MacBook Air復元-MacBook Airの消えたデータを復元

Aug 06,2019 • カテゴリ: Macデータ復元

失ったMacBook Airのデータ復元する方法

皆さんはMacBook Airを使用している時に、大切な思い出の写真や動画などのデータを失ってしまったという経験はないでしょうか。その原因はご操作による削除や、内蔵されているハードディスクの破損など様々ですが、いずれにしても困ってしまうことには変わりありません。 そこで今回は消えてしまったデータを復元する方法を紹介します。

Wondershare recoverit(Mac版)

Wondershare 「recoverit(Mac版)」を使用して復元することの出来るデータの種類は画像や写真、動画、音楽、ドキュメント、電子メールなどです。 Mac本体のハードディスクだけではなく、SDカードやUSBメモリーなどの外部メディアの復元も行なうことができます。

無料ダウンロード Mac版 無料ダウンロード Windows版

「recoverit(Mac版)」でMacの消えたデータを復元する方法

ステップ1. 「復元したいファイルの場所を選択してください」というウィンドウが表示されますので、復元したいファイルを保存していた場所を選択し「開始」をクリックします。

保存場所選択

ステップ2. 復元したいファイルを検索します。

デバイスをスキャン

ステップ3. 復元したいファイルをプレビューして復元します。

スキャン終了後にファイルが見つかれば画面にリストアップされるので、復元したいファイルをチェックし復元ボタンをクリックしてください。復元したファイルを保存する場所を指定するウィンドウが表示されますので、適宜保存場所を指定します。 これでファイルの復元が開始されるので、後は待つばかりです。

プレビュー

復元

これだけのマウス操作だけでスキャンされた削除データを復元します。 復元したいosがMacでもwindowsと操作性はほとんど変わりません。

バックアップから復元

パソコンのハードディスクがある日突然、壊れてしまう可能性は充分に考えられると思います。その為、普段からこまめにDVDやブルーレイディスクなどの光ディスクにバックアップを取り、大事な思い出の写真や動画などのデータを安全に守りましょう。 また、MacBook Airには光ディスクドライブが内蔵されていないため、外付けの光ディスクドライブを使用して光ディスクにバックアップを取りましょう。

Apple AirMac Time Capsule

MacBook AirはApple MacBook Air復元でバックアップを取ることができます。 Time Capsuleで保存されるバックアップデータの種類

  • 過去24時間の1時間ごとのバックアップ
  • 過去1ヶ月の1日ごとのバックアップ
  • 過去のすべての月の1週間ごとのバックアップ

  • ※ディスクが一杯になった場合は、一番古いバックアップデータが削除されます。

    Time Capsuleを使用すれば自動的にバックアップデータを作成してくれるので、自分でバックアップ作業をせずに済みます。これはMacBook Airのユーザーにとって、とても楽なことではないでしょうか。

    データ復元ソフト

    Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
    • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
    • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
    人気記事
    表示する隠す
    Home / Macデータ復元 / MacBook Air復元-MacBook Airの消えたデータを復元

    すべての記事