Mac削除復元-Macの削除したファイルを復元する方法

現在PCのOSといえば、MacとWindowsの2種類です。それぞれに特徴があり、自分にあったOSを搭載したPCを使用している事と思います。
学校や会社など公共の場では、ほとんどがWindows PCを使用しています。いっぽうで、apple社が作成と販売をしているMacにも熱心なユーザーがいます。

Macの特徴は、OSが2種類のみとシンプルです。またWindowsと比較すると管理が楽で、iPhoneやiPadのデータをiCloudにより共有が可能です。
またMacは音楽やイラストなど芸術分野のソフトが充実しています。その為、デザイナー等にMacユーザーが多いです。

Macは電子機器なので、HDDのクラッシュ、データの誤消去、ゴミ箱を空にした等を原因にしてファイルが削除されることがあります。
せっかく作成したイラスト等のファイルが削除されたら慌ててしまいます。
今回は、データリカバリーソフト「recoverit(Mac版)」を使用したMacから意図せず削除されたファイルを復元する方法を紹介します。

「Disk Drill」によるMacから削除されたファイルを復元する方法

思いがけずMacから削除したファイルは、Mac対応のデータ復旧ソフト「Disk Drill」で復元しましょう。

「Disk Drill」は、Mac内部のファイルと外付けHDD、USBメモリー、iPod、SDカード等の外部メディアにも対応したデータ復旧ソフトです。

  • それでは、復元操作を手順に沿って紹介します。
    1. Macにソフトをダウンロードして起動します。
    2. ソフト画面の復元対象にしたいドライブを選択して、右側にある「Recover」ボタンをクリックするとファイルのスキャンが開始されます。
      クイックとディープの2種類のスキャンにより、データを徹底的に検索します。
    3. スキャン終了後は、検出されたデータの虫眼鏡マークをクリックするとファイルをプレビュー確認する事が出来ます。
    4. 最後に、復元したいファイルにチェックマークを付けて「RECOVER」ボタンをクリックすれば作業は完了です。

    「Disk Drill」は、ファイルのスキャン、プレビュー確認、復元といった数ステップでMacから削除されたファイルを復元します。

    また無料版では、復元可能なデータ量が最大容量100MBかつ、累積100MBまでに制限されます。その為、スキャンにより検出されたデータ容量を確認して選択する必要があります。

    続いては、容量の制限が無い高機能データリカバリーソフト「recoverit(Mac版)」によるMacから意図せず削除されたファイルを復元する方法を紹介します。

    「recoverit(Mac版)」による削除したファイル復元手順

    Wondershare社から販売されている「recoverit(Mac版)」は、写真、動画、音楽、ドキュメント等550種類以上のファイル形式を数ステップの操作で復元します。 MacのHDD、ゴミ箱、またUSBメモリー、SDカードといった外部メディアから削除されたファイルを復元します。

    それでは、復元方法を手順に沿って紹介します。

    ステップ1 Wondershare Recoveritの起動と削除されたデータの復元ウインドウを表示

    Mac版Wondershare 「Recoverit」をインストールして起動したらメニューウィンドウが表示されます。

    メニューウィンドウには「削除したファイルの復元」「ごみ箱復元」「フォーマットデータ復元」「パーティション復元」「外付けデバイスの復元」「ウィルスで消えたデータの復元」「システムクラッシュ後の紛失データの復元」「万能復元」が表示されます。

    今回はハードディスク上で間違って削除してしまったデータの復旧を紹介します。 Mac osでもWondershare Recoveritを使う場合、表示されたメニューの「削除したファイルの復元」を選択するとサブウインドウが表示されます。

    復元モード

    ステップ2 Wondershare Recoveritで表示されたMacの削除されたデータのスキャンします。

    hddのサブウインドウが表示されてからhddの復元ウインドウが表示されます。 ウインドウの左側にあるHDDを選択して、ウインドウ右下の「開始」ボタンをクリックします。 hdd内で削除されたデータのスキャンが開始されます。

    スキャン中の状態は右上のバーに表示されて、スキャン終了までの時間も表示されます。 スキャンできた復元可能の削除データの一覧がウインドウの右側に表示され、ウインドウの左側にはツリー表示とファイルビューが表示されます。

    ウインドウ左下部にはファイルの変更日の条件が表示されていて、デフォルトでは「すべてのデータ」にチェックが入っていて、「今日」「最近一週間」「最近一ケ月」「カスタマイズ」で検索できます。 ここまでの操作は、他のどのデバイスのデータの復旧でもほぼ同じ操作となります。

    ファイルパス

    スキャンデータの形式の選択も出来るようになっていて、ウインドウ上部にプルダウンメニューで「すべてのファイルタイプ」「グラフィック」「ビデオ」「オーディオ」「ドキュメント」「Eメール」「データベース」「インターネットウェブ」「アーカイブ」が表示されるので、オーディオのフォーマットを選択してスキャンできます。

    この中で削除されたファイル形式がわかっている場合は、その形式を選択してスキャンすると削除された形式のデータのみをスキャンして表示します。 表示されたデータは全て削除された形式のデータとなるので、全てのファイルを復旧したければ、すべてにチェックを入れます。

    ファイルパス

    紛失したファイルを見つけない場合画面左下の「万能復元」を試してください。「万能復元」はハードディスクのデータを徹底的にスキャンしますが、かかる時間も長くなります。

    万能復元

    ステップ3 「万能復元」でスキャンされたMacの削除されたデータを復元します。

    スキャンされたMac os内の削除済みデータの一覧が表示されて、復元したい削除済みデータにチェックを入れて、ウインドウの右下の「復元」をマウスでクリックすると復元を開始します。

    万能復元

    これだけのマウス操作だけでスキャンされた削除データを復元します。 復元したいosがMacでもwindowsと操作性はほとんど変わりません。

    いかがでしたでしょうか。

    簡潔な画面表示と数ステップの高度な復元機能を搭載した「recoverit(Mac版)」なら、削除された大切なファイルを復元します。

    安心してデータを管理する為に、皆さんが愛用のMacに「recoverit(Mac版)」のダウンロードをお薦めします。

    データ復元ソフト

    Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

    • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
    • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
    • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
    人気記事
    表示する隠す
    Home / Macデータ復元 / Mac削除復元-Macの削除したファイルを復元する方法

    すべての記事

    フリーで なくしたデータを復元しましょう ?