Time Machineのバックアップからファイルを復元

 Macパソコンで、誤って削除してしまった必要なファイルやデータは、どのように元に戻せるのでしょうか?MacOSに搭載されているTime Machineでデータをバックアップする方法や、ファイルの復元方法をまとめてみました。

安全なソフト100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし 3ステップで操作 3ステップだけ復元可能

Time Machine(タイムマシーン)とは、Apple社が開発したmacOSに搭載されている、バックアップ機能の名称です。Mac OS X v10.5以降で対応しているアプリケーションです。Time Machineを活用して、Appや音楽、写真・メール・文書・システムファイルなどMacの全てのデータのバックアップを自動的に行うことができます。Time Machineでデータをバックアップする方法や、ファイルの復元方法をまとめてみました。

Part1:Time Machineのバックアップについて

Time Machineでデータをバックアップすることのメリットとして、データ消失の際の「転ばぬ先の杖」の役割を果たします。何らかの原因でMacOSが作動しなくなってもバックアップがあればデータを戻すことができます。
Time Machine のバックアップには

というように、保存されます。Time Machine で指定しているディスク容量がいっぱいになった場合は、一番古いバックアップから削除されます。さっそく「Time Machineのバックアップの方法を説明しましょう。

《準備するもの》

バックアップをするためには、データを保存するための外付けのストレージデバイスが必要になります。ストレージデバイスとは、外付けのHDDやAirMac Time Capsuleなどのことをいいます。お使いのMacをどのように活用されてるか、カスタマイズされてか?などで相違はありますが、いずれにせよ、沢山のデータを保存するのであれば1TB以上の大容量のHDDを用意することをおすすめします。(目安として、内蔵HDDの1.5倍以上の容量の外付けHDDが理想です)

※AirMac Time CapsuleとはWi-Fi機能を持ったMacのバックアップシステムの名称です。現在は販売終了しており、購入するならばストック分に限られますが、Mac愛用者には非常に便利なアイテムです。

《Time Machineの設定方法》

① 外付けHDDをMacに接続
外付けHDDをケーブルで接続する。正しく接続されればFinderのサイドバーにストレージ名が表示される。
② 確認メッセージでバックアップディスクを暗号化にチェック
大切なデータ保存のため、暗号化をすることを推奨される。問題なければ暗号化にチェックを入れる。→バックアップディスクとして使用をクリック
※暗号化をすることで、パスワードの設定が必要になります。万が一パスワードを消失すると、データを削除してしまった際に復元することができなるので要注意です。
③ バックアップの自動作成設定をする
最後の設定として、バックアップの自動作成設定が行う。この設定で、常にHDDを接続していれば定期的にバックアップの作成が行われます。

『手順』
アップルマークをクリック→メニューバーより「システム環境設定」をクリック→Time Machineのロゴをクリック→左側に「バックアップを自動作成のチェック」ボックスがあるので✓を入れる。

Time Machineのバックアップからファイルを復元する方法は、以下の動画でもご覧できます。

recoverit

Wondershare Recoveritで消えたデータを復元する

ガイド>

Part2: Time Machineのバックアップからファイルを復元する方法

Macパソコンで、誤って削除してしまった必要なファイルやデータは、どのように元に戻せるのでしょうか?
Time Machineのバックアップから復元する方法をご説明します。

  1.  Mac上部メニューの「時計」アイコンをクリック
  2. メニューが表示されるので、その中から「Time Machine に入る」をクリック
    または、Doch に Time Machine のアイコンを作成している場合は、それをクリック
  3. 復元したいファイルが保存されていた場所へ移動(左側のメニューから選択)
  4. 右側サイドにある時間軸から、復元したいファイルがあったと記憶される「日付」を選択→フォルダの右側にある「△」「▽」で「時間」を調整
  5. 復元したいファイル・データを確認したら選択(青く反転)→下部の「復元」ボタンをクリック
    または、復元したいファイルを右クリックし「"~~"を復元」をクリック→「復元する項目のためのフォルダを選択してください」というウィンドウが出現→フォルダを選択し「選択」をクリック 

Part3: バックアップが削除された場合

何らかの原因でTimeMachineを利用しても、バックアップが取れていなかったり、外付けHDDに保存しているデータやファイルが消えていたとしたら、とても困りますよね?Macのディープユーザーならまだしも、データの復元などは高度な知識や技術が必要で、通常ではなかなかそこまでご自身で解決することは簡単ではありません。

でも、ご安心ください!「Recoverit(Mac版)」を使えば誰でもスムーズにMacの内蔵HDDデータを復元することが可能です。まずはRecoverit(Mac版)」をフリーダウンロードしてお試しください。

【Wondershare Recoverit】データ復元ソフトは、パソコンから失われたファイルと削除されたファイルを3ステップと数分で復元可能です。1000種類以上のデータ形式を対応できます。パソコン、ごみ箱、内蔵ハードドライブ、 外付けストレージメディア、さらにはクラッシュしたパソコンからデータを復元することができます。

無料版のリカバリットは、復元したい対象のデータ容量が100MBまで利用することができます。無料版でお試しになってみて、便利な機能を数台のパソコンでも利用してみたい、復元するデータやファイル等の、容量を無制限にしたいと思われたらご購入されてはいかがでしょうか? 

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

RecoveritでMacデータを復元する手順

ステップ1データ元に保存したハードディスクドライブを選択します。

Recoveritを起動して、紛失したデータ元に保存したハードディスクドライブを選択してクリックします。

削除したファイルの元の保存場所を選択

ステップ2ファイルをスキャンする。

そうするとRecoveritは自動的にデータのスキャンをスタートします。スキャンが終わったあと見つけたファイルのプレビューができます。

ファイルをスキャン

ステップ3紛失したファイルをプレビュー・復元します。

最後に「Recoverit」はスキャンで見つけたファイルを復元する前にプレビューすることができます。目標ファイルに「復元する」をクリックして復元が実現できます。

※データを元の紛失したハードディスクに保存しないでください。

プレビュー

データの復元は高度な知識と技術が必要ですが、Recoveritを使えば、パソコン初心者の方でも、わずか数ステップでデータの復元ができます。

RecoveritでMacのトラブルも怖くない!

Macを使っていて、一番怖いのはハードディスクの故障などでデータが消えてしまうことです。 大事な仕事などのデータが消えてしまったら、大変です。Wondershare Recoveritは専門的な知識も不要で、簡単にMacのデータを復元、HDD救出することができる優れたソフトです。
注意:写真、ドキュメント、Eメール、一部の動画・音声ファイルがプレビュー可能。復元を開始する前に、ファイルの有効性を確認することができます。

強力的なデータ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからもデータを復元

  • 破損した動画を修復
人気記事
Home > Resources > データをバックアップ > Time Machineのバックアップからファイルを復元