「RAWドライブにCHKDSKは利用できません」
エラーの修復

コマンドプロンプトを使ってCHKDSKコマンドを行うときに「RAWドライブにCHKDSKは使用できません」エラーが出たらどうしたらいいですか。本ページでは「RAWドライブにCHKDSKは使用できません」というエラーが発生したときの修復方法を解説します。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ復元可能
内野 博

• カテゴリ: HDD復元・復旧

コマンドプロンプトを使ってCHKDSKコマンドを行うときに発生する「RAWドライブにCHKDSKは使用できません」というエラー。
このエラーが発生したときは、使用しているドライブに問題があります。そのため、ドライブの問題を解消するのが修復方法といえるでしょう。
本ページでは「RAWドライブにCHKDSKは使用できません」というエラーが発生したときの修復方法を解説します。

「RAWドライブにCHKDSKは利用できません」が出る原因

「RAWドライブにCHKDSKは使用できません」というエラーが出る原因を知るには、まずRAWドライブについて理解しないといけません。
HDDやSSD、USBドライブやSDカードを使用するには、読み取りが可能なファイルシステムへフォーマットしなければいけません。

しかし、ドライブの中に読み取り可能なファイルシステムがない状態だとRAWドライブと認識されます。
「RAWドライブにCHKDSKは使用できません」というエラーが出るときは、使用しているドライブにファイルシステムがないと認識されているわけです。
このエラーが発生したときは、何かしらの要因でドライブが破損している可能性があります。考えられる要因は以下の4つです。

「RAWドライブにCHKDSKは利用できません」エラーを修復する方法

CHKDSKコマンドを行って「RAWドライブにCHKDSKは使用できません」のエラーが表示されたときは、ドライブに発生している問題を修復しなければいけません。
ドライブの問題を修復する際は、以下の方法が有効です。

それぞれの修復方法を詳しく解説します。

1.ドライブのエラーをチェックする

まず試したいのは、エラーが発生するドライブのエラーチェックです。
Windowsでは以下の手順で利用しているドライブのエラーをチェックできます。

  1. スタートボタンを左クリック
  2. 「Windowsシステムツール」を左クリック
  3. 「PC」を左クリック
  4. エラーが発生するドライブを右クリック
  5. 「プロパティ」を左クリック
  6. 表示される「プロパティ」のウィンドウで「ツール」のタブを左クリック
  7. 「エラーチェック」の項目にある「チェック」を左クリック
  8. 表示される「エラーチェック」のウィンドウで「ドライブのスキャン」を左クリック

ドライブのエラーをチェック

この方法ではドライブに発生している問題を検知し、問題が検出されたら修復が行われます。

2.再度ドライブをフォーマットする

あくまで最終手段ですが、以下の手順で再度ドライブのフォーマットを行う方法もあります。

  1. スタートボタンを右クリック
  2. 「ディスクの管理」を左クリック
  3. 「ディスクの管理」のウィンドウでエラーが発生するドライブを右クリック
  4. 「ディスクの初期化」を左クリック
  5. 表示される「ディスクの初期化」の画面で使用したいパーティションスタイルを選択
  6. 「OK」を左クリック

ハードドライブをフォーマット

以上の手順を行うと、「ディスクの管理」のウィンドウに戻ります。

「ディスクの管理」のウィンドウでエラーが発生したいたドライブが「オンライン」と表示され、ドライブの内容が「未割り当て」と表示されていればOKです。

この方法ではドライブを初期化させるので、エラーを修復できる可能性が高いです。しかし、保存しているデータがすべて消去されてしまいます。

RAWドライブからデータを復元

「RAWドライブにCHKDSKは使用できません」というエラーが発生したときは、修復によって保存していたデータが失われる恐れがあります。
Windowsに備わった機能では消えたデータを復元できないので、ファイル復元ソフトを活用しましょう。
ファイル復元ソフトを使いならWondershareの「Recoverit(リカバリット)」がおすすめです。

 Recoveritはデータ復元率95%を誇るほど高性能なので、高確率でドライブをフォーマットしたときに失ったデータを取り戻せます。
操作方法は簡単でたったの3ステップでデータ復元が行えるので、パソコンの操作に自信がない人でも心配ありません。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

Recoverit」を使ってパソコンから消えたデータを復元する手順

ステップ1消えたデータの保存場所を選択する

「Recoverit」を起動して、失われたデータの保存場所を選択して、クリックします。

削除してしまったPowerPointの元の保存場所を選択

ステップ2スキャンが開始する

選択した保存場所のスキャンが開始されます。スキャンが完了すると、結果がファイルの種類によって表示されます。

パワーポイントの保存デバイスをスキャン

ステップ3ファイルを復元する

消えたファイルを検索して、「復元する」をクリックします。復元したいファイルは、復元前にプレビューして確認することが可能です。復元するファイルの保存場所を選択すれば、完了です。(オリジナルファイルと同じ場所に保存しないでください。)

パワーファイルをプレビュー

消えてしまったファイルは復元できましたか?Recoveritは、写真や画像、動画、ドキュメント、音楽など1000形式以上のファイル形式のデータを復元することが可能です。無料体験版もありますので、試しに利用してみてはいかがでしょうか?

パワーポイント復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > HDD復元・復旧 > 「RAWドライブにCHKDSKは利用できません」
エラーの修復