七つの防犯カメラのバックアップ映像再生ソフト

• カテゴリ: ビデオ修復

防犯カメラはいま、非常によく使われるようになりました。防犯カメラは、録画を目的としたカメラなので、使用する際にバップアップ映像を再生して確認することは多いですね。今回は、防犯カメラのバックアップ映像を再生できるソフトを7つ比較します。

防犯カメラのバックアップ映像再生ソフト7選

それでは、各再生ソフトの特徴を早速見ていきましょう。

Windows Media Player

Windowsユーザーにはお馴染みの再生ソフトです。UIが使いづらく、対応している動画形式も他の再生ソフトよりは少ないですが、バックアップ映像位なら無事再生することはできるはずです。

Quick Time Player

Quick Time Playerはアップル社が提供している再生ソフトで、今はwindows osでも使えるようになっていますが、正直他の再生ソフトよりは使いにくいです。QuickTimeにしか入っていないコーデックがほしい方以外にもオススメできないソフトです。

GOM Player

GOM Playerは韓国グレテック社の再生ソフトです。対応している機能的には文句なしで使いやすいですが、最近は広告をごり押し過ぎてみにくくなりました。

VLC media player

VLC media playerは、シンプルで機能性も高く、使いやすいソフトです。対応している動画形式が多く、ストリーミング配信などもできます。動画再生ソフトの中で最も優秀の一つであると言えます。

Media Player Classic

ダントツで使いやすく、個人的には一番オススメの動画再生ソフトです。インターレース機能がついていないこと以外はほぼ欠点なし。また、初期画面のロゴやツールバー画像も自由に変更できます。

NVR Media Player

NVR Media Playerも無料で使える再生ソフトです。他の人と違うものが使いたいという人にはお勧めの動画再生ソフトです。表記がすべて英語となっているので、英語が苦手な人にとっては使いにくいかもしれません。

防犯カメラの映像が再生できない時は————「Wondershareビデオ修復」を使ってみよう

何らかの原因で映像が再生できなったときは「Wondershareビデオ修復」というソフトを使いましょう。「Wondershareビデオ修復」は、WindowsおよびMacで再生できない、アクセスできない、破損したあらゆる形式の動画ファイルを修復できるソフトです。修復の手順をより詳しく紹介します。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1 再生できない防犯映像を追加する

「Wondershareビデオ修復」を起動してメニュー画面が表示されるので、「追加」または「ビデオを追加して修復を開始する」をクリックして、修復したい動画を選択します。

防犯映像を追加

ステップ2 再生できない防犯映像を修復する

防犯映像を修復

ステップ3 再生できない防犯映像をプレビューして保存する

「保存」ボタンをクリックすれば、修復された動画を保存することができます。

防犯映像をプレビュー

防犯映像を保存

再生できない防犯カメラ映像修復ソフト

Wondershare ビデオ修復 - 再生できない防犯カメラ映像修復ソフト

    • WindowsおよびMacで再生できない、アクセスできない、破損したあらゆる形式の動画ファイルを修復

    • メモリカードエラー、ファイル転送エラー、デバイスエラーで破損したビデオを修復

    • カメラ、GoPro、DJI Dronesなど撮影したビデオ形式を修復

  • 修復された動画ファイルを保存する前に詳しくプレビュー
人気記事
Home / ビデオ修復 / 七つの防犯カメラのバックアップ映像再生ソフト

すべての記事