RunDLLエラーで「指定されたモジュールが見つかりません」の発生原因と修復方法

RunDLLエラーで行方不明になったファイルなどを簡単に復元する方法として、専用のデータ復元・復旧・復活ソフトRecoveritで復元する方法を紹介します。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ復元可能

はじめに

Windows10のパソコンの起動時や操作中に、RunDLL「指定されたモジュールが見つかりません」エラーが表示されたら、どうすればよいのでしょう?今回はRunDLL「指定されたモジュールが見つかりません」の発生原因や修復方法をご紹介していましょう。

Part1: RunDLLエラーとは

RunDLLエラー=「指定されたモジュールが見つかりません」というエラーはWindows10のスタートアップに、指定しているアプリやプログラムが見つからないことで生じるエラーメッセージです。Windows10では、起動時にバックアップで起動するアプリを指定する事が可能です。ところが、指定のアプリをアンインストールした場合でも、タスクスケジューラのスタートアップアプリの一覧からは削除されません。

すると、タスクスケジューラではアプリを起動したくても、そのアプリが見つからないので「指定されたモジュールが見つかりません」のエラーになってしまうのです。このエラーが起きたとしても、パソコンの起動や動作、アプリ利用に支障をきたすわけではありません。でも、パソコン起動時のたびに起こると、なんとかエラーを解消したいものです。

パソコンのメーカーや機種によっては、アプリがプレインストールされている場合も多く、必要ないアプリはパソコンからアンインストールする事をおすすめします。万が一、特定のアプリが、タスクスケジューラ―でスタートアップに設定してあった場合には、それが盲点となり、タスクスケジューラから削除するところまでは気が付きません。次の項目で、RunDLLエラー「指定されたモジュールが見つかりません」の対処方法をご参考ください。

Part2: RunDLLエラーで「指定されたモジュールが見つかりません」を修復する方法

RunDLLエラーがパソコン起動時に毎回表示されると、パソコンユーザーとしては気がかりなので、「指定されたモジュールが見つかりません」エラーを修復する方法をご紹介しましょう。

《アプリをスタートアップから削除》

   (※デバイスの変更の許可が求められるので許可を出せば、タスクスケジューラが起動します)

《アプリのスタートアップを無効にする》

Part3:RunDLLエラーで消えたデータを復元する方法

RunDLLエラーで消えてしまったパソコン上のデータや、行方不明になったファイルなどを簡単に復元する方法として便利なソフト「データ復元ソフトRecoverit(リカバリット)」をおすすめします。Dell、IBM、HP、東芝、Sonyなどのコンピューターのオペレーティングシステムやメーカーを問わず、コンピューターまたはラップトップで失われたデータを復元できます。【Wondershare Recoverit】データ復元ソフトは、Windowsパソコンから失われたファイルと削除されたファイルを3ステップと数分で復元可能です。

また、ファイルシステム(FAT16、FAT32、exFAT、NTFS、HFS、APFSなど)に関係なく、USBフラッシュドライブ、ペンドライブ、サムドライブ、フラッシュメモリスティックでのデータが復元できます。「Recoverit」は検出されたデータを復元する前にプレビューが可能で、 Macでは15 MB未満の容量のデータを、その他のPCでは、30 MB未満のさまざまな種類と形式のデータのプレビューができます。

その他、iPod(Nano、Classic&Shuffle)や携帯電話など、様々なデータストレージデバイスから1000種類以上のデータとフォーマットデータが復元できます。パソコン上ではごみ箱、内蔵ハードドライブ、 外付けストレージメディア、さらにはクラッシュしたパソコンからデータを復元すること ができます。無料版のリカバリットは、復元したい対象のデータ容量が100MBまで利用することができます。

無料版でお試しになってみて、便利な機能を数台のパソコンでも利用してみたい、復元するデータやファイル等の容量を無制限にしたいと思われたらご購入されてはいかがでしょうか? 

 

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は、「Recoverit」でRunDLLエラーで消えてしまったパソコン上のデータなどを復元する手順です。

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、消えてしまったデータの元保存場所を選択します。

パソコンで、「Recoverit」を起動してから、消えたファイルの元場所を選択します。ここでは、「HDD」タブでハードディスクを選択するか、[場所]タブでデスクトップを選択してください。「開始」をクリックして、選択した場所をスキャンし始めます。

RunDLLエラーで消えたデータの保存先を選択

ステップ2 パソコンの消えたデータをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、パソコンから消えたデータをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

復元されたいデータをスキャン

ステップ3 パソコンの消えたデータをプレビューして復元します。

パソコンのデータをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいパソコンのファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

消えたデータを復元

SDカード復元ソフト

Recoverit - 強力なパソコン復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > RunDLLエラーで「指定されたモジュールが見つかりません」の発生原因と修復方法