問題はないものの、ドライバやファイルなどの互換性が問題になっているのが典型例で、win7からwindows10へのアップグレードではしばしば発生しているエラーです。

パート2:ブルースクリーンエラー0x0000007eへの対処方法

0x0000007eによるブルースクリーンエラーが発生したときにはどのような形で対処したら良いのでしょうか。

①.ドライバを最新のものにする

OSのアップグレードをしてから0x0000007eのエラーが発生するようになったという場合には、システムやデバイスのドライバが新しいOSに合っていないのが原因の可能性があります。また、新しいデバイスを入れたときにもそのデバイスのドライバが現在のOSに対応していないことがあるでしょう。このようなときにはドライバを最新のものにすれば解決します。ただし、新しいデバイスを入れた場合には現在使用しているOSに対応しているドライバを探してインストールする必要があるので注意しましょう。

②.ドライバを元のバージョンに戻す

デバイスのドライバを更新してからブルースクリーンエラーが発生するようになった場合には、ドライバを元のバージョンに戻してみましょう。0x0000007eは互換性がないドライバだったときによく起こるので、最近更新したドライバを一通り元に戻してみるのが良い方法です。メーカーサイトでは最新のドライバしかダウンロードできないこともあります。しかし、互換性などの問題で不具合が報告されると古いバージョンのドライバもダウンロードできることが多くなっています。

③.フォーマットしてOSをインストールする

どこが原因なのかがわからないときにはハードディスクをフォーマットしてしまい、OSをインストールし直せば問題がなくなるでしょう。データのバックアップを取ってから行わないと全てのデータが失われるので注意が必要な方法です。

④.ウイルス感染やマルウェア感染を疑って対処する

0x0000007eはウイルス感染やマルウェア感染でも起こり得ることが知られています。ウイルス対策ソフトでスキャンをしてみて感染がないかを調べてみましょう。検疫するには費用がかかる場合が多いですが、スキャンだけなら無料ソフトでも簡単にできます。

パート3:0x0000007eエラーで紛失したデータを回復するなら「Recoverit」

0x0000007eエラーが発生したときにはデータを紛失してしまうこともあります。OSのインストールをする前にバックアップを取り忘れたというのが典型例ですが、ハードディスク内のデータは完全に削除されているとは限りません。データ復元ソフトのRecoveritを使って復旧を試みてみましょう。

Recoveritは手軽に使えるデータ復元ソフトとして定評があります。無料版と三種類の有料版があり、有料版になるとデータやファイルの復元ができるようになります。無料版でもハードディスクの中をスキャンして復元できるデータがあるかどうかを確認することが可能です。データがなくなって困ってしまったならRecoveritをインストールして回復できるかを調べてみましょう。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、0x0000007eエラーで消えたファイルの元保存場所を選択します。

「Recoverit」を起動してから、0x0000007eエラーで消えたファイルの元場所を選択します。「開始」をクリックします。

0x0000007eエラーで消えたファイルの保存先を選択

ステップ2 0x0000007eエラーで消えたファイルをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、0x0000007eエラーで消えたファイルをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

0x0000007eエラーで消えたファイルをスキャン

ステップ3 0x0000007eエラーで消えたファイルをプレビューして復元します。

0x0000007eエラーで消えたファイルをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

0x0000007eエラーで消えたファイルを復元

以上簡単な操作で0x0000007eエラーで消えたファイルが復元・復旧できます。
大事なデータを失くした場合、失ったデータの形式にかかわらず、「Recoverit」で復元してみましょう。

強力的なデータ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > 「stop 0x0000007e」ブルースクリーンエラーへの対処方法