Windows10 Updateエラー0x8024402cを解決する方法

普通、アップデートの際にはWindows.oldにそれまでのデータが保存されるようになっていますが、そのWindows.oldが無くなっている事例すらあるのです。しかし、落ち着いて対処すれば復元できます。

0x8024402cは、昔からWindowsのアップデートの際に途中でアップデートが中断したときに表示が確認されているエラーコードです。アップデート途中で発生することから、一部のデータがクラッシュしたり紛失した例もあります。普通、アップデートの際にはWindows.oldにそれまでのデータが保存されるようになっていますが、そのWindows.oldが無くなっている事例すらあるのです。しかし、落ち着いて対処すれば復元できます。

パート1:アップデート途中にエラー0x8024402cが発生する原因

0x8024402cはwindows update時のエラーコードとして知られています。これは、ネットワーク経由でMicrosoftのアップデートサーバーとの接続が上手くいっていないことに起因していると考えられるでしょう。

そして、接続が上手くいかない原因として考えられるのがインターネット回線の不安定です。wifi環境における通信速度の極端な変化や接続と切断が繰返し発生するような状況やパソコンのインターネット接続設定が何らかの原因でおかしくなった場合、あるいはパソコンのセキュリティの設定やウイルス対策ソフトがネットワーク越しの接続を阻害していることが考えられます。

パート2:エラーメッセージに0x8024402cと出たときの対応

windows update時にエラーコード0x8024402cが出たときはネットワークの接続環境の不安定、パソコンのインターネット接続設定あるいはパソコンのセキュリティに関する設定やソフトの影響が考えられることから一つずつ切り分けて原因を除去する必要があります。wifi接続であれば有線LAN接続で再度確認したり、ネットワーク接続機器の設定を確認するなども必要です。
それでも解決しない場合は、パソコンの通信設定を一旦削除、再設定して確認することも必要になってくるでしょう。それでもダメなら、セキュリティやウイルス対策ソフトを一旦オフにして再起動後Windows Updateを試みる必要があります。

しかし、windows updateの時にはアクセスが集中してMicrosoftのアップデートサーバーが混雑していることもあります。日を改めてアップデートしてみる必要もあるでしょう。エラーが出たときパソコンを再起動するとUpdateを最初からやり直すことになるので再起動せずにWindows Updateを繰り返す方法もあります。windows updateダウンロードの作業間再起動しなければダウンロードを途中から再開するレジューム機能によって、Windows Updateを数回繰り返してアップデート出来た例も報告されているのです。

以上が、windows updateを完遂するまでの対応ですが、アップデートが完了しても作業の間に一部データのクラッシュや紛失した例が報告されています。windows update間にトラブルが発生した場合には、アップデート前のデータが保存されているか紛失していないかを確認することが必要です。確認してこの段階で復活しなければ、他のデータを上書きしてしまうと元データを復活出来なくなってしまいます。

パート3:windows update時に紛失したデータの復元方法ーー「Recoverit」

紛失データの復元で一番有効な方法は、update前に必ずデータのバックアップをとっておくことです。Windows10では復元ポイントという名で定期的にシステムの状態を記録しています。この復元ポイントの時点における状態にパソコンを戻すことができるのです。しかし、せっかくupdateした直後に以前の常態に戻すというのは論外でしょう。また、ファイル履歴を残しておくというWindows10の機能もありますが事前に設定していて初めて役に立つ機能です。もしこのような設定をしてなかった場合には対処できないので、専用の復元ソフトを使うことになります。

復元ソフトでは、ソフトを起動してデータが削除されたディスクを選択してスキャン。すると、紛失したデータを含むフォルダを表示。復活するファイルを選んで復活のためのボタン操作で簡単に復活できます。そのようなソフトは数種類存在しますが、その中の一つが「Recoverit」です。Recoveritの操作も他のソフトと同じですが、あらゆるデータ形式に対応した「万能データ復元」や深い階層のデータまでスキャンする「ディープスキャン」機能があることが特徴になります。
Recoveritには、スキャンとプレビューのみで無料の「無料版」、データ復元まで出来る「Pro」、クラッシュしたパソコンデータの復元まで出来る「Ultimate」、さらに破損したビデオまで修復できる「Ultimate Plus」の各バージョンがあります。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、0x8024402cで消えてしまったデータの元保存場所を選択します。

「Recoverit」を起動してから、0x8024402cで消えたファイルの元場所を選択します。「開始」をクリックします。

0x8024402cで消えたファイルの保存先を選択

ステップ2 0x8024402cで消えたファイルをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、0x8024402cで消えたファイルをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

0x8024402cで消えたファイルをスキャン

ステップ3 0x8024402cで消えたファイルをプレビューして復元します。

0x8024402cで消えたファイルをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

0x8024402cで消えたファイルを復元

以上簡単な操作で0x8024402cで消えたファイルが復元・復旧できます。大事なデータを失くした場合、失ったデータの形式にかかわらず、「Recoverit」で復元してみましょう。

強力的なデータ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > Windows10 Updateエラー0x8024402cを解決する方法

すべての記事