メモリーカードのエラーで失われたデータを復元する方法

Sep 02,2019 • カテゴリ: SDカード復元

よくあるメモリカードのエラーメッセージ

メモリカードのエラーメッセージは、論理的な損傷の原因とタイプに応じて異なります。よくあるエラーメッセージの一部は次のとおりです。

メモリカードのエラーを修正するためのメソッド

以下のようなエラーを修正するには何ができますか?問題を解決するには、次の手順を取ってください。
»コンピュータにデバイスを接続して、データにアクセスします。
»カードリーダー、または別のデータケーブルでデータにアクセスします。
»カードリーダーが動作しない場合は、カードエラーを確認する必要があります。

上記の作業で問題が解決しない場合には、フォーマットします。そしてすぐにメモリカードの復旧を開始します。

メモリーカードのデータを復元する方法

どんなメモリカードのエラーであっても、メモリーカードのデータ復元ソフトにより、失われたデータが復元できます。メモリカードの復元ソフト「 recoverit(Win版)」は、破損したメモリーカードをスキャンし、データを復旧することができます。Winユーザには、Wondershare「recoverit(Win版)」が最適です。
適したバージョンを選択し、無料の試用版をダウンロードしてみましょう。

ダウンロード Windows版 ダウンロード Mac版


この「Recoverit」は、メモリカードのエラーで失われた写真、ビデオ、オーディオファイルを復元することを目指しています。安全で、読み取り専用のプログラムです。次に、3つの手順でWindowsのバージョンを試してみましょう。

ステップ1 「外付けデバイス」に目標デバイスを選択します。

USBをパソコンへ接続します。USBがうまく認識できればデータの復元はできます。USBを選んで、「開始」ボタンをクリックしてスキャンを始めます。

目標選択

ステップ2 削除したデータのスキャンをします。

削除したデータをスキャン

ステップ3 「復元」ボタンをクリックして復元します。

スキャンが終わった後、見つけたファイルは形式ごとにリストされます。「復元」ボタンをクリックすることでデータは復元します(一部のデータはプレビューできます)。

ただし、元のデータ損失したデバイスにファイルを保存しないでください。

プレビュー

復元

もしUSBメモリが認識しなかったり、ファイルが壊れたり消えたりした、などのトラブルがあった時は、そのUSBメモリは使用しないようにして下さい。ファイルが見えなくなってしまってもデータはまだ残されています。新しく別のファイルを保存したり、データを移動したりすると復元率が低くなってしまいます。できるだけそのままの状態で保管しておいて下さい。

上記のエラーを解決するために、どのような方法を選択しても、まず絶対にすべきでないことは、メモリカードに新しいデータを保存しないことです。そうしないと、失われたデータが上書きされて、永久にデータを失うことになります。

ヒント:また、コンピュータまたはその他のデバイスなどからより多くの種類のドキュメント、たとえばPDFファイル、アーカイブ、電子メールなどを復元したい場合には、より高いバージョンにして、Wondershare「Recoverit」を選択することができます。


データ復元ソフト

Recoverit - 強力なメモリーカードデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / SDカード復元 / メモリーカードのエラーで失われたデータを復元する方法

すべての記事