巡回冗長検査エラー(crc エラー)を修正する方法

巡回冗長検査エラー(CRC)は比較的発生しやすいという特徴があります。ハードディスクにアクセスできなくなったり、ファイルがコピーできないなどの症状が見られます。またハードディスクが自動的に初期化される可能性もあります。巡回冗長検査エラー(CRC)は主にデジタルネットワークやストレージデバイスで使用されるエラーの検出技術です。

巡回冗長検査(CRC)エラー

巡回冗長検査エラー(CRC)とは

巡回冗長検査エラー(CRC)はハードディスクやCD、DVDなどのデータを確認するための検証方法です。HDDやSDカード、USBメモリなどにアクセスする際にエラーが表示されます。本来であればHDDは密閉されているため傷つくことはありません。しかし衝撃に弱く経年劣化などでヘッド部分が損傷を受けることがあります。磁気エラーによりデータの読み取りができない場合にも巡回冗長検査エラーが表示されます。レジストリの破壊やHDDの破損、プログラムインストールの失敗などがエラーの主な原因です。

巡回冗長検査エラー(CRC)に対処するには

巡回冗長検査エラー(CRC)はレジストリの破損などによって発生します。データを紛失しないように、まずは専門的な復元ソフトを使用して救出を行います。エラーが発生したHDDやUSBメモリからデータを救出するソフトには無料で頒布されているものもあります。データ救出用のソフトを使えばハードディスクドライブやリムーバブルディスクドライブ、CDとDVDドライブに関するデータを復旧できます。まずデータを保存した上でエラーの修復を行います。無料のソフトでもデータの救出は可能ですが、有料ソフトを使えばより効率的です。

ハードディスクでトラブルが発生した場合

コンピュータのシステムに内蔵された全ての電子部品で電気的なノイズが発生する可能性が存在します。ノイズは一時的に伝達されることもあります。SATAはデータ送信が高速で行なわれており、電気的なノイズの影響を受けやすい特徴を抱えています。SATAケーブルでデータ送信を行うと一時的にエラーが発生することがあります。またケーブルの接続不良や劣化も原因となるので注意が必要です。コネクタが接続不良の場合、ハードディスクドライブやマザーボードに正しく接続すれば改善します。

USBメモリなどでトラブルが発生した場合について

USBメモリやSDカードの記録場所におけるセクタ不良や基盤回路、コントローラスイッチなどの劣化により巡回冗長検査エラー(CRC)が表示されることがあります。またCDやDVDなどの光学メディアの表面に指紋などの汚れがある場合もこのエラーが発生する可能性が存在します。ディスク表面の汚れを眼鏡拭きなどで取れば問題を解決できます。CDやDVDの表面には目に見えない傷ができることがあります。ディスク表面の傷もCRCの大きな原因です。リペアキットが市販されているので、表面の傷を取ればエラーを解決できます。

巡回冗長検査エラー(CRC)を修正するには

巡回冗長検査エラー(CRC)が発生したドライブを右クリックしてプロパティを選択します。ツールをクリックしてチェックを行います。「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」にチェックを入れて開始ボタンをクリックすればCRCを修復できます。コマンドプロンプトを管理者として実行する方法もあります。「chkdsk/fn:」とコマンドプロンプトに入力してEnterを押し、nをCRCが発生したドライブ文字に置き換えます。さらに修正用のソフトウェアを利用するもの1つの方法です。無料で使えるものもあり、安全に巡回冗長検査エラーの修正ができます。

巡回冗長検査エラー(CRC)はレジストリの破壊やHDDの破損などによって発生します。比較的発生しやすいという特徴があります。修正するためには、まず保存されているデータの救出が必要です。データの救出や巡回冗長検査エラーの修正はソフトウェアを使って行うことができます。ソフトウェアには無料で頒布されているものもありますが、有料のものを使うとより効率的です。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / その他の復元 / 巡回冗長検査エラー(crc エラー)を修正する方法

すべての記事