Windows update エラー0x80070057の修復方法

Windows10システムへ更新するときに、エラー0x80070057問題の発生原因とその復元方法を紹介いたします。

100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップだけ復元可能

コンピューターを使用する際に、Windows7システムを更新時に「エラーコード0x80070057」などの問題が発生することがよくあります。 そこで、Windows10システムへ更新するときに、エラー0x80070057問題の発生原因とその復元方法を紹介いたします。

Part1:エラーコード0x80070057が表示される状況

エラーコード0x80070057が表示される状況は、三つがあります。

1).Windows Updateする時

Windows7システムのユーザーがWindows10システムへアップグレードする際に、0x80070057のエラーコードが表示され、アップグレードを続行できない場合があります。

2).システム修復ディスクを作成する際

パソコンが起動できなくなったなどの重大なエラーが発生した時に、システム修復ディスクを利用して、システム修復を実行します。しかしながら、システム修復ディスクの作成ボタンを押した時に、「システム修復ディスクを作成できませんでした パラメーターが間違っています。(0x80070057)」と表示される場合があります。

3).Windowsバックアップを使用する時

Windows7システムを搭載されているコンピューターで、Windowsバックアップを使用してファイルをバックアップする時に、エラーコード「0x80070057」が表示されることがあります。

Part2:0x80070057エラーの復元方法

方法1:レジストリの確認

レジストリが間違って操作されましたら、最悪の場合パソコンが動かなくなってしまう可能性があります。そのため、次の操作をする前に、必ずバックアップしておいてください。

1).「Windows + R」を同時に押して、「実行中」ダイアログボックスを開き、「Regedit.exe」コマンドを入力し、Enterキーを押して、「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\WindowsUpdate\UX」レジストリサブキーを見つけてクリックします。

2).「編集」→「新規」→「DWORD値」をクリックします。パソコンシステムによって、「DWORD(32ビット)値(D)」か「DWORD(64ビット)値(O)」かを選択してください。

3).「CopyFileBufferedSynchronousIo」を入力し、「Enter」を押します。作成した「CopyFileBufferedSynchronousIo」を右クリックして、「修正」します。「値のデータ」に「1」と入力して「OK」ボタンを押したら設定完了です。完了できました後、パソコンを再起動して確認してみてください。

方法2:小数点記号の設定を確認する

小数点記号「.」(ドット)が設定されていない場合、エラー0x80070057が発生する可能性が高いです。下記の手順に従って確認してください。

1).「コントロールパネル」を開き、「時計、言語、および地域」を選択して「地域と言語」を押します。

2).ポップアップされましたウィンドウで、「形式」タブを選択し、「追加の設定」をクリックします。

3).「数値」タブの「小数点の記号」に、「.」(ドット)があるかどうかを確認してください。ない場合、「.」(ドット)を入力して、「OK」をクリックしてください。その後、再起動すれば完了です。

Part3、Windows updateができない・失敗時のデータ復元:「Recoverit」を紹介

Windows updateする前に、データをバックアップするのは常識ですが、忘れてしまった時は常にあります。その時に、windowsアップデートできなく、失敗してしまったら、パソコンでのデータがどうなりますでしょう。失ってしまう可能性が高いです。そのため、データをバックアップする必要があります。

しかしながら、バックアップを忘れても、データが失っても、大丈夫です。こちらは、専用のデータ復元ソフト「recoverit」をあなたのために準備しております。

「Recoverit」は非常に扱いやすく、初めてこのソフトを使う人でも簡単に使い方を覚えることができます。復元できるファイルの種類も非常に豊富で、550以上のファイル種類に対応しています。しかもパソコンだけではなく、デジカメや、ビデオカメラ、ipadなどのデバイスにも対応しています。無料体験も可能ですので、ぜひごダウンロードして体験してみてください。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

「Recoverit」は簡単な画面操作で、パソコンや外部記憶装置のデータ復旧作業を行えるようになっています。

ステップ1 Window10アップグレードでエラー「0x80070057」発生による消えたデータの元保存場所を選択します。

エラー「0x80070057」で消えたデータの元保存場所を選択

ステップ2 Window10アップグレードによる消えたデータを検索します。

エラー「80072ee2」で消えたデータを検索

ステップ3 スキャンしたデータをプレビューして復元します。

消えたデータを復元

これから古いパソコンにWindows10へのアップグレード作業を行う前に、「Recoverit」の導入を考えてみてください。

ファイル復元ソフト

Recoverit - 強力なファイル復元ソフト

  • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

  • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

  • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > Windows update エラー0x80070057の修復方法