Macで削除された消えたメモを復元する方法

Macでメモを使って普段のことを記録している方が多いです。しかし誤って削除してしまって消えたメモをどうやって取り戻せますか?本文では消えたメモを復元する方法と、復元ソフトRecoveritをご紹介!

Macでちょっとしたテキストを使うときにはメモのアプリを使用することがあります。普段使いには便利ではあるもののメモを削除してしまって困ってしまうこともあるでしょう。この記事では削除してしまったメモを復元するために役に立つノウハウを紹介します。具体的な解決方法についても簡単に紹介するので参考にして下さい。

パート1. ノートはMacのどこに保存されるか?

Macでノートのアプリを使用しているときにはファイルは保存されています。メモ帳復元を始める前にまずはファイルがあるかどうかを探してみましょう。ノートの保存場所は自動的に決められているので注意が必要です。「~/Library/Containers/com.apple.Notes/Data/Library/Notes/」というのが保存浚えているノートのファイルがある場所になっています。

Finderを使ってフォルダの中を見てみると、「.storedata」あるいは「.storedata-wal」というファイルがあり、この中にメモが格納されているのが一般的です。また、「~/Library/Containers/com.apple.Notes/Data/Library/CoreData/ExternalRecords」にある英数字のコード名が付されたフォルダがあります。この中の「Note」、「IMAPNote」にもノートのデータが格納されています。

パート2. Macで削除されたメモはパソコンのどこにある?

メモファイルを削除するとMacでは最近削除した項目に移動します。ノートでメモを割くするにはサイドバーから削除したいメモを選択し、削除ボタンを押すかDeleteキーを押すだけなので簡単です。そのため、すぐにMac上から完全に削除されてしまうのではなく、最近削除した項目のフォルダに格納された状態になります。この中身は削除した日から最大30日間は保存されているようになっています。

パート3. Macで削除されたメモを復元する方法

Macでメモが削除されてしまって困ったときにはどのようにして復元したら良いのでしょうか。ここでは専用ソフトを使用する方法を含めて、簡単にメモの復元をすることができる方法を三つ紹介するので最も良さそうな方法を試してみましょう。

①データ復元ソフト「Recoverit」で復元

データ復元ソフトのRecoveritを使って復元するのが最もおすすめの方法です。Recoveritを使うと削除してしまったファイルをスキャンして探し出し、リストアップすることが簡単にできます。どこにファイルがあるのかを探すのは大変ですが、Recoveritなら誰でも短時間で発見できるでしょう。
無料版のRecoveritでも100ファイルまでは復元できるので、メモがなくなって困ったときにまず試してみるのが良い方法です。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

②Macで消えたメモをTime Machineから復元する

もしTime Machineを使ってバックアップを取っているなら、Time Machineから復元するのも良い方法です。前回のバックアップの時点での最新のファイルを復元することができます。バックアップに使用しているディスクを参照して探すだけなので比較的簡単でしょう。
保存されている場所はTime Machine内の「~/Library/Containers/com.apple.Notes/Data/Library/Notes/」です。ファイルがたくさんあると大変ですが、更新日時を参考にして該当するノートのファイルを地道に探し出してみましょう。

③最近削除されたフォルダーから削除されたメモを見つける

メモを削除したところだったらきっと最近削除した項目のフォルダから見つけられます。この場合にもフォルダ内にたくさんの削除済みファイルがあることも多く、普段からノートを使っている人の場合には大変になりがちです。ファイルの削除された日時から目星をつけて探しているファイルの候補を絞り込むと効率よく見つけ出すことができるでしょう。最近削除項目のフォルダーでは特に移動させずともそのまま表示させられます。
しかし、30日が経過してしまうと削除されてしまうので、必要なメモが見つかったら移動して保管するのが大切です。

パート4.ノートを使っているなら「Recoverit」による復元を活用しよう

ノートを使っていると削除してしまったメモを取り戻したくなることは少なくありません。どこに保存されているか、削除されたらどこに移動されるのかを知っていれば必要なファイルを探し出すことができるでしょう。しかし、Recoveritを使えば簡単に復元できます。ファイルを探す手間を省くためにもRecoveritをまずは使ってみるのがおすすめです。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

ステップ1 まず「Recoverit」を起動して、削除してしまったデータの元保存場所を選択します。

「Recoverit」を起動してから、消えたファイルの元場所を選択します。「開始」をクリックします。

Macで消えたメモの保存先を選択

ステップ2 消えたファイルをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックして、消えたファイルをスキャンし始めます。スキャン終わった後、見つけたファイルはフォルダあるいはファイル形式ごとに表示されます。

Macで消えたメモをスキャン

ステップ3 消えたファイルをプレビューして復元します。

消えたファイルをスキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

Macで消えたメモを復元

以上簡単な操作で消えたファイルが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、外付けHDDの復旧USBデータ復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試してください。

大事なデータを失くした場合、失ったデータの形式にかかわらず、「Recoverit」で復元してみましょう。

強力的なデータ復元ソフト

Recoverit - 強力なMacからデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど550種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > Macデータ復元 > Macで削除された消えたメモを復元する方法

すべての記事