macOS mojave 新機能・対応機種一覧

新しいmacOSがリリースされると、どんな機能が追加されたのが気になるという人は少なくありません。実際に、Mojaveは様々な機能が追加され非常に便利になりました。一方、アップグレードしたけれど前のOSを暫く使いたいという人もいます。新しいOSになれなくて大切なデータを削除してしまったら困るでしょう。そんなときは心配しないで、Wondershareの「Recoverit」というソフトがお勧めです。

macOS Mojave


macOS mojave新機能その1:ダークモードで見やすい画面に

mojaveの新規機能で代表的なのが、デスクトップをダークモードに切り替えられる事でしょう。見た目が変わると視覚的に楽しいだけでなく、見やすくて作業がしやすいといったメリットも生まれます。ユーザーの好みで明るい画面か暗い画面かを選ぶ事が出来るのが、新しい魅力の一つです。この機能はメールやカレンダーなどはもちろん、写真などのMacに添付された全てのアプリケーションで利用出来ます。壁紙を時刻に合わせて自動的に変更したり、ユーザーに合わせてカスタマイズしやすいmacOSです。

macOS Mojave ダークモード


macOS mojave新機能その2:新しくなったApp_Store

Mac利用者なら誰もが利用する、「App_Store」も全面的にリニューアルされました。大きく変わったのはデザインで、アプリケーションを探すためにはまず「見つける」というタブを使用します。更新されているアプリケーションが強調されるなど、今までにはない機能があちこちに見られます。特に創作や作品、開発などのタブを使う事で使用者が目的のアプリケーションや特定のプロジェクトを見つけやすくなっています。今まで、何をダウンロードして良いのかわからないと悩んでいた人にお勧めしたい新しい機能です。

macOS mojave新機能その3:どんどん使いやすくなるMac

今までのmacOSでは、カスタムはその都度使用する人が行う必要がありました。しかし、mojaveに追加されたCreate_MLという機能は使用者の面倒な不便さを解消してくれます。このCreate_MLは、Mac上でユーザー毎に異なるカスマイズを機械学習して独自のモデルを作り上げる新技術です。SwiftやPlaygroundsなどのデータを使い、使用者が快適に使えるMacになるようサポートしてくれます。使えば使うほど、自分に合ったMacにカスタマイズされていきます。

macOS mojave新機能その4:ビデオ会議も気軽に出来るように

FaceTimeが大きく進化したのも、多くのユーザーにとって嬉しいニュースでしょう。新しいmojaveのFaceTimeでは、最大32名が同時にビデオ会議が出来るグループチャットを作る事が可能です。途中で参加者を追加する事も簡単ですし、iPhoneやiPadのビデオで参加する事も出来ます。このグループチャットには、Apple_Watchに搭載されたFaceTimeでも参加可能です。これなら、ビジネスやプライベートなど様々な場面でテレビ会議を気軽に利用出来ます。

macOS Mojave FaceTime


macOS mojaveを使っている途中でデータを消しても復元する方法があります

非常に便利になったmojaveですが、使用しているソフトが対応しないなどの問題を抱える人も中にはいます。例えば、操作などが慣れないため、誤って大切なデータを削除してしまったことが発生するかもしれません。そんな時はWondershareの「Recoverit」を使えば簡単にデータを復元出来ます。

無料ダウンロード Mac版 無料ダウンロード Win版

それでは、一緒にWondershare「Recoverit」を使ってデータを復元する詳しい手順を見ていきましょう。

step1. ソフトWondershare 「Recoverit」(MacOS10.14)対応版を起動して一つのデータ復元モードを選択します。

まずはお使いのMacパソコンから「Recoverit」を起動して、一つのデータ復元モードを選択します。今回は「削除したファイルの復元」を選択します。

データ復元モードを選択

step2. 次に削除してしまったデータが保存されていた場所の選択してかた、「開始」ボタンをクリックします。

スキャンを始めます

step3.削除してしまったファイルのスキャンを実行します。

デバイスをスキャン

ここでファイルが見つからなかった場合は「万能復元」を行うことができます。より詳細な「万能復元」によって、高度に復元したいデータを検出します。 注意点としては、ディープスキャンの実行には時間が掛かります。

万能復元

step4. 検出されたデータを復元します。

スキャンの結果検出されたデータは、画面左側にカテゴリー別で表示されます。目的のデータのタイプをチェックして、「復元」をクリックするとMacから失われたデータが復元されます。 なお「Recoverit mac版」では、試用版と製品版を用意しています。試用版はデータのスキャン迄実行できますが、復元するには製品版の購入が必要です。

ファイルを復元

まとめ

新しいOSが発売されると、ついすぐにアップグレードしてみたくなるという人は少なくありません。確かに、mojaveは新機能が多数追加された魅力的なOSです。しかし、時には前のバージョンをもう少し使いたいという事態が起こる事もあります。新しいOSが慣れるまでにWondershareの「Recoverit」と一緒に大切なデータを見守っていきましょう。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / Macデータ復元 / macOS mojave 新機能・対応機種一覧

すべての記事

フリーで なくしたデータを復元しましょう ?