Macでフォーマットによって消えてしまったデータを復元する

外付けHDDやUSBを使う際、Mac用にフォーマットすることがあります。しかし、フォーマットすると中に保存してあったデータが消失してしまうので注意が必要です。個人で消失したデータを元に戻すのは、専門的な知識が必要なのでとても大変です。その点、wondershareの「Recoverit(Mac版)」なら簡単な操作でデータ復元ができます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

データがフォーマットで削除された場合

外付けドライブから消えたデータ

Macで外付けHDDを使う際には、OSに合わせて利用可能にするためフォーマット処理をすることがあります。新品で何も入っていないデバイスなら心配ありませんが、他のパソコン等で使用し中にデータが保存されていたときは注意が必要です。フォーマット処理は実行すると、中のデータが全て消去されてしまうからです。といっても、実際には保存されていたという目に見えない記録が残されています。wondershareのRecoveritではこの記録を読み取って、消えたデータを復元することが可能です。

USBから消えたデータ

USBは何度でもデータを上書きしたり、保存するのに手頃なデバイスとして人気です。しかし、読み書きを続けているとデータを消しても保存領域がどんどん減ってくるという特徴があります。これは、消しても目に見えない記録が残されているからです。ところが、フォーマット処理をしてしまうとこの記録さえも消えてしまいます。大切なデータが入っていたときは、通常の方法だと元に戻すことができません。wondershareのRecoveritなら、こうした形で消えたデータでも元に戻すことが可能です。

hddrecovery

様々なフォーマットファイルに有効

Macでは、画像や動画を保存するのにgifやAVIなどの拡張子でフォーマットしています。カメラ機能や画像編集ソフトなど、使うソフトやアプリケーションによって拡張子は全く異なります。このようなファイルが壊れたり、削除されると復元する際に非常に面倒です。元に無理やり戻してしまっても、ファイル自体が破損してしまう可能性があります。wondershareのRecoveritを使うと、どんな拡張子であっても元の状態に無理なく安全にファイルを復元していくので心配無用です。

内部のHDDも簡単に復元

外付けだけでなく、wondershareのRecoveritを使うと内部のHDDも簡単に元に戻すことが可能です。パーティションで区切ったHDDを元に戻す際は、フォーマットと同じように内部データが削除されてしまいます。パーティションを削除するのは簡単な作業なので、気軽に作成したり消すという人は少なくありません。その代わり、中身のバックアップを取る前に思わずパーティションを消してしまうという事故もあります。もしパーティションを消してしまっても、Recoveritなら元の状態に戻すことができるので安心です。

復元が難しいファイルでも安心

Mac自体にも復元モードが用意されていますが、それぞれ特徴は異なります。wondershareから発売されているRecoveritの魅力はなんといっても、確実にどんなファイルでも高い確率で元に復元できる点です。他の方法で復元不可能だったファイルでも、Recoveritなら元に戻ったという例もあります。見つかりにくくなってしまった、消えたファイルの痕跡を探し出し確実にリストアップすることが可能です。万能復元モードを使えば、大抵のデータが見るかるので安心です。

通常、フォーマットによって消えてしまったデータを復元することは非常に困難です。しかし、Recoveritを使うとHDD等に残ったファイルの記録を探して元の状態に戻すことが簡単です。外付けデバイスや内部のパーティションなど、色々な対象に対して効果があります。使い方も簡単で、復元の際には専門知識も必要ないので安心です。

ファイル復元ソフト

Recoverit - ファイル復元ソフト

  • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

  • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

  • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元
人気記事
Home / HDD復元・復旧 / Macでフォーマットによって消えてしまったデータを復元する

すべての記事