Macが起動しない時、自力で解決できる7つのこと

Feb 26,2020 • カテゴリ: パソコン起動しない復元

Macが起動しない時はすぐに対処を!

昨日までは問題無く起動できたのに、ある日突然Macが起動できなくなったという経験はありませんか?そんな時は、今回紹介する7つの対処法を利用して、迅速にMac を復旧させましょう。本記事では、Macが起動できない時に一人でできる7つの対処法について紹介します。

対処法その1 SMCリセット

Macが起動しない時に、まず行ってほしいのがSMCリセットです。操作手順はデスクトップ・ノートPCによって少し違います。

・デスクトップPC

1.システムを終了して、電源コードを外します。
2.15秒程待ってから、再度PCに電源コードを接続します。
3.5秒待ってからMacを起動します。

・ノートPC(2009年以降のMacbook Air/Pro等)

1.システムを終了し、MagSafeをMacに接続します。
2.キーボードで「Shift+control+option」キーを押しながら、電源ボタンを長押します。
3.3つのキーと電源ボタンを同時に離します。
4.再度、Macを起動します。

対処法その2 PRAMリセット

上記でも起動できない場合は、PRAMリセットを行ってください。

1.電源を入れて、すぐに「option+command+P+R」キーを同時に押します。
2.「ジャーン」という起動音が2回鳴るまで、キーを押し続けます。
3.2回起動音が鳴った事を確認したら、キーを離します。

対処法その3 セーフモード

また、「セーフモード」を起動して、Macを起動する事もできます。

1.電源を入れて、すぐに「Shift」キーを長押しします。
2.Appleのロゴマークが表示されたら、キーを離します。
3.画面上部に「セーフモード」が表示された事を確認し、通常通りログインします。

対処法その4 リカバリーモード

OS X Lion、Mavericks、YosemiteなどのOSでは、リカバリーモードで起動する事ができます。

1.電源を入れて、すぐに「command+R」キーを長押します。
2.Appleのロゴが表示されたら、指をキーから離します。
3.OSユーティリティが表示されるので、「macOSを再インストール」を選択します。

対処法その5 外部ディスクから起動して修復

上記のOSで「起動可能なインストーラ」を作成している場合、外部ディスクから起動して修復を行う事ができます。

1.電源を入れた直後に「option(Alt)」キーを長押しします。
2.Startup Managerが表示されたら、キーを離します。
3.保存先の起動ディスクを選択し、矢印マークもしくは、「return」キーを押します。

対処法その6 インターネットリカバリー

もし、リカバリーモードでも起動できない時は、ネット回線を経由したインターネットリカバリーを行ってみましょう。

1.電源を入れて、「Shift+option+command+R」キーを長押しします。
2.画面に地球マークが表示されたら、キーを離して、しばらく待ちます。
3.OSユーティリティが起動したら、「macOSを再インストール」をクリックします。

対処法その7  Apple Hardware Test

これらの方法でもMacが起動できない場合、PCのハードウェアが故障している可能性があります。その場合は、「Apple Hardware Test」を利用して、ハードウェアの診断を行ってください。

1.電源を入れて、「D」キーを「Apple Hardware Test」アイコンが出るまで押し続けます。
2.使用言語を選択して、右矢印をクリックします。
3.「Test」ボタンをクリック又は「T」キーを押してテストを開始します。
4.テストが完了したら、結果を確認し「restart」もしくは、「shutdown」を選択します。

データ復元は「Recoverit」にお任せ!

それでもMacが起動しない場合は、PCの故障が考えられるため、新しいパソコンに交換する必要があります。壊れたPCからデータを復元する際にオススメなのが、Wondershareが販売する高度復元ソフト「Recoverit」です。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

PC・HDDの故障や予期せぬエラーなど、様々な原因で破損・取り出せなくなったデータをわずか3stepで復元できる非常に優れたソフトです。使いにくさを感じさせない高度&最先端なユーザーインターフェースを実現していて、初心者の方でも簡単に操作が可能です。ぜひこの機会に「Recoverit」を購入しましょう。

では、Macが起動しない時、「Recoverit」を利用してデータを復元する手順を紹介しましょう。

ステップ 1. MacにUSBメモリまたはHDDを挿入します。「Recoverit」を起動します。

ステップ 2. 「クラッシュしたパソコンからデータを復元」を選択し、「開始」をクリックします。

「クラッシュしたパソコンからデータを復元」機能を選択

ステップ 3. 次の画面でも「開始」をクリックします。

開始

ステップ 4.「起動可能なドライブ」からUSBメモリまたはHDDを選択し、「開始」をクリックします。

USBメモリまたはCD/DVDを選択

ステップ 5.「フォーマット」をクリックします。

フォーマット

ステップ 6.起動可能なドライブが作成されたら「OK」をクリックします。

起動可能なUSBが作成しました

今回紹介した7つの対処法を利用して、Macを起動できるか試してみましょう。また、Macの故障で新しいパソコンへ交換が必要になった際は、ぜひ「Recoverit」で復元を行いましょう。

ファイル復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

  • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

  • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
表示する隠す
Home / パソコン起動しない復元 / Macが起動しない時、自力で解決できる7つのこと

すべての記事