Macフォーマット復元-フォーマットしたMacからデータを復元

MacはWindowsと並び、長年にわたって大勢の利用者から根強い支持を獲得しているモデルのPCです。今ではMacという名称がすっかり定着していますが、そうなる以前はMacintoshという別の名称で親しまれていた過去があります。 名称が非常に短く短縮されたことにより、文字や音としての覚えやすさが格段に上がっていることが比較から分かると思います。

Macの持ち味が最大限に発揮されるのは、映像や音楽といったデータを編集する時になります。そういった方面に携わっていて、なおかつPCの新規購入や買い替えを検討されている方には特にオススメと言えるでしょう。

また、扱いに慣れたモデルのMacを使用し、映像や音楽といったデータの編集活動を続けていく為には快適な状態の維持が欠かせません。ここからはMacへのケアとして必要なフォーマット作業を完了させるまでの操作手順と、その後のデータを復元する方法について紹介いたします。

Macをフォーマットするまでの操作手順について

まずはアプリケーションのメニューを開き、インストールされている物の一覧を画面に表示させます。購入時からMacの設定を変更していない場合は、自分が見やすいと感じるように表示形式を変更すると良いでしょう。

次に一覧の中からユーティリティを選択し、ディスクユーティリティというアプリケーションを起動します。そうすると新しい画面が立ち上がるので、任意のハードディスクを選択してください。
タブを中央のパーティションに合わせて、ボリュームの方式からパーティションの数を変更します。これはデータを用途別で分けた時に足りるだけの数があると安心です。

続いてボリュームの各種情報を設定していきます。すぐにハードディスクと分かるような名前を付け、フォーマットをMac OSの拡張にします。サイズはお使いのハードディスク容量に基づいた数値を入力しましょう。最後に適用ボタンをクリックして、Macのフォーマット作業は完了となります。

これによりMacは初期の状態へと戻りますが、この後に紹介させて頂くデータの復元方法さえ知っていれば慌てる必要はどこにもありません。

フォーマット後のMacからデータを復元する方法とは

フォーマット作業によってMacが初期の状態へ戻ったとしても、復元ソフトを使用することで容易にデータを復元させられます。例えば、Wondershare社製の「recoverit(Mac版)」に対応しつつ、性能が高水準でまとめられているのでオススメです。

こちらは無料の体験版をダウンロードすることができ、操作に慣れた後で好きな時に製品版へのアップグレードが可能となっています。まずは以下ダウンロードボタンをクリックしましょう。

無料ダウンロード Mac版 無料ダウンロード Windows版

ステップ1 Wonderahare Recoveritの起動と削除されたデータの復元ウインドウを表示

Mac版Wondershare 「Recoverit」をインストールして起動したらメニューウィンドウが表示されます。

メニューウィンドウには「削除したファイルの復元」「ごみ箱復元」「フォーマットデータ復元」「パーティション復元」「外付けデバイスの復元」「ウィルスで消えたデータの復元」「システムクラッシュ後の紛失データの復元」「万能復元」が表示されます。

今回はハードディスク上で間違って削除してしまったデータの復旧を紹介します。 Mac osでもWonderahare Recoveritを使う場合、表示されたメニューの「削除したファイルの復元」を選択するとサブウインドウが表示されます。

復元モード

ステップ2 Wonderahare Recoveritで表示されたMacの削除されたデータのスキャンします。

hddのサブウインドウが表示されてからhddの復元ウインドウが表示されます。 ウインドウの左側にあるHDDを選択して、ウインドウ右下の「開始」ボタンをクリックします。 hdd内で削除されたデータのスキャンが開始されます。

スキャン中の状態は右上のバーに表示されて、スキャン終了までの時間も表示されます。 スキャンできた復元可能の削除データの一覧がウインドウの右側に表示され、ウインドウの左側にはツリー表示とファイルビューが表示されます。

ウインドウ左下部にはファイルの変更日の条件が表示されていて、デフォルトでは「すべてのデータ」にチェックが入っていて、「今日」「最近一週間」「最近一ケ月」「カスタマイズ」で検索できます。 ここまでの操作は、他のどのデバイスのデータの復旧でもほぼ同じ操作となります。

ファイルパス

スキャンデータの形式の選択も出来るようになっていて、ウインドウ上部にプルダウンメニューで「すべてのファイルタイプ」「グラフィック」「ビデオ」「オーディオ」「ドキュメント」「Eメール」「データベース」「インターネットウェブ」「アーカイブ」が表示されるので、オーディオのフォーマットを選択してスキャンできます。

この中で削除されたファイル形式がわかっている場合は、その形式を選択してスキャンすると削除された形式のデータのみをスキャンして表示します。 表示されたデータは全て削除された形式のデータとなるので、全てのファイルを復旧したければ、すべてにチェックを入れます。

ファイルパス

紛失したファイルを見つけない場合画面左下の「万能復元」を試してください。「万能復元」はハードディスクのデータを徹底的にスキャンしますが、かかる時間も長くなります。

万能復元

ステップ3 「万能復元」でスキャンされたMacの削除されたデータを復元します。

スキャンされたMac os内の削除済みデータの一覧が表示されて、復元したい削除済みデータにチェックを入れて、ウインドウの右下の「復元」をマウスでクリックすると復元を開始します。

万能復元

これだけのマウス操作だけでスキャンされた削除データを復元します。 復元したいosがMacでもwindowsと操作性はほとんど変わりません。

Macを使用されている方の多くは、常日頃から快適な状態の維持と大切なデータの管理に対して、同時に気を遣っていることと思います。これからはWondershare社製の復元ソフト「recoverit(Mac版)」を導入し、もっと楽にMacを使用してみてはいかがでしょうか。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / Macデータ復元 / Macフォーマット復元-フォーマットしたMacからデータを復元

すべての記事

フリーで なくしたデータを復元しましょう ?