Macbook 復元-Macbookの消えたデータを復元する方法

Aug 06,2019 • カテゴリ: Macデータ復元

Macbook とは?

macbookというのは、Apple社 が開発ならびに販売しているノート型パソコンのことを言います。ノートパソコンは持ち運びに便利な薄型・軽さがメリットで、どこでも使用が可能です。もちろん、OSはMacです。 なお、競争製品にはOSがWindowsのパソコンがあります。デスクトップ型では据え置きになりますが、Apple社では「iMac」シリーズがあります。どちらも、一般者向け用のモデルとなります。

macbookからデータを消してしまう場面とは

うっかりとゴミ箱に必要なデータをゴミ箱に捨ててしまった時、即座に気が付けば大抵の場合は大事に至らずにすみます。しかしそのデータをゴミ箱からも削除してしまったら、データは基本2度と元に戻せなくなります。

また、突然ウイルス感染に掛かってしまったら、データが消えてしまうこともあります。 OSの再インストールやフォーマットを行ってもデータは消えてしまいます。 予期しない突然の電源オフなどで紛失してしまう場合もあります。 そのような事を想定してデータはバックアップしておくのが普通ですが、タイミングやバックアップをしていないことで、大切なデータを失ってしまうこともあります。 そんなときに、macbookからでも復元ができるソフトがあればと思ってしまいます。

Wondershare recoverit(Mac版)で消えてしまったデータを復元

様々な事項で大切なmacbookのデータを消してしまう、あるいは消えてしまったときにWondershare 「recoverit(Mac版)」を使用して復元可能です。 データの種類を選択、消えてしまったデータの元の保存場所を選択してデータを復元します。その処理方法はPC操作に不慣れな方でも簡単なステップ操作でデータを復元することができます。なお、Mac版では対応OSは Mac OS X (Mac OS X 10.6~10.13(macOS High Sierra)) です。ちなみにWindowsのOS対応ソフトも別途ご用意しています。

「recoverit(Mac版)」は復元可能なデータの種類は写真、音楽(オーディオ)、動画(ビデオ)、ドキュメント、Eメール、アーカイブなど様々なデータを復元できます。ファイル形式も550種以上のデータを復元可能ですので、きっとお使いのデータも対応と思います。

無料ダウンロード Mac版 無料ダウンロード Windows版

「recoverit(Mac版)」でMacの消えたデータを復元する方法

ステップ1. 「復元したいファイルの場所を選択してください」というウィンドウが表示されますので、復元したいファイルを保存していた場所を選択し「開始」をクリックします。

保存場所選択

ステップ2. 復元したいファイルを検索します。

デバイスをスキャン

ステップ3. 復元したいファイルをプレビューして復元します。

スキャン終了後にファイルが見つかれば画面にリストアップされるので、復元したいファイルをチェックし復元ボタンをクリックしてください。復元したファイルを保存する場所を指定するウィンドウが表示されますので、適宜保存場所を指定します。

プレビュー

復元

これだけのマウス操作だけでスキャンされた削除データを復元します。 復元したいosがMacでもwindowsと操作性はほとんど変わりません。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なMacデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / Macデータ復元 / Macbook 復元-Macbookの消えたデータを復元する方法

すべての記事