ブルースクリーン0x0000003bの発生原因と対処法

「stop 0x0000003b」が発生してしまってブルースクリーンになってしまうと、どうしたら良いのかと困ってしまうでしょう。この記事では0x0000003bエラーの対策をご解説!

エラー「stop 0x0000003b」が発生してしまってブルースクリーンになってしまうと、どうしたら良いのかと困ってしまうでしょう。ブルースクリーンエラーは対処が難しい場合が多いですが、0x0000003bの場合にはどういう方法があるのでしょうか。この記事では0x0000003bの発生原因に基づいてどのような対処が考えられるのかについて詳しく解説していきます。

パート:1ブルースクリーンエラー「stop 0x0000003b」とは何ですか

始めにブルースクリーンエラーとして知られる「stop 0x0000003b」とは何なのかを確認しておきましょう。
0x0000003bはSYSTEM_SERVICE_EXCEPTIONのエラーを示しています。システムサービスの例外と訳すことができますが、これだけではどういう意味なのかがわかりにくいでしょう。基本的にはwindows10などのOSシステムが動作しようとしたときにうまく動かすことができない状況に陥るとこのエラーが発生します。OSが認識したり操作したりすることができないアプリやドライバがあって動作が不安定になり、ブルースクリーンになってしまうというのが通例です。

パート:2ブルースクリーンエラー「stop 0x0000003b」発生原因と対処法

0x0000003Bの発生原因は基本的にはOSに互換性がないアプリがインストールされたり、OSが対応できないドライバが入ったりしたことです。この原因を念頭に置いてどのような対処法があるのかを考えてみましょう。

①.インストールしたアプリを削除する

アプリをインストールしてからブルースクリーンが表示されるようになった場合には、まずはアプリをアンインストールするのが合理的な対策です。特にそのアプリを起動したり、使ったりしているときにエラーが発生するケースや、起動時や終了時に0x0000003Bと表示されるケースではアプリが原因と考えられるでしょう。

②.アップデートしたドライバを元に戻す

ドライバをアップデートしたときには元のバージョンに戻すのが対処としてまず試してみるべきものです。OSがwin7などのようにwindows10よりも前のバージョンの場合によく見られるトラブルで、新しいドライバにアップデートしたらwin7などに対応していなくてエラーが発生してしまうことがしばしばあります。前のバージョンに戻しても正常動作をしているのならそれで問題はありません。

③.ドライバを最新版にアップデートする

新しいハードウェアを使い始めたときなどにも0x0000003Bが発生することがあります。この際には標準で付属しているドライバがOSに対応していないのが原因の場合があるため、ドライバを最新版にアップデートしてみましょう。ハードウェアのメーカーサイトに行けば最新版のドライバをダウンロードできます。

④.OSを再インストールする

アプリの削除やドライバの切り替えでもエラー修復をすることができない場合にはOS自体に不具合が生じている可能性があります。OSの再インストールをして改善を図るのがこの場合の数少ない対処法です。ハードディスクをフォーマットしてしまって新たにOSをインストールするのが理想的ですが、上書きインストールをするだけでも改善されることがあります。ただ、OSの再インストールをするとデータが失われてしまうのでバックアップを取っておくことを忘れないようにしましょう。

パート3:エラー「stop 0x0000003b」で消えたデータの復元ーー「Recoverit」

ブルースクリーンエラーの0x0000003Bに対処しようとしているうちにデータが消えてしまうこともあります。必要なデータが失われてしまったときにはRecoveritを使って復元を試みてみましょう。Recoveritはユーザー視点で使いやすいインターフェースに仕上げられているデータ復元ソフトです。見た目では消えてしまっていてもハードディスクに残されているデータなら抽出できるのが特徴で、無料版でもスキャンして復元できるデータがあるかを見てみることができます。

失われてしまったデータは元に戻せないと考えがちですが、Recoveritなら知識がない人でも簡単に復元できます。貴重なデータがなくなって困ったときにはRecoveritを使って対処してみましょう。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、stop 0x0000003bで消えてしまったデータの元保存場所を選択します。

「Recoverit」を起動してから、stop 0x0000003bで消えたファイルの元場所を選択します。「開始」をクリックします。

stop 0x0000003bで消えたファイルの保存先を選択

ステップ2 stop 0x0000003bで消えたファイルをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、stop 0x0000003bで消えたファイルをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

stop 0x0000003bで消えたファイルをスキャン

ステップ3 stop 0x0000003bで消えたファイルをプレビューして復元します。

stop 0x0000003bで消えたファイルをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

stop 0x0000003bで消えたファイルを復元

以上簡単な操作でstop 0x0000003bで消えたファイルが復元・復旧できます。
大事なデータを失くした場合、失ったデータの形式にかかわらず、「Recoverit」で復元してみましょう。

強力的なデータ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > ブルースクリーン0x0000003bの発生原因と対処法

すべての記事