0x000000f4ブルースクリーンエラーを解決

0x000000f4エラーが発生してしまってブルースクリーンになったらどうしよう?本記事でこのエラーの発生原因と解決方法をご紹介!エラーで消えたデータの復元方法をご説明!

0x000000f4というエラーが発生してしまってブルースクリーンになると、どのような対処をしたら良いのかと悩んでしまうことも多いでしょう。そもそも0x000000f4はどのようなエラーなのでしょうか。この記事では0x000000f4のエラーが発生してしまったときの解決方法を簡単に紹介します。それに付随する悩みの解消方法についても説明するので確認しておきましょう。

パート1:0x000000f4とは

0x000000f4はブルースクリーンになってしまったときに表示されるストップエラーで、この状況になってしまうとハード面のトラブルが起こっているのでそのまま放置していても改善されないのが一般的です。0x000000f4が発生してしまうのはハードディスクの認識がうまくいっていないのが原因のことが多いですが、稀にメモリに異常が発生してしまって発生することがあります。
0x000000f4はssdに切り替えたときにうまく認識しなくて発生するという事例も多く、ディスクに手を加えたときには特に気をつけることが肝心です。ハード面に手を触れたときにはしばしば発生しているエラーなので対処法を理解しておくのが重要になります。

※「0x000000f4 ssd」はそのままでは使いづらいので「0x000000f4はssd」としました。

パート2:0x000000f4ブルースクリーンエラーへの対処方法

0x000000f4が発生してしまったときには以下のような対処法が考えられます。

1)ハードディスクを元の状態に戻す

もしssdに交換をしたり、別のハードディスクに入れ替えたりしたのなら、元のハードディスクに戻すのがまずやってみるべき対処です。接続の仕方まで全て元通りにしてみてもなおエラーが発生するようであれば別のところに原因があると考えた方が良いでしょう。

2)ハードディスクのケーブルを交換する

ハードディスクのケーブルが問題になっていることも0x000000f4のときにはよくあります。デスクトップパソコンの場合には本体を開けてケーブルを交換してみると改善されることがあり、USB接続などの場合にも交換対応で済むことは珍しくありません。他のところで使っていて正常動作をしているケーブルを使うのが賢明です。

3)ハードディスクのエラーチェックを実行する

ハードディスク本体にエラーが生じているのが原因で0x000000f4が発生していることもあるので、本体のエラーチェックを実行してみるのも効果的な対処法です。ハードディスクのエラーチェックはOS上でも行えますが、ブルースクリーンになってしまって起動できない場合には他のパソコンに接続してエラーチェックをする必要があります。エラー修復自体ができなかったとしたらハードディスクが既に壊れてしまっている可能性が高いので、ハードディスク自体の交換を検討しなければならないでしょう。

4)メモリを元に戻すか新しいものに交換する

0x000000f4はメモリが原因のこともあるので、メモリの確認もするのが賢明です。メモリを交換した直後にエラーが出てしまったなら元に戻しましょう。メモリの増設をしたときには増やした分を外してみるのが良い方法です。それでも改善されない場合には新しいメモリを調達してきて交換すると改善されることもあります。新たにメモリを購入する場合には相性問題による不具合が生じにくいように今まで使っていたのと同じメモリを手配するのが安全策です。

パート3:0x000000f4エラーが出てからデータを復元する方法ーー「Recoverit」

0x000000f4のエラーが発生してしまって対処をしたときにはデータが消えてしまうことがあります。ハードディスクが故障してしまってデータが失われてしまうこともありますが、データ復元ソフトを使えば回復することが可能です。
Recoveritは誰でも簡単に使えるデータ復元ソフトなので、0x000000f4のエラーでデータが失われたときには活用してみましょう。ハードディスクをスキャンして必要なデータを抽出できる仕組みになっているので操作も容易です。データ復元ソフトは使うのが難しいというイメージをふっ書できるようにわかりやすいインターフェースになっているのが魅力なので、困ったときにはRecoveritを使ってみましょう。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、0x000000f4で紛失したデータの元保存場所を選択します。

「Recoverit」を起動してから、0x000000f4で紛失したファイルの元場所を選択します。「開始」をクリックします。

0x000000f4で紛失したファイルの保存先を選択

ステップ2 0x000000f4エラーで紛失したファイルをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、0x000000f4エラーで紛失したファイルをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

0x000000f4で紛失したファイルをスキャン

ステップ3 0x000000f4エラーで紛失したファイルをプレビューして復元します。

0x000000f4エラーで紛失したファイルをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

0x000000f4で紛失したファイルを復元

以上簡単な操作0x000000f4エラーで紛失したファイル削除したファイルが復元・復旧できます。
大事なデータを失くした場合、失ったデータの形式にかかわらず、「Recoverit」で復元してみましょう。

強力的なデータ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Windowsコンピュータ復元 > 0x000000f4ブルースクリーンエラーを解決

すべての記事