USBメモリをクローン(複製)する方法

usbにコピーやクローンと言ったバックアップを作ったとしても、それを紛失するなりする事もあると思います。では、本記事で、USBメモリのクローン製作の必要性や方法について詳しく解説します。

データ復元100%安全・安心 | マルウェアなし | 広告なし データ復元 3ステップだけ復元可能
内野 博

• カテゴリ: USB復元

USBメモリのクローン製作の必要性や方法について詳しく解説します。

 目次:

パート1:USBメモリのクローン製作の必要性

1) Usbメモリのクローンとコピーの違い

USBメモリのクローンの必要性について紹介する前に、まずはUsbメモリのクローンとコピーの違いについて解説します。

まずUSBメモリのコピーとは、多くの人がよく連想されるようなUSBメモリの複製と一緒で、USBメモリ内に入っているデータを丸ごと、USBから別のusb に コピーします。

しかしこのような普通のUsbメモリの複製では、Usbメモリ内の隠しパーテーションや特殊なフォーマット形式まで、再現は不可能です。USBメモリのクローンはこれらも再現しますし、データが書き込まれてない部分までusbから別のusbに再現します。

またどちらかと言うとUsbメモリのコピーは一つずつデータを複製しますが、USBメモリのクローンはもう一つ同じUSBメモリを作ると言った方がイメージ的には近いです。

2) なぜそこまでしてUSBメモリのクローンを作る必要がある

当然普通にUSBメモリ内のデータをコピーするようにクローンは出来ませんので、このように疑問を感じる人もいると思います。その理由は普通にUSBメモリ内のデータをコピーしただけでは、バックアップ用として保存したデータが再現できない事があるからです。USBメモリのクローンは、前述の通り隠しパーテーションや特殊なフォーマット形式までコピーするので再現性に安定感が増します。

ちなみにSSDやHDDを丸ごと、USBメモリでクローンとして作る方法も存在します。


パート2:USBメモリをクローン(複製)する方法

1) usbメモリから別のusbメモリにコピーする

2) デュプリケーターを使ってusbメモリのクローンを作る

デュプリケーターとは、パソコンやusbメモリ内のデータをコピーやクローンするための装置です。普通にusbメモリ内のデータをコピーするのとは違って大幅な時間短縮が可能ですし、usbメモリのクローンも作れます。

パソコンに接続したりソフトのインストールも要らないと言う良さもあります。デュプリケーターによってもusbデュプリケーターがあり、数千円から数万円代かかります。

3) ソフトを使ってusbメモリのクローンを作る

今度はソフトをダウンロードしてusbメモリでクローンを作る方法です。色んなソフトがありますが、今回は個人利用なら無料で使えるMiniTool ShadowMakerを紹介します。

「今すぐお試し」の文字を押してダウンロードします。するとダウンロードを求められますので、インストールまで作業を進めます。

起動後、英語表示になっているので、右上の三本線を押してからJapaneseを選び一度ソフトを終了してから、また起動すると日本語になります。

次に「バックアップを設定」ボタンをクリックします。左側の「ソース」を選択します。ちなみ次の選択肢の見方ですが、usbメモリのクローンなら「ディスクとパーティション」。usbメモリの複製なら「フォルダファイル」で覚えても良いと思います。

どちらかを選びバックアップを取りたいものを選択したら「OK」ボタンをクリック。

次にバックアップ先でusbメモリを選択。「今すぐバックアップ」ボタンをクリックして、「今すぐバックアップ操作を実行しますか?」と出たら「はい」を押すと開始します。


パート3:豆知識:失われたUSBメモリのデータを復元する方法

このようにusbにコピーやクローンと言ったバックアップを作ったとしても、それを紛失するなりする事もあると思います。

ですがWondershare提供の「Recoverit」があれば、失われたUSBメモリのデータの復旧が可能かもしれません。

やり方はWondershareのサイトから「Recoverit」をダウンロード及びインストール。

無料ダウンロード Windows版 無料ダウンロード Mac版

以下は、「Recoverit」 で間違って消してしまったファイルやフォルダを復元する手順です。

ステップ1 復元場所を選択

パソコンで「Recoverit」 を起動すると、左側のサイドバーに「HDDやデバイスから復元」が表示されます。ここでは、「場所」タブから特定のファイル・フォルダを選択してください。

スキャンしたいフォルダをクリックすると、選択した場所をスキャンし始めます。

復元したいフォルダを選択

ステップ2 パソコンの消えたデータをスキャンします。

スキャンしたいハードディスクをクリックすれば、スキャンが始まります。

スキャンは数分かかりますが、サイズの大きいファイルが多数存在する場合、数時間かかる場合もあります。

復元されたいフォルダをスキャン

ステップ3 パソコンの消えたデータをプレビューして復元します。

パソコンのデータをスキャンした後、失われたファイル・フォルダがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。その後、復元したいパソコンのファイルにチェックを入れて、「復元する」をクリックすれば完了です!

復元したいフォルダ・ファイルをプレビュー

以上簡単な操作でパソコンから削除してしまった大事なデータが復元・復旧できます。
また、このソフトを使うことで、USBデータ復元だけではなく、外付けHDDの復旧やパソコンの復元フォーマット復元などにも幅広く対応しています。ぜひお試しください。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • PC、HDD、ゴミ箱、SDカード、USBメモリから削除したデータを復元

    • 写真、動画、音楽、ドキュメントなど1000種のデータ形式に対応

    • クラッシュして起動しないパソコンからデータを復元

  • 破損した動画ファイルを修復
人気記事
Home > Resources > USB復元 > USBメモリをクローン(複製)する方法