「Recoverit」の使い方-Wondershare「Recoverit」使い方を詳しく紹介

• カテゴリ: レビュー・評価

Wondershare 「Recoverit」について

現代では、紙で保存することを減らす傾向があり、あらゆるものをデジタル化して保存するようになってきました。それは、自宅でも職場でも同じことで、とにかく紙での保存は極力なくす方向でいます。紙で保存している際には、どこに保管したのかわからない場合がありますが、電子データの場合だと、もし分からなくなっても検索すればすぐに出てくるので便利です。しかし、電子データのデメリットとして、急にデータが見ることができなくなってしまう場合があります。パソコンに保存してたものの、そのパソコンが故障してデータにアクセスできなかったり、ディスクが破損してしまって使用できなくなったり、また、パーティションが破損したことによるケースがあります。

また、メールにおいても同様のケースが考えられます。メールボックスのデータが消えていたりといったトラブルが考えられます。このように、データは保存に便利な反面、きちんとバックアップをとっておかないとデータが消えてしまった場合に混乱してしまうので優位する必要があります。そこで、データをリカバリーするために何らかの施策をしなければいけないのですが、Wondershare「Recoverit」がその一例です。Wondershare「Recoverit」を使用することで、消えていたデータがリカバリーされるのです。Wondershare「Recoverit」の使い方はとても簡単で、パソコンが得意でない方でも容易に使える仕様になっています。ここでは、Windows版とMac版について、その使い方を説明していきます。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

Wondershare 「Recoverit」Window版の使い方

Wondershare「Recoverit」には、Windows版とMac版がリリースされていますが、ダウンロードすると、その使い方に変わりはありません。ですから、Windows版を例として、使い方を説明させていただきます。

ステップ1 復元したいファイルを選択します。

WindowsパソコンからRecoveritを起動します。起動できた後、下記の製品画面で、消えたファイルの元保存場所を選択して、右下にある「開始」をクリックします。

保存場所選択

ステップ2 消えたファイルのデータをスキャンします。

そうするとRecoveritは自動的にデータのスキャンをスタートします。

デバイスをスキャン

ステップ3 復元したいファイルをプレビューして復元します。

スキャン終了後にファイルが見つかれば画面にリストアップされるので、復元したいファイルをチェックし復元ボタンをクリックしてください。復元したファイルを保存する場所を指定するウィンドウが表示されますので、適宜保存場所を指定します。(ご注意:「上書き保存」を避け、元のファイルと同じ保存先は選択しないで下さい。)

プレビュー

Mac版の使い方について、詳しくはこちら:ヨノイブログ

以上のことでリカバリーは完了です。これを見て、Wondershare「Recoverit」の操作はとても簡単だということが分かります。データがどうしても出てこない場合は、ディープスキャンというモードを選択すると、出てくるかもしれません。これは細かいところまでスキャンするので、少々時間を要することがありますが、隅々までスキャンすることで、データ復旧には有効な手段になります。

このように、「Recoverit」は隅々までスキャンすることができるので、かなりの確率で復旧をすることができますが、あくまで可能性が高いというだけで、完全ではないことには留意しておかなければいけません。ですから、保管にはバックアップが絶対に必要ということになります。デジタルとして扱うからには、使用者が最低限の情報リテラシーを携えておくことが必須で、知らなかったでは済まされないのです。ですから、職場においてもパソコンの使い方について教育する必要があるでしょう。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > レビュー・評価 > 「Recoverit」の使い方-Wondershare「Recoverit」使い方を詳しく紹介
アップグレード