Macデータが消えた?-Macの消えたデータを復元しましょう

Macbook とは?

AppleがiPhoneを発売し、携帯電話として世間に広く認識された事で、発売元を同じくするMacパソコンのシェアも高くなりました。 Macパソコンは開発と製造もAppleが行なっている為、OSソフトに合わせたキーボード配列となっており、使いやすいように設定されています。

また、iPhoneをお持ちの方がMacのパソコンを使うと、iCoudのアプリでデータを共有し管理できると言うメリットが有ります。これもMacのシェアを拡大していると思います。 iPhoneは携帯電話ですが、デジタルカメラの代わりとしても使えるので、写真を撮る事がより一層簡単になりました。手軽に写真を撮る事が出来れば、パソコンを使い写真の整理をする機会も多くなります。

しかし、そうなるとMacを使って写真の整理をしている時に予期せぬ事態や誤った操作で、データを消してしまう事も増えるのではないでしょうか。 撮り貯めた沢山の思い出がファイルごと消えてしまうのは、大変ショックが大きいです。 上記の様な事から、データを守る為にデータのバックアップは重要な課題になってきます。どこのパソコンメーカーも、バックアップを取る事を推奨しています。

しかし、バックアップを取らずにパソコンを使用している方も少なからずいるかと思います。私もバックアップは面倒で取っていませんでした。 データが消える原因に挙げられるのは、主に初期化やデータの上書き、誤った削除などがあります。 Macのパソコンにはmac OS 10.5Leopard以降、データが消えた時の為に「Time Machine」と言うソフトがはじめから標準で付いています。これによりバックアップとデータの復元が簡単に出来ますが、設定していないと機能しないので注意しましょう。 バックアップを取らずにMacのデータが画面上から消えた状態を元に戻し、復元可能にする事が簡単に出来るソフトが有る事をご存知でしょうか。

Wondershare 会社のrecoverit(Mac版)をご紹介

Wondershare「recoverit(Mac版)」と言うソフトが、上記の様な事でmacからデータが消えた状態になったとしても、簡単にデータを復元させる事が可能です。 Wondershare recoverit(Mac版)は、ウィザード形式でデータの復元手順を表示してくれるので非常に簡単で扱いやすく、誰でも安心して使う事ができます。 Wondershare recoverit(Mac版)の操作を簡単にご説明させて頂きます。

今お使いのMacにrecoveritのソフトをインストールします。次にデータリカバリーをダブルクリックし、起動後の画面に表示される「今すぐ開始」をクリックします。 Macの画面上からデータが消えた状態を元に戻し、ファイルを復元していきます。

無料ダウンロード Mac版 無料ダウンロード Windows版

「recoverit(Mac版)」でMacの消えたデータを復元する方法

ステップ1 Wonderahare Recoveritの起動と削除されたデータの復元ウインドウを表示

Mac版Wondershare 「Recoverit」をインストールして起動したらメニューウィンドウが表示されます。

メニューウィンドウには「削除したファイルの復元」「ごみ箱復元」「フォーマットデータ復元」「パーティション復元」「外付けデバイスの復元」「ウィルスで消えたデータの復元」「システムクラッシュ後の紛失データの復元」「万能復元」が表示されます。

今回はハードディスク上で間違って削除してしまったデータの復旧を紹介します。 Mac osでもWonderahare Recoveritを使う場合、表示されたメニューの「削除したファイルの復元」を選択するとサブウインドウが表示されます。

復元モード

ステップ2 Wonderahare Recoveritで表示されたMacの削除されたデータのスキャンします。

hddのサブウインドウが表示されてからhddの復元ウインドウが表示されます。 ウインドウの左側にあるHDDを選択して、ウインドウ右下の「開始」ボタンをクリックします。 hdd内で削除されたデータのスキャンが開始されます。

スキャン中の状態は右上のバーに表示されて、スキャン終了までの時間も表示されます。 スキャンできた復元可能の削除データの一覧がウインドウの右側に表示され、ウインドウの左側にはツリー表示とファイルビューが表示されます。

ウインドウ左下部にはファイルの変更日の条件が表示されていて、デフォルトでは「すべてのデータ」にチェックが入っていて、「今日」「最近一週間」「最近一ケ月」「カスタマイズ」で検索できます。 ここまでの操作は、他のどのデバイスのデータの復旧でもほぼ同じ操作となります。

ファイルパス

スキャンデータの形式の選択も出来るようになっていて、ウインドウ上部にプルダウンメニューで「すべてのファイルタイプ」「グラフィック」「ビデオ」「オーディオ」「ドキュメント」「Eメール」「データベース」「インターネットウェブ」「アーカイブ」が表示されるので、オーディオのフォーマットを選択してスキャンできます。

この中で削除されたファイル形式がわかっている場合は、その形式を選択してスキャンすると削除された形式のデータのみをスキャンして表示します。 表示されたデータは全て削除された形式のデータとなるので、全てのファイルを復旧したければ、すべてにチェックを入れます。

ファイルパス

紛失したファイルを見つけない場合画面左下の「万能復元」を試してください。「万能復元」はハードディスクのデータを徹底的にスキャンしますが、かかる時間も長くなります。

万能復元

ステップ3 「万能復元」でスキャンされたMacの削除されたデータを復元します。

スキャンされたMac os内の削除済みデータの一覧が表示されて、復元したい削除済みデータにチェックを入れて、ウインドウの右下の「復元」をマウスでクリックすると復元を開始します。

万能復元

これだけのマウス操作だけでスキャンされた削除データを復元します。 復元したいosがMacでもwindowsと操作性はほとんど変わりません。

上記のように操作はとても簡単です。パソコンに不慣れな方でも安心して扱えます。 パソコンは電化製品である前に精密機器です。当然、長く使用しているとMacを修理に出す事もあると思いますが、Macの修理は無条件初期化が前提です。 また、Apple社のホームページにも「データ消失に関しては一切の責任を負いかねます」と書いてあります。

メーカーでする初期化は私達ユーザがする初期化と違い、非常に複雑なのでそこからデータを復元する事が困難になります。 修理に出す前にWondershare recoverit(Mac版)を使って、諦めかけていたMacのデータを復元し、バックアップを取っておく事をお勧めします。 Wondershare recoveritは、パソコンのハードディスクのデータ以外にも外付けハードディスク、SDカード、デジタルカメラ、フラッシュメモリー、 iPhone、携帯電話などのデータ復元にも対応しているので大変優れものです。 また、ウェブ上にWondershare 「recoverit(Mac版)」体験版も有るので試してみるのも良いかと思います。

データ復元ソフト

Recoverit - 強力なデータ復元ソフト

  • デバイスの削除したファイル・写真・オーディオ・音楽・Eメールを簡単に復元
  • ゴミ箱・ハードドライブ・メモリーカード・フラッシュドライブ・デジカメ・カメラレコーダーなどにデータ復元対応可能
  • 突然の削除・フォーマット・ハードドライブ崩壊・ウィルス感染・システムクラッシュなどの原因でなくしたデータの復元対応
人気記事
表示する隠す
Home / Macデータ復元 / Macデータが消えた?-Macの消えたデータを復元しましょう

すべての記事

フリーで なくしたデータを復元しましょう ?